2015年03月27日

harried

「実践ビジネス英語」

crystal ball で将来が見えるなら、苦労ない。

3/19放送分
*I think it’s part of a CEO’s job to bring their company up to that level ...
− 会社をそのレベルにまで持ってい()(中略)のが、CEOの仕事の一部だと思います。
bring A up to B で A を B の状態にまで持って行く
なので、
I’ll bring you up to speed on that.
(それについての情報は教えますよ。→ 必要な情報を与える)
(12/10/03「ラジオ英会話」)
とか、
bringup to date 「(人に)最新の情報を与える」
も、その状態までの引き上げ感がポイントになるんだなぁ
とひとりで納得。

*The list of a CEO’s responsibilities doesn’t end there.
− CEOの職務リストはそこで終わりません
バリエーション
He’s been in a lot of trouble − drugs, guns, blackmail ― the list is endless.
(ロングマン)
list には列挙するほどたくさんある、というニュアンスが感じられる。
Brian is a great manager with an enviable list of career achievements.
(ブライアンは、うらやましいほどの数々の業績を上げた、優れたマネージャーです。)
(12/08/08「実践ビジネス英会話」)

3/20放送分
*today’s executives certainly have their work cut out for them.
− 現在の経営幹部は確かに難しい仕事を抱えています
Anyway, we’ve certainly got our work cut out for us deciding who can best fill Tony’s shoes ...
(ともかく、トニーの後任に最もふさわしい人物を決めるのに、苦労することは確かですね、...)
(11/4/27「実践ビジネス英語」)
主格、所有格、目的格をすべて必要とするフレーズ。

One of the biggest beefs among harried CEOs is email overload.
悩めるCEOたちの最大の不満の一つは、メールが多すぎることです。
この日に、過去の harried の英文がまとめてありました。

Managers need to anticipate what’s coming down the pike and stay ahead of the high-tech curve.
− マネージャーは、出現しつつあるものを予測し、
  ハイテク分野において時代の先端に居続ける必要があるのです。
この2つはペアで覚えておくといいのかも。
... , it’s a lot harder to be ahead of the curve and see what’s coming down the pike before your competitors do.
(時代を先取りして生まれつつあるものをライバルたちより先に見抜くのは、ずっと難しいことです。)
(11/09/01「実践ビジネス英語」)
↑ の日に、come down the pike はノンネイティブが使わない方が無難、
と書いてありました。(非常に口語的なので)

*Good corporate leaders know better than to think of technology as a cost center somewhere in a back office.
− 優れた企業トップは、テクノロジーを事務管理部門のどこかにある
  コストセンターと考えるほど愚かではありません
A grown man should know better than to shout and scream.
(大人だったら大声で叫ぶばかりでは仕方ないことぐらいわかるはずだ)
(ジーニアス)
たしかに〜。

今日の重要項目: 4


【モダンファミリー】
長女ヘイリーに車の運転を教える母クレア。
車線変更して」→ Merge.
に思わず「なるほど」。
merger なら「実践ビジネス英語」にでてくるけど、
merge って動詞、あんまり講座に出てきませんね。
通常、「車線変更する」は change lanes でいいようです。
That idiot changed lanes without signaling.
(ロングマン)
和訳すると、「あのバカ、ウインカーも出さずに車線変更しやがった」
ってな感じ?
「ウインカー」はイギリス英語で、アメリカだと blinker と言うらしいですけど、
signal ならどっちもいけそう。


去年の今頃、3/19「実践ビジネス英語」
I try my best to stifle my yawns.
(何とかあくびを抑えようとしていますが。)
抑えようとしても、出る時は出るし、
寝る時は寝てしまう...。(主に講演会)
posted by ラジ子 at 09:48| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする