2019年08月18日

like death warmed up

【プラダを着た悪魔】

以前、この本を衝動買いしたことを書きました。
英語でネイティブみたいな会話がしたい! 映画やドラマの世界そのままに ぐっとリアルな英語が話せる (CD付)
英語でネイティブみたいな会話がしたい! 映画やドラマの世界そのままに ぐっとリアルな英語が話せる (CD付)
いちおう何周かCDで音声も聞いて、
「こんな言い方するんだ!」みたいな表現をいくつか初めて知りました。
Hulu↓ で配信中のこの映画の中で
プラダを着た悪魔 (特別編) [AmazonDVDコレクション]
プラダを着た悪魔 (特別編) [AmazonDVDコレクション]
「あっ、あの本にあった!」という発見をしたのでメモ。

(1)風邪をひいたミランダのアシスタント、エミリーに
体調について
How’s the cold doing?
で質問した時の返事。

Like death warmed up, actually.
(最悪よ 死人の気分だわ)

本では
look like death warmed up → ぐったりしている
で紹介されていました。

(2)ファッション誌で働くようになって、
性格まで変わったとアンドレアを非難する友人
This “glamazon” who skulks around in corners
(豪華な服を着てセクシー男と火遊びする女?)

本では
a glamazon → 長身でグラマーな女性
という訳。

あと、skulk という単語がわからなかったので調べました。
skulk → (人目をしのんで)こそこそする (ジーニアス)

この本ではシンプルな例文といっしょに390個の表現が
紹介されているので、今後ドラマや映画での再会が期待できます。
楽しみ〜。

「プラダ」からその他の表現もチョコっと。

仕事の忙しさをグチるアンドレア
My personal life is hanging by a thread, that’s all.
(私生活も危機だし)

Our marriage is hanging by a thread.
(僕たちの結婚は風前のともし火なんだ。)
(14/02/17「ラジオ英会話」)
in hanging by a thread → 〜は糸に吊るされて危機一髪
は、「モダン・ファミリー」でも何度も使われていた表現。

アンドレアの忙しさがこのまま続くとこうなるよ、
と予言するないジェル
Let me know when your whole life goes up in smoke.
(全私生活が崩壊するよ)

The whole plan went up in smoke.
(すべての計画がおじゃんになった。)
(10/04/04「英語5分間トレーニング」)
危機一髪の先が go up in smoke
無いに等しい、って感じかな?


字幕を読まずに(あるいは表示させずに)ドラマや映画を見ると、
字幕がある時よりもより多くの英語が聞こえてくる、
というのは本当だ!
ということで、1度見たドラマや映画は音だけで見るようにしています。
もう、わかろうが、わかるまいが、とにかく音だけ。
それが正しい(効果のある)勉強法かどうかはわかりません( ̄▽ ̄;)

それにしても、「プラダを着た悪魔」って2006年の映画だそうで…。
13年前――――――――!
はやー。


去年の今頃、「ラジオ英会話
My boss drives a flashy new metallic red Italian sports car.
(私のボスは、派手な新しいメタリックレッドのイタリア製のスポーツカーに乗っているよ。)
もう、形容詞の順番を覚えるのはあきらめた…。
posted by ラジ子 at 09:41| Comment(2) | その他の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

give under

「ラジオ英会話」

レベル2動詞の説明が聞ける番組って画期的!

8/5放送分
レベル2動詞
receive get よりもカタイ響き、「受ける」一般に広く対応
accept → 受け手の積極的な同意が伴う
deserve → 受け取る価値がある(ふさわしい)

場数をこなすと自然に使い分けられるようになるのだろうな。

I think everyone deserves a second chance.
− 私は誰もがやり直しの機会を与えられるべきだと思う。
ググったら、この英文は、誰かが不祥事を起こした時に、
ニュースなどでよく言われるらしい。

What have I done to deserve this?
こんなことになるなんて、僕が何をやったっていうんだ
ここ、現在完了か…。
良いことにも悪いことにも両方使えると言っていました。

8/6放送分
レベル2動詞
gain → 「徐々にジワジワ」と範囲を広げるように手に入れる
acquire → 能力やスキル、名声など価値ある物を獲得すること
obtain → 「カタくフォーマル」

She’s gaining strength every day since the operation.
− 彼女は手術して以来、毎日徐々に体力をつけてきている
16/09/13「ラジオ英会話」では、高齢の父親を引き取り、
期間限定で介護することに決めた時の条件がコレでした。
until he gains his strength back.
(元気を取り戻すまで)

Whisky is an acquired taste.
− ウイスキーのよさがわかるには時間がかかる
以前、NHKの英語講座では、
ゴボウ、納豆、オピヒ(貝)などが an acquired taste として紹介された。
おまけ
↓ これから野菜や果物中心の朝食に切り替える人のセリフ
This is going to take some getting used to.
(これは慣れるのに少し時間がかかるぞ。)
(18/01/22「ラジオ英会話」)

It is difficult to obtain an international driver’s license?
− 国際運転免許を取得するのは難しいのですか?
obtain がどんな名詞といっしょに使われているのか気になって
ブログ検索したら1回しかメモしていなかった。
It can certainly be very demoralizing for people who’ve worked hard to obtain qualifications ...
(スキルアップを目指して懸命に働いてきた人たち(は)(中略)きっとやる気をかなりそがれてしまうのでしょうね。)
(10/08/04「実践ビジネス英語」)

8/7放送分
エアコンの売れ行きについて
Sales are clearly up on last year.
− 売上高は明らかに昨年を上回っています。
on → 去年の売上高「の上に」さらにアップしている
(大西先生)
言われればなんとなく理解できなくもない。

give には特殊なニュアンスはない。
ニュアンスに縛られない自由度 → 基本動詞

The roof gave under his weight.
− 屋根は彼の重さで壊れた
重さに屈して、占めていたスペースを与える…。
なるほど。
The branch gave way under my weight.
(私の重みで枝が折れた)
(プログレッシブ)

My English teacher is giving a lecture on Shakespeare’s villains.
− 私の英語の先生はシェークスピアの悪役についての
  講義をする予定です。
どこで習ったのか思い出せないけど、どこかの講座で習ったはず…。

8/8放送分
レベル2動詞
provide → 必要なものを与える(供給する)
supply → 必要とされるものを、長期にわたって安定的に与える
present → 贈呈する

provide supply は似ている気がする。
You need to provide them with live food, which is sometimes hard to come by.
(生きた餌を与える必要がありますが、なかなか手に入らないこともあるんですよ。)
(09/10/6「ラジオ英会話」)
supply でもよさそう。

The club supplies all team members with uniforms.
− クラブはチームのメンバー全員にユニフォームを提供します
番組内で provide でもいいと言っていました。

8/9放送分
・…, so I told them I would provide answers after consulting with you.
− 彼らには上司と相談のうえお答えすると言っておきました。
consult with → 〜と相談する
↓ 子どもの友だちのお母さんに相談する場合にも使える。
While their children are playing, Kyoko consults with Shelby about starting her child in English.
(子供たちが遊んでいる間に、キヨコは自分の子どもに英語学習を始めさせることについて、シェルビーに相談する。)
(07/04/9・10「英会話上級」)

↓ 個人的に、どっちがどっちかわからなくなる動詞
You'll counsel the graduates about their career paths.
(その大学の卒業生たちに進路について助言を与えるわけですね。)
counsel → 忠告する、助言する
(06/06/26・27「ビジネス英会話」)


【ズンボのジャストデザート】
「実践ビジネス英語」でしか聞いたことのない単語。

時間制限もあるなか、なかなか思うような味が出せずに
あせる参加者。

Right now I’m really frazzled, I can’t think properly.
(気持ちがあせって冷静に考えられない)

They’re just as frazzled as we grown-ups are.
(子供たちは、私たち大人とまったく同じように疲れ果てています。)
(13/06/06「実践ビジネス英語」)
「精神的にすごく疲れている」ときに使われるらしい。

私にとって「ちょっと」難しげなこういう単語は、
また出会った時に改めて覚え直せばいいかな。
それにしても、「実践ビジネス英語」はやっぱり語彙が豊富!

でも、今のところ、再度聞く予定はなし...。


去年の今頃、「ボキャブライダー
You may sniff at my proposal, …
(君はぼくのプロポーズを鼻であしらうかもしれないけど、…)
くんくんする → 「鼻であしらう」になるのはなぜ?
posted by ラジ子 at 22:03| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

differentiate

「ボキャブライダー」

個人的には hatch といえば
岩村先生に習った
Don’t count your chickens before they are hatched.
(捕らぬ狸の皮算用)
なんですけど、応用クイズに出てこなかった…。
↓ の本にも掲載アリ
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編

I can’t differentiate between a zucchini and a cucumber.
− ズッキーニキュウリの違いが区別できません。
differentiate はまぎらわしいものの違いを見分けるというイメージ。
(アプリ)
同意語が distinguish
Only parents can distinguish between the twins.
− 彼らの両親だけが、双子を見分けることができます。
↓ も双子の英文
It is difficult to distinguish one from the other.
(どちらどちらなのかを見分けるのは難しい)
(2018年11月「ボキャブライダー」)

First of all, the quality of the material differentiates the fashion brand from others.
− まず、材質がこのファッションブランドをほかのものとは
  区別しているのよ
最初に「実践ビジネス英語」(か「ビジネス英会話」)で
この単語を習った時、この「差別化する」だったなぁ。
(昔のことはよく覚えている、という年配あるある)

Shipping fees vary depending on your location.
− 配送料はお届け先によって変わります
depending (on) と相性がよさそう。
The cost of living varies depending where you live, right?
(生活費は住むところによって異なりますよね。)
(15/06/11「実践ビジネス英語」)

The neighbor realized that the spies were hatching a plot to hack a confidential database.
− お隣さんは、スパイたちが極秘のデータベースをハッキングするという
  陰謀を企んでいることに気がついた
hatch a plot → 陰謀を企む
hatch に「陰謀・計画などを企む」という意味があった。

ついでに hack ([データベースなどに] 不正アクセスする)ですが、
以前「メイプルストーリー」というゲームのアバターを壊したとして、
逮捕された日本人のニュースから書き取ってました。
When he expectedly conducted a cyber divorce, the man alleges that she hacked into his personal files and destroyed the computer character known as an avatar.
元の記事がまだネット上にあったけど、この人どうなったんだろう...。

My son pecks at foods that he doesn’t like, such as carrots and spinach.
− わたしの息子は、ニンジンやホウレンソウなど、
  嫌いな食べ物をちびちびと食べる
ちびちび食べる系だと
pick at / nibble at がブログにメモしてありました。

The absent look on his face suggested that he didn’t understand at all.
彼の顔に浮かんだぼんやりした表情は、
  全然わかっていないことを示していた
同意表現
empty look / vacant look / blank look
違いまではわかりかねます( ̄▽ ̄;)


【ズンボのジャストデザート】
もしも自分がパティシエになっていたら...、
という仮定の話をするスイーツコンテスト参加者の言葉。

I honestly think I would have taken the world by storm.
(正直言って有名シェフになれていたと思う)

Japan has taken the world by storm with an entirely new and unexpected export: popular culture.
(日本は「ポップ・カルチャー」という、まったく新しい、
しかも思いもよらない発信によって、世界に旋風を巻き起こしました。)
take by storm … 〜を魅了する、〜に旋風を巻き起こす、〜を席巻、〜で爆発的な人気を博する
(08/03/3・4「英会話上級」)

take は「手に取る」なので → 嵐で世界を自分の手に入れる
あと、would have の方が could have よりも確信の度合いも高そうだし、
この人、よっぽど自信があったんだろうなぁ。


去年の今頃、「ラジオ英会話
What’s the point of having a cellphone if you don’t carry it with you?
(持ち歩かないのなら、携帯電話を持つ意味なんてあるのかな。)
意味を疑う表現。
昔の「うさぎ跳び」って何の意味があったんだろう?
とか、あれは何だったんだ?ってこと、いっぱいあるな。
posted by ラジ子 at 11:36| Comment(0) | ボキャブライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする