2019年04月24日

on the guitar

「ラジオ英会話」

on の「ステージ」のニュアンスに衝撃を受けました!

4/15放送分
I always write on a computer.
− 僕はいつもパソコンで書きものをします。
「その機器の機能の上にいる」から on !
on the radio とか on the phone on

I live on the Yamanote Line.
− 私は山手線沿線に住んでいます。
テキストによると、on は線上が最も得意な前置詞であって
線は長さがあるため、at(点)を使う事ができない、とのこと。
a village on the river → 川沿いの
a store on the main street → 通り沿いの
こんなのも、線上のイメージなのでしょうか…。
(ジーニアス)

I know how to play ”Happy Birthday” on the guitar.
− 「ハッピーバースデー」をギターで弾く方法を知っている。
on the guitar → ギターの機能の上で
(テキスト)
バイオリンで曲を弾く → play a tune on the violin
(ジーニアス)
↑の例文は、
What does this run on?
(これって何動いているの?)
(10/11/14「英語5分間トレーニング」)
を習った時に、on を調べて残したメモ。
with じゃないんだ、へー
と思った記憶があります。
おまけ
「歌手にピアノ伴奏をつける」だと
accompany a singer on the piano
(プログレッシブ)

4/16放送分
on の支えられるイメージ
She’s living on her pension.
− 彼女は年金暮らしだ。
It feeds on grass, leaves, and twigs.
(主食は草、葉、小枝です。)
(08/06/25「ラジオ英会話」)
↓ 自分で自分を支えるということか。
Now you’re on your own.
(これからは自分やるのよ。)
(12/04/01「英語5分間トレーニング」)

The people trapped in the mine survived on just water.
− 鉱山の中に閉じ込められた人々は水だけ生き延びた。
どうやら trapped が初メモらしい。
閉じ込められ系表現
I’d rather be outside hiking than cooped up at home.
(僕はずっと家にいるより外に出てハイクしたいほうでね。)
be cooped up → (狭い所に閉じ込められる)
(15/03/30「ラジオ英会話」)
Out of pure luckwe got stuck in an elevator together.
(まるで偶然―2人でエレベーターに閉じ込められてしまったの。)
(遠山先生の「英会話中級」より)

on の圧力のイメージ
They’re putting all the blame on me.
− 彼らはすべてを僕のせいにしている。
put on は圧力系表現多いかも。
↓ こんな「圧力」という単語もあった
She says they really put the squeeze on her then, ...
(それで彼らは、(中略)かなり母圧力をかけてきたそうです。)
(09/05/22「実践ビジネス英語」)

「迷惑の on」と認識していたパターンは「圧力の on」かな。
Your eyes are playing tricks on you.
(目の錯覚だよ。)
(11/10/02「英語5分間トレーング」)
I told on him.
(だから私は言いつけたんだ。)
(17/08/08「ラジオ英会話」)
I wouldn’t want someone to walk out on me ...
(私だって、...、その人に辞めてほしくはありませんよ。)
(07/07/2・3「ビジネス英会話」)

今後、on を含む英文を見つけた時に
「なんの on ?」かを考えてみるのもいい練習。


【Rilakkuma and Kaoru】

姿形は知っていたけど、
OLと暮らしているとは知らなかったリラックマ
しかも背中にファスナーがついてるとは!

Netflix で配信が始まりました。

日本語バージョンだと、カオルさんの声は多部未華子さん。
全話見て、人気の理由がわかった気がする。
ほんわか、いいよね〜。


去年の今頃、「ボキャブライダー
The mice and I had a meeting to trick the fox into telling the truth.
(ネズミと私は、キツネをだまして真実を話させるため、打ち合わせをしました。)
↑ の into は4/17に学習した「変化」。
posted by ラジ子 at 11:45| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

put on a brave face

「ボキャブライダー」

MAXさんは、2037年の未来から送られてきたAIだったのですね〜。

I survived a busy day in the office.
− 会社での忙しい1日を乗り切った
他動詞の survive
The bank also says the plastic notes can survive a spin in the washing machine, and that their longer life will reduce production costs.
(同銀行はさらに、プラスチック紙幣は洗濯機の回転でだめになりにくく、耐用年数が延びることで紙幣の製造コストが削減できるとしています。)
イギリスのプラスチック紙幣導入のニュースより。
(2017年4月号「ラジオ英会話」Old News Is New Again)
You mean, your kites don't survive a match?
(あなたたちの凧は試合をするとだめになるということ?)
(2000年度「ラジオ英会話」)

Do you think an alien invasion will happen in our lifetime?
− エイリアンの侵略は、ぼくたちが生きている間に起こると思う?
会話で頻繁に使えそう。
個人的には、in my lifetime に自動運転の車ができるかどうか、興味あり。

Tim dissolved into tears and said, “I accidentally shredded my essay!”
− ティムは、わっと泣き出して
  “うっかり自分の作文をずたずたにしちゃった”と言った
気が動転して、気持ちを抑えきれずに泣き出す、という意味。
(プログレッシブ)
dissolve into laughter / giggles で「笑い出す」もあるそうです。
(ジーニアス)

That’s a ridiculous argument to make.
− それは口論するのもばかばかしいことだ
makehave と組み合わせのほかに
↓ こういう動詞との組合せもありました。
You’re always picking an argument!
(君はいつも議論をふっかけてくる!)
(14/02/06「ラジオ英会話」)

There’s no such thing as an absurd idea when you’re brainstorming.
− ブレインストーミングをしているときは、
  ばからしい案というものはありません
As we say in America, there’s no such thing as a silly question―only silly answers.
(アメリカには、くだらない質問などない、あるのはくだらない答えだけ、ということばがあります。)
(13/02/06「実践ビジネス英語」)
There’s no such thing as a free lunch.
(ただほど高いものはない。)
↓ の本より
岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック)
岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック)

The drastic change to the characters makes nonsense of the entire original story.
− 登場人物への大幅な変更は、その原作全体を台無しにする
何かを uselessineffective にすることだそうです。
(ロングマン)


新年度の語学アプリ、
1度聞いた放送にはチェックがついたり、
ミニクイズも追加されました。
brave face.jpg
ラジオ英会話のクイズより
I was extremely nervous, but I put on a brave face.
(すごく緊張したけど、平静を装ったよ)
すかさずメモ!

大西先生が番組内で何度もおっしゃるように、
英文はなるべく覚えるように、がんばっております


去年の今頃、「基礎英語3」、「英会話楽習
What page are you on?
(何ページまで読んでいるの?)
こういう何気ない表現のレパートリーを増やしていきたい!
posted by ラジ子 at 20:59| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

boil over

「ラジオ英会話」

about はほんわか取り囲む感触
とか
over は上に円弧のイメージ
を英語を初めて習う時に知りたかったな〜。

4/8放送分
You’d better keep your wits about you while driving during the rush hour.
− ラッシュアワーに運転しているときには
  キモチを引き締め
なくてはならないよ。
キモチを引き締める・油断しない → keep one’s wits about one
へー、こんな言い方があるんだね、
と思ったら
Besides, I like to keep my wits about me when I’m attending a professional function.
(また、私は、仕事関係の集まりに出席している時は、冷静さを保っておきたいですね。)
(12/09/27「実践ビジネス英語」)
I’d better have my wits about me.
(油断しないようにしないと。)
(09/02/06「ラジオ英会話」)
2回も習ってた!(ブログやっててよかった、と思う瞬間)

類似表現
Your students better be on their toes, Bev.
(君の生徒は油断しない方がいいみたいだね、ベブ。)
(2001年度「ラジオ英会話」)
If someone approaches you to talk, be wary.
(誰かが話しかけるために近づいてきたら、警戒しないと。)
(2007年10月「徹底トレーニング英会話」)

alert という単語も気持ち引き締め系単語
Alert drivers aren’t prone to sit back and fall asleep at the steering wheel. 
(注意を怠らないドライバーであれば、運転席でくつろいで居眠りしてしまうようなことはまずありません。)
(06/11/15・16「ビジネス英会話」)

I spent ages looking about for a place to park.
− 駐車する場所を探して長い間きょろきょろしていた。
↓ こっちは「きょろきょろ」より「ぐるぐる」感出るのかも。
... I looked around frantically for a payphone.
(必死になって公衆電話を捜し回りましたよ。)
(14/06/11「実践ビジネス英語」)

19/03/19「基礎英語3」では
駐車場を見つけるのにかかった時間が forever
It took forever to find a parking spot.
(駐車スペースを探すのにえらく時間がかかってしまって。)

4/9放送分
The soup is boiling over.
− スープが吹きこぼれているよ。
soup over the pot のイメージ。

4/10放送分
There’s no point crying over spilt milk.
− 終わったことを嘆いてもしかたがないわ。
過去を振り返ってもしかたない表現。
As far as I'm concerned, it's water under the bridge.
(僕個人としては、仕方のないことだよ。)
↓ の本より
思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック)
思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック)
What’s done is done.
(済んでしまったことよ。)
(10/10/07「ラジオ英会話」)

What would I do without you?
君がいなかったら、僕はどうするだろう
↓ は、父親を心配する息子。
Sometimes I don’t know what you’d do without me, Dad.
(時々ぼくがいなかったらどうなるのか分かったもんじゃないよ、父さん。)
(2000年「ラジオ英会話」)

↓ は、仮定法過去で感謝の表現
Beside, we couldn’t have done it without you.
(それに、あなたなしではできなかったことなんだから。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

Professor Higgins gave an absorbing talk on space exploration.
− ヒギンズ教授は宇宙調査に関するたいへん興味深い話をした
absorbing → 夢中にさせるような
give a talk give a speech ほど硬い雰囲気ではないそうです。
(テキスト)

4/11放送分
What are those stains on your shirt?
− 君のシャツについたそのしみは何?
穴は in
You have a hole in your shirt.
(シャツに穴が開いている。)
(10/02/19「ラジオ英会話」)


【Queer Eye: Season 3】
ある事柄の結果を表す result in を使って
過去の過ちを告白する男性。
I was drinking a lot and that resulted in some serious problems.
(酒をたくさん呑んで深刻な問題になった)
お酒 からの〜 深刻な問題

We had some accidents resulting in injuries at last year’s race, so I need you ready to act.
(去年のレースではいくつか事故があってけが人が出たので、あなたにはすぐ行動に移れるようにしておいてほしいのです。)
事故 からの〜 けが人
(19/03/11「ラジオ英会話」)

からの〜」が result in なんだね。(ざっくり)


去年の今頃、「英会話楽習」、「ボキャブライダー
Stop standing around and get to work!
(ぼやっと立ってないで仕事にかかれ!)
この around って、
ネイティブの頭の中ではどんなイメージなんだろう?
別にぐるぐる回ってないし...。
posted by ラジ子 at 10:06| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする