2017年09月21日

demolish

「ラジオ英会話」

アムロちゃん、引退してから何をするのかな?
思い切った決断ではあるけど、カッコいい!

9/13放送分
会社で面接の感想を話し合う2人。
He’s a good fit for the CTO position.
− CTOのポジションに適任だと思います。
↓ は形容詞
the youngest child, a little boy, did not seem to be fit for hard work.
(一番下の小さな男の子は、きつい仕事には向かないようだった。)
(07/11/26・27「英会話入門」)

I can tell he’d fit in with everyone in the company.
− 彼は社の皆にうまく溶け込むものと私は見ています。
↓ も面接の後の感想。
I bet once she starts working, she’ll fit right in.
(いったん仕事を始めたら、上手に適合するでしょう。)
(11/08/16「ラジオ英会話」)

9/14放送分
市長の政策に不満を持つ夫婦。
Mayor Johnson wants to demolish three historic buildings downtown.
− ジョンソン市長がダウンタウンにある3つの歴史的建造物を
  取り壊したいって。
demolish … 取り壊す
初メモとは意外。

↓ 家が取り壊された
That was torn down long before your time.
(あなたが生まれるずうっと前に取り壊されたのよ。)
(11/01/20「ラジオ英会話」)
↓ 野球場が取り壊された
They tore it down recently.
(最近取り壊してしまったのよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)

Apparently he thinks the town needs more parking lots!
どうやら、この町にはもっと駐車場が必要だろうと
  考えているみたいよ!
ときどき意味を確認している apparently
Things are apparently looking up for job seekers.
(どうやら、求職者にとって状況は好転しているようです。)
(15/08/19「実践ビジネス英語」)

Here’s his plan in black and white.
− ここにはっきりと彼の政策が載っているわ。
in black and white … はっきりと印刷・掲載されて
It spells out in black and white the dangers facing air passengers these days ...
(飛行機の乗客が近年遭遇する危険(が)はっきりと詳細に書いてあるのです。)
(11/05/18「実践ビジネス英語」)

He’s bound to lose the upcoming election.
− 今度の選挙で必ず落選する。
... you’ re bound to be accountable for what you do.
(自分の仕事には責任を持たなければなりません。)
(07/04/23・24「ビジネス英会話」)
It's bound to be newsworthy because Brightwell is a food company.
(ブライトウェルは食品会社ですから、このキャンペーンには報道価値があるはずです。)
(06/03/27・28 「ビジネス英会話」)
会話で使われる頻度ってどのくらいなのだろう?


【モダン・ファミリー】
ドラマの種類も、エピソードの順もバラバラですが、
今日は「モダン・ファミリー」から。

フィルが外出する際に、娘たちになぞなぞ?を出します。
フィルI have to go show a house. But first, Elton John’s sexual orientation in the 70s?
(エルトン・ジョンの70年代の性的指向は?)
娘2人Bye. You’ve done that one before.
(バイ 前にも言った)
フィルAnd it never gets old.
(面白いギャグは永遠に不滅だ)

↓ は仕事が退屈じゃないか?と質問され
No, it never gets old.
(いいえ、まるで飽きないわ。)
(13/05/08「ラジオ英会話」)
小さな学園都市は
It’s relaxing at first, but it gets old fast.
(最初はリラックスできるけど、すぐに飽きてしまう。)
(11/09/27「ラジオ英会話」)

この表現、いかにも口語っぽくて、イイ感じ。


去年の今頃、9/14「実践ビジネス英語」
Good deeds are contagious.
(よい行いは伝染するものですよ。)
contagious … 伝染性の、うつりやすい
優しくされると自分も優しくなったり、ってことはたしかにある!
posted by ラジ子 at 21:55| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

keep it real

「ラジオ英会話」

楽しい3連休が終わってしまったけど、
充電完了いたしました!

9/11放送分
自分の高校のフットボールチームを応援する男女。
Don’t get your hopes up.
あまり期待しちゃいけないよ。
ドラマでもよく聞くセリフ。
Don’t get your hopes high.
(あまり期待しないでね。)
(11/8/14「英語5分間トレーニング」)
も習ったけど、up の方が頻度が高い気がする。

同意表現
Don’t hold your breath.
(あまり期待しなさんな。)
(06/11/22「徹底トレーニング英会話」)

The Green Bears are on a winning streak.
− グリーンベアーズは連勝中よ。
おそらく a streak of bad luck (不運続き)
を遠山先生の講座で学習。

「愛校心はどこへ行ったの?」と軽く非難された冷静な男の子。
I’m just keeping it real, …
自分に正直でいるだけだよ、…
keep it real … 自分に正直でいる・うそをつかない
新しいイディオムとのこと。

U R the ☆
They’re no competition of ours.
(彼らは私たちの敵じゃない)
no competition for でもOK。

同意表現
I’m no match for a pro like you.
(君のようなプロには歯が立たない)
↓ より
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 [単行本] / 岩村 圭南 (著); NHK出版 (刊)
When it comes to golf, I can’t compete with him.
(ゴルフでは彼にかなわない。)
(11/10/18「英語5分間トレーニング」One-Pointers)

9/12放送分
一日4時間イタリア語を勉強している友達を励ます。
At the rate you’re going, you’ll be fluent soon!
その調子だと、じき流暢に話せるよ!
一日4時間やらないと流暢になれないのか…

It’s just a matter of time!
単に時間の問題さ。
It’s a matter of time before someone gets hurt.
(誰かがけがをするのは時間の問題です。)
(15/05/23「実践ビジネス英語」)

別の It’s just a matter of
It’s just a matter of holding your breath and diving underwater.
(ただ息を止めて水に潜るだけのことなんですから。)
It’s just a matter ofing. … ただ、〜すればいいだけです。
(13/09/30「ラジオ英会話」)

U R the ☆
登山中。
He’s at the third station.
(彼は3合目よ)
以前、「富士山の5合目から登る」が英語で言えなくて、
困ったことを思い出しました。


先週のボキャブライダーのテストから。
backward.jpg

「何かを間違って着ている(履いている)」場合、
on も必要だったな〜ということを思い出しました。
Your yukata is on inside out.
(浴衣が裏返しだよ)
うまくリンクが表示できないんですけど、この本からです。

あと、突然こんな難しい単語を混ぜてくるあたり、さすがですね〜。
upward mobility.jpg
upward mobility とは
「社会的・経済的な地位の向上や、そうした意味での上昇志向のこと」
「ビジ英」寄りな感じだな〜、と思ったら
upwardly mobile … 上昇志向の
(10/02/03「実践ビジネス英語」)をメモしてありました。
自分のブログ、すごーい( ̄▽ ̄;)


去年の今頃、「ラジオ英会話
He’ll come around.
(いずれ折れてきますから。)
come around … 折れる、妥協する
ぐるっとまわってこっちに来るイメージなのかな?
posted by ラジ子 at 11:47| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

one's eyes are fixed on

「ラジオ英会話」

10月からの「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」は
4月からの再放送なので、10月号テキストは「ラジ英」1冊だけ購入。
再放送システム、いい復習になりそう。

9/6放送分
ケージから逃げたハムスターの居場所がひらめいた父。
I have a hunch he’s in the closet.
勘だけど、クローゼットの中にいると思うよ。
I have a hunch it’s your dog.
(私の勘ですがお宅の犬だと思います。)
(16/10/11「ラジオ英会話」)

類似表現
I have a feeling they’re out there.
(彼らはどこかそのあたりにいるような気がします。)
(16/06/06「ラジオ英会話」)

hunch でブログ検索するとひっかかる英熟語
Don’t hunch over like that.
(そんなふうに背中を丸めるのはやめなさい。)
(2011年4月号「英語5分間トレーニング」Word of the Day)

ひらめきの理由。
Look at Sloopyhis eyes are fixed on the closet door.
− スルーピー(猫)を見てごらん。クローゼットのドアから目を離さない
「目がくぎづけ」表現のひとつ。
one’s eyes are riveted on とか one’s eyes are nailed on
っていうのもありますが、ラジオ講座からのメモはなし。

他の「目が釘付け」表現
Kids spend too much time glued to the screen instead of developing and using their creative faculties.
(子供たちが、創造力を伸ばしたり使ったりすることなく、画面にくぎづけになっている時間が長すぎますから。)
(11/06/02「実践ビジネス英語」)
There’s no lack of studies that show people like us who are parked in front of our computers all day need to pay particular attention to our sitting posture.
(1日中コンピュータの前に張り付いている私たちのような人は、座る姿勢に特に注意する必要があるとする研究は、たくさんあります。)
(15/07/16「実践ビジネス英語」)

9/7放送分
フットボールチームのコーチにインタビュー。
We had some setbacks, but things are looking up now.
何度も挫折もありましたが、現在調子は上向きですよ。
別の動詞との組合せ
My creativity definitely suffered a setback.
(私の創造力が挫折したのは確かですね。)
suffer a setback … 挫折する、妨げられる
(11/06/08「実践ビジネス英語」)

「挫折」つながり
He’s never felt a sense of failure.
(彼は1度も挫折感を味わったことがない。)
(12/03/27「英語5分間トレーニング」)
overseas postings fall by the wayside
(海外勤務が途中で挫折してしまう)
(06/10/4・5「ビジネス英会話」)

「調子は上向き」の同意表現
Things are taking a turn for the better!
(物事は良い方向に向かいつつあります!)
(12/01/20「ラジオ英会話」)

The team has come a long way.
− チームはよくここまでやってきました
X has come a long way. … X はよくここまでやってきました。
We have indeed come a long way in the last three months, but there’s still a lot to do.
(確かにこの3か月長い道のりをやってきたけれど、なすべきことはまだたくさんあるよ。)
(08/06/30「入門ビジネス英語」)
True, we’ve come a long way from the days of ...
(... という時代からは、ずいぶんと進歩したものです。)
come a long way … (人や物事が)大いに進歩[成功]する
(14/06/04「実践ビジネス英語」)

go a long way だと「ちょっとしたことが大いに役に立つ」
A little accent can sometimes go a long way.
(わずかななまりでも、大いに役立つこともありますね。)
(13/04/24「実践ビジネス英語」)


【メンタリスト】
ポーカーの勝ち方を教えるパトリックのセリフ。
You win more flies with honey than with vinegar.
(あなたはアメじゃなくてムチを使う)
これは08/12/12「実践ビジネス英語」のフリートーク中、
スーザンさんが紹介してくれたことわざのバリエーション。
You can catch more flies with honey than with vinegar.
honey → 優しさ(アメ)
vinegar → 厳しさ(ムチ)

別パターンのアメとムチ
This calls for a carrot-and-stick approach.
(これにはアメとムチのアプローチが必要だ。)
(10/02/16「入門ビジネス英語」)

「メンタリスト」、最終回まで無事に視聴終了いたしました

聞いていた通り、気持ちのいい終わり方でよかった!


去年の今頃、「実践ビジネス英語」、「実践ビジネス英語
It kind of defeats the point if you make a big deal out of being generous.
(これ見よがしに親切にするならば、親切にする意味がないと言ってもいいでしょうから。)
defeat the point … (そもそもの)目的[趣旨]に反する
defeat the purpose という言い方もあります。
posted by ラジ子 at 09:42| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする