2019年12月04日

scatterbrained

「ラジオ英会話」

タピオカ入りミルクティーは bubble tea っていうんだ!

11/25放送分
disappoint / excite / surprise / satisfy / please など
-inged で意味が変わる形容詞の学習。

I was pleasantly surprised to get an A in English.
− 英語でAを取れたのはうれしい驚きだった。
pleasant(ly )と surprise(d) は相性がよい。
That Hirotaka won the speech contest came as a pleasant surprise to everyone.
(ヒロタカがスピーチコンテストに優勝したことはみんなにとってうれしい驚きだった。)
(18/11/21「ラジオ英会話」)

It was so satisfying to hear the audience applauding our performance.
− 観客たちが私たちの演技に拍手を送っているのを聞いて
  すごく満ち足りた気持ちになりました。
satisfying に比べたら頻度は低そうだけど類語。
That was really gratifying for me to hear.
(そう聞いて、私は本当にうれしかったですよ。)
(13/12/04「実践ビジネス英語」)

applaud は初メモ。
名詞
sustained applause → 長く続く拍手
(09/09/29「ラジオ英会話」)

別の言い方
Give this gentleman a big hand!
(こちらの男性に大きな拍手を!)
(17/07/13「ラジオ英会話」)

11/26放送分
難易度を表す形容詞がよくとる文型の練習。
(1)・John is difficult to fool.
− ジョンはだますのが難しい。
fool の本当の目的語は John

(2)It is difficult to fool John.
とどういうニュアンスの違いがあるのか、
あるアメリカ人に聞いたところ、
(1)は John という人間の性格を強調
(2)は John をだますことの難しさを強調
とのこと、あくまでも参考程度にお考え下さい。

The prices at this shop are hard to beat.
− この店の価格をしのぐのは難しい。
beat はもっともっと会話で使えそう。
As you say, if we leave now, we’ll beat the traffic.
(あなたが言うとおり、今出発すれば、渋滞を避けられるでしょうから。)
beat the traffic … (早く出発して)交通渋滞を避ける
(19/07/10「ラジオ英会話」)
When it comes to movies, nothing beats the big-screen experience of a movie theater, as far as I’m concerned.
(映画ということなら、私にとっては、映画館の大きなスクリーンで見るのが一番です。)
(12/10/11「実践ビジネス英語」)

11/27放送分
これからのことを言いたいときに使う to 不定詞と
可能性を表す形容詞 (sure / certain / likely /unlikely )はいいコンビ。
なるほどなぁ〜

She is certain to lose her cool.
− 彼女は確実に激怒するだろう。
確信の高さ: certainsure

lose 系激怒の類似表現
My mom hardly ever loses her temper.
(私の母はめったに癇癪を起さない。)
(19/03/21「ラジオ英会話」)
Losing it in front of your colleagues means you lose face.
(同僚たちの前で怒りを表に出せば、面目を失うことになりますから。)
(13/05/30「実践ビジネス英語」)

Hiroto is sure to forget, he’s so scatterbrained!
− ヒロトは絶対忘れるよ、すごく注意散漫だから。
こちらも初メモ。
↓ 自己分析
I think the root cause of my forgetfulness is that I’m easily distracted.
(ぼくの忘れっぽさの根本原因は、気が散りやすいことだと思う)
(2019年2月「ボキャブライダー」)

brained つながり
It was a harebrained rumor, but hilarious.
(突拍子もないうわさでしたが、実に笑えました。)
野ウサギ(hare)の脳程度、の考え?
(06/07/31・8/1「ビジネス英会話」)

The match is unlikely to be cancelled , despite the rain.
− その試合はこの雨にもかかわらず中止されなさそうです。
ブログを検索したところ
in spite of より圧倒的に despite の方が頻度が高かった。
Despite its hefty price tag, it’s captured a sizable portion of the upper-end sports car market in Europe and North America.
(かなりの高額な値段にもかかわらず、ヨーロッパや北アメリカの高級スポーツカー市場でかなり大きなシェアを占めています)
(08/11/28「実践ビジネス英語」)


【私はラブ・リーガル】
だいぶ前に見た時にメモした「若さをほめる」表現。

You don't look a day over 21.
What's your secret?
(21歳にしか見えないわ 秘訣は?)

もう、これは定型なのですね。
Honey, you don’t look a day over 25.
(君はね、どう見ても25歳にしか見えないよ。)
(13/09/09「ラジオ英会話」)
You don’t look a day over 50.
(とても50歳を越えているようには見えないわ。)
(10/09/20「英語5分間トレーニング」)
直訳としては「〜歳から1日たったようには見えない」
女性が実年齢より若く見られるとうれしいというのは、
英語圏でも同じようだけど、ほどほどでいいんじゃないかな。
ミナ ペルホネン「call」ではたらく、82歳のおしゃれなスタッフ
を読んで、年齢をそんなに気にしなくてもいいかな〜と改めて思ったもので。


去年の今頃、「ラジオ英会話
The simple fact is that we are overworked and underpaid.
(純然たる事実は、我々が働きすぎ給料が安すぎるということだよ。)
overwork → 他動詞で「過度に働かせる」
労働環境の不満を言いたい場合に使えそう。
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 11:46| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

notable

「ボキャブライダー」

今月の「おもてなしの基礎英語」も楽しかった!

This movie is notable for its special effects.
− この映画はその特殊効果で注目に値します
notable 初メモ。
significant と置き換えも可。(デイリークイズより)
notable note (注目する) の形容詞形。(アプリ)
動詞
It’s also interesting to note that they’re much more likely than members of older generations to support gay rights.
(同じく注目すべき興味深い点は、同性愛者の権利を支持する傾向が、旧世代の人たちよりもはるかに強いことです。)
Millennials の人たちの価値観の話題
(15/05/01「実践ビジネス英語」)
名詞
I took note of that campaign too.
(私もそのキャンペーンに注目しました。)
(14/10/07「実践ビジネス英語」)

Liz achieved brief fame.
− リズはつかの間の名声を得た
↓ スッと言えたらちょっとカッコいい気がする類似語
It’s not some new-fangled, flash-in-the-pan trend.
((ヨガは)新しいだけの一時的な流行に終わるようなものではありません。)
(16/10/19「実践ビジネス英語」)

I need something to ease the pain, but I don't want to take medicine.
− この痛みをやわらげる何かが必要だけど、薬は飲みたくない
薬がイヤならマッサージ
I massaged my temples to ease my headache.
(頭痛をやわらげるために、こめかみをもんだ。)
(2019年1月「ボキャブライダー」)

She walked to school (in) complete safety.
− 彼女は無事に学校に歩いて行ったよ
デイリークイズの選択肢として (in) のほかに (on) がありまして
「〜の中のイメージ」なのか、「ステージの on 」なのか、
悩んだ1問。

Ken eased himself into the driver’s seat.
− ケンは運転席にゆっくりと座った
ease → 〜をそっと動かす (プログレッシブ)
これって口語表現なのだろうか?という疑問あり。
He eased his car into the garage.
(車をゆっくり車庫に入れた)(プログレッシブ)

You are not allowed to write (in) ballpoint pen in this class.
− このクラスでは、ボールペン書くことは許されていません
選択肢に with がなく、またまた悩んだ1問。
ボールペンの空間で書くのは禁止というイメージ…(未消化)

I want to plant blueberry seeds.
− ブルーベリーの種をまきたいです。
最近では sow(まく)という単語はあまり使わないのかも?
Make sure you plant the seeds six inches apart.
(必ず6インチ間隔に種を植えるように。)
(18/05/24「基礎英語3」)

You should prune this plant to encourage new growth.
− この植物は成長を促進するために刈り込むべきです。
encourage の用途の幅広さ!

The child planted her feet on the ground and said, “No!”
− 子どもは地面に足をふんばって立って言った。“いや!”
↓ の日、ヘザーさんが
plant → 何かをしっかり据え付ける
と説明していたそうです。
I remember her telling me to “try everything once” before planting me in summer camp for eight weeks every year.
(毎年、8週間のサマーキャンプに送り出される前に、母から「何でも一度は挑戦してみなさい」と言われたことを覚えています。)
(13/01/16「実践ビジネス英語」)


【ブルックリン・ナイン-ナイン】
ちょいちょい出てくる「大食い」表現。

叔父の葬式に出されたイベリコハムを食べ過ぎたボイル。

I gorged myself at that funeral. I mean, I was constipated for three days.
(叔父の葬式でむさぼり食って3日間便秘になった)

小野田栄先生の「ラジオ英会話」、 Thanksgiving のダイアログに
As usual, everyone gorged themselves on turkey, stuffing and pumpkin pie until they felt sick.
という英文もありましたが、
とにかく再帰代名詞を使うあたりがクセあり表現。

ちなみに be constipated って普通に人前で言ってもいいのか、要確認だわ。
友達ならOKなんだろうか?


去年の今頃、「基礎英語3」
This is it!
(いよいよスタートよ!)
これ、「おもてなしの基礎英語」でも11/27のキーフレーズでした。
posted by ラジ子 at 01:23| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

evident

「ラジオ英会話」

寝ぐせ → bedhead という単語を放送中にゲット。
今、寝ぐせといえば「俺の話は長い」の満(みつる)

11/18放送分
「よくわからない」
mysterious → 「わからない」と「知りたい」が同居
He was captivated by her mysterious beauty.
− 彼は彼女の謎めいた美しさのとりこになった

↓ は「早く言ってよ!」というニュアンス
Quit being mysterious!
(もったいぶるのはやめてよ!)
(10/12/24「英語5分間トレーニング」)
↓ オンラインポーカーとか?
..., you’re captivated by entertainment technology...
(ハイテク娯楽のとりこになっています。)
(07/05/14・15「ビジネス英会話」)

ambiguous → どちらにもとれる
He’s been deliberately ambiguous to annoy us.
− 彼は僕たちを困らせるためにわざとあいまいに言っているんだよ。
ambi- → 「両方」を意味する接辞
放送で紹介されていた ambidextrous (両利きの) のほかに
ブログに ambivalent (相反する感情を抱く)が残っていました。

vague → ぼやけている
I have a vague memory of meeting her at a conference.
− 彼女に会議で会ったボンヤリとした記憶がある。
noncommittal も曖昧の仲間。
..., I got only vague, noncommittal answers ...
(あいまい要領を得ない返事しかもらえなかったのです。)
(09/09/23「実践ビジネス英語」)

おまけ
The politician’s explanation was obscure.
(その政治家の説明はあいまいだった。)
(2019年9月「ボキャブライダー」)

11/19放送分
「理解しやすい・明瞭な」
obvious → 簡単にわかるさ・わかりきったことだよ・誰にだって当然わかるよ
There are obvious advantages to being bilingual.
− 2言語話者であることには誰にでもわかる明白な利点がある。
ここの to being bilingual を指す意識(テキスト)
ということは、この ↓ to もそういう意識。
Is there a downside to retiring?
(リタイアすることマイナス面はありますか?)
(17/10/12「ラジオ英会話」)

evident → サインが見えている
初メモ!
It was evident to all except Mike that Sally was not interested in him.
− サリーがマイクに興味がないことはマイク以外全員の目に明らかだった。
プログレッシブによると、obvious に近いが文語的と説明あり。
副詞
Evidently, many school officials deem it too violent because it encourages aggression and exclusion.
(多数の学校の当局者は、椅子取りゲームは攻撃し排除することを助長するので、暴力的すぎると考えているらしいのです。)
(2016年7月号 Our Magical World )

「明瞭な」の仲間
夕飯前にポテトチップを食べている人に「何をしてるの」と言ったら
Isn't it self-explanatory?
(見ればわかるんじゃないの?)
(09/06/11「英語5分間トレーニング」)

11/20放送分
「同じ」
same → まったく同一のモノから同種のモノまで幅広く使える
similar → 多少の相違点が意識されている
Is it true that humans and chimpanzees share a similar genetic makeup?
− 人間とチンパンジーはよく似た遺伝子構造を持っているって本当なの?
人間とチンパンジーは share 仲間。
Chimpanzees and humans share a common ancestor.
(チンパンジーと人間は、共通の祖先を分かち合っている。)
(2018年7月「ボキャブライダー」)

identical → どこから見てもまるっきり同じ
Even I sometimes have trouble telling my identical twins apart.
− 私ですら自分の一卵性双生児の子どもを見分けづらいことが
  ときどきありますよ!
tell apart → 別々に、見てわかる、という感じ
I find it hard to tell them apart.
(私には区別が難しいのです。)
X世代、Y世代などの区別の話題。
(10/03/03「実践ビジネス英語」)

11/21放送分
「違う」
different → 特殊なニュアンスはなにもありません
unique → 唯一の
distinct → 明瞭な境界線が意識されている
Spanish and French may have the same origin, but they’re two distinct languages.
− スペイン語とフランス語は同じ起源をもっているかもしれないが、
  2つは異なった言語である。
おまけ
and the native speakers of each country have their own distinctive accent.
(それぞれの国で生まれ育った話し手は、その国特有のアクセントがあるんですよ。)
distinctive … 特有の、独特の
(18/11/20「ラジオ英会話」)


【フレンズ】
前回エントリーで、
beat (人) to 〜 / challenge (人) to
の復習をしたわけですが、個人的に気になる to 表現に
lose to
というのもありまして、気晴らしに見ていた「フレンズ」で再会。
レイチェルの父親が所有している船がサビたという話から。

レ(父)Rust is boat cancer, Ross
(サビは船にとってガンだ)
ロスWell, I’m sorry. When I was a kid, I lost a bike to that.
(僕も昔自転車をガンで亡くした)

You'll run the risk of losing viewers to your competitor's show.
(お宅の競争相手(your competitor)のショー視聴者を取られてしまうおそれが十分にあるわよ。)
(06/04/3・4 「英会話上級」「KEY INTERACTIONS」コーナー)
初めて「なんだ、この to って?」と思った時の英文。
おかげさまで、だいぶなじんでまいりました。
なんたって、2006年から数えて13年たっているし!


去年の今頃、「ラジオ英会話」
that he is hiding something is plain to see.
(彼が何かを隠していることは明らかに見てとれます。)
plain も 「明瞭な」の仲間でしたね…。
意味さえつながれば、ネイティブは察してくれるので、
単語の使い分けはそんなに心配しなくていいと思うようにしています。
posted by ラジ子 at 11:54| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする