2015年05月26日

if not

「実践ビジネス英語」

mojo(魔力、勢力) って言葉を聞くと、
オースティン・パワーズ」を思い出します。
ほぼ20年前の映画だって…。

5/20放送分
GLI will become one of the first, if not the first, major U.S. company to adopt the “7-to-7” rule.
− GLI は、アメリカの大手企業として初めてではないとしても
  その部類に入る企業として、「セブン・トゥ・セブン」ルールを
  これから採用するのですよ。
ということは
She’s just as good as a male trainer, if not better.
(男性のトレーナーに全くひけを取らないし、ひょっとすると男性以上かもしれないね。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
男性より better かもしれないし、better と言えないとしても、
確実に good ってことですね、と復習。

*Thanks to all our handy digital devices, we’ve become obsessed with staying connected and not missing anything “important.”
− いろいろな便利なデジタル機器のおかげで、
  私たちはネットに接続し続けて「重要な」ことを
  すべて見逃さないようにすることで頭がいっぱいになりました
obsessed って、もしかすると fixated と同意語かな?と思って
シソーラスで調べたところ、やはりそうでした。
He never used to be so fixated on losing weight.
(ロングマン)

stay connected がポジティブに使われている英文
Thanks to the technology, it’s easy to stay connected with family and friends no matter where they happen to be.
(テクノロジーおかげで、家族や友人がたまたまどこにいようとも、たやすく連絡を保つことができます。)
(13/11/22「実践ビジネス英語」)

*All too often we succumb to what you might call digital burnout.
− 何度なく、デジタル・バーンアウトと呼んでいるものに屈しています
succumb to surrender とか give in to の仲間。
誘惑に屈する場合
... I’ll succumb to temptation and munch out on a bag of nachos.
(誘惑に負けて、ナチョを1袋平らげてしまうのです。)
(11/09/16「実践ビジネス英語」)
この英文は、何度もブログに登場。

*・… while you’re unplugged.
− (ネットに)つながっていない間は、…
楽器以外に人間にも使える。

5/21放送分
Of course, there are always a few holdouts in any group of workers.
− もちろん、どのグループにもルールに従わない人が必ず少しはいます。
holdout … 協力しない人、抵抗する人
2回メモしているけど、まったく覚えられない。

hold out (against)に「抵抗する、耐える」という意味があるから、
そこから覚えられるかも。
ジーニアスに興味深い英文を発見。
I can’t hold out.
(〈小便がこらえられなくて〉もうがまんできない)
自然の摂理に抵抗できなくなったということで。

But for most people, getting on the JOMO wagon is a welcome relief.
− でも、大抵の人にとって、JOMO の時流に乗るのは、
  ほっとできる歓迎すべきことなのです。
「便乗する、支持に回る」、という意味。
本来はこっち ↓ ではないか?
Like the way everyone’s jumping on the social media bandwagon these days.
(最近、みんながわれもわれもとソーシャルメディアに飛びついていますが。それと同じようなものですね。)
(11/09/02「実践ビジネス英語」)

wagon はほかに、禁酒・禁煙関係でよく聞きます。
be/go on the wagon … 禁酒している、禁酒する
go off the wagon … (禁酒などの誓いを破って)また手を出す

*White-collar workers are being drowned in a flood of email.
− ホワイトカラー労働者は、洪水のような大量のメールに溺れています
コーヒーの中で溺れている英文
In my book, taking a nap is healthier than drowning yourself in caffeine.
(私の意見では、昼寝をするほうがカフェインを大量に摂取するよりも、健康にはいいですよ。)
(14/03/27「実践ビジネス英語」)

本日の重点事項:4


この間、Eテレで見た「哲子の部屋」で、
晩婚化と情報化社会の関係について、
わかりやすく解説していました。

(1)情報化のおかげで、選択肢が増える
       ↓
(2)「偶然の出会い」を軽視して「また出会える、もっといい出会いがある」
 と思いがち
       ↓
(3)結局出会いを先延ばしにしてしまう
 
これの繰り返しにより、結局「この人」と決められない。
でも、視点を変えて、
今ここで出会った人との「偶然の出会い」に賭けて、
そこに意味を見いだせれば、大事な人が見つけられる
っていう話だと思いました。

で、これって、英語教材にもあてはまるんじゃないの?
と思ったりして。
出会った教材をもっと大事にしなくちゃいけないな〜。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I need to have my gray roots colored.
(生え際の白髪を染める必要があるの。)
root end(毛先)ね、髪はなが〜い友達、大切にしなければ。
↑ このCM、知っている人いるかな?
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする