2015年08月17日

the carrot and the stick

【SUITS】
もしかすると、発音のクリアーさから言えば、
「SUITS」の方が「モダンファミリー」より上かもしれないと、
改めて思いつつ、Huluで見ています。

過去の学習が pay off したセリフ。

@ マイク提案の意見にしぶしぶ賛成する同僚のセリフ。
SU against one's better judgment.jpg
I'm going against my better judgment and trusting you.

11/05/16「ラジオ英会話」にて、
欠陥車のスポーツカーを買った男性のセリフ。
I bought it against my better judgment.
(ついつい買ってしまいました。)
against one’s better judgment … ついつい、よせばよいのに・よかったのに
「SUITS」では、完全に賛成と思えず、よせばいいとは思うけど、
君を信頼することにしよう、という流れなんですね。

A これから集中的に調べ物をすることになり、
その前にトイレに行こうと席を立った男性に向かって
ルイスが言ったセリフ。
SU don't bother.jpg
You want to go to the bathroom? You don't bother coming back.

仕事が嫌ならやめてもいい、という表現の場合に
don’t bother が使われるんだなーという再確認。
But you know what they say. “If you don’t come in Sunday…”
(でもよく言うじゃない。「日曜日に仕事に来ないんだったら…」って。)
Right. “Don’t bother showing up on Monday.”
(そうだね。「月曜日に顔を出さなくて結構」ってね。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

So either come in tomorrow or don’t bother coming back again.
(嫌なら辞めたまえ)(モダンファミリー)

B 証人になってもらおうと、説得するためにルイスが言った、
「人は2つの物に動かされる生き物だ」の後のセリフ。
SU carrot and stick.jpg
And that's the carrot and the stick.

10/02/16「入門ビジネス英語」で
This calls for a carrot-and-stick approach.
(これにはアメとムチのアプローチが必要だ。)
を学習。
人間をロバとか馬に例えているので、アメでなくニンジン。

dangle a carrot (ほうびををちらつかす)(プログレッシブ)
も合わせて復習。


「自業自得」表現をこの日にもいくつかメモしてあるんですけど、
新しい言い方を発見。
娘は自業自得だよ
My daughter brought this on herself.
自分自身に迷惑がかかるように持ってきた → 自業自得
同じことを言いたくても、その言い方はいくつもあるってことですね。
その気になれば意外とセリフが拾えそうな、「SUITS」は、
(個人的にHuluで)そろそろシーズン2に突入です。


去年の今頃、8/6「実践ビジネス英語」
.., you have to be on your guard against thieves and con artists.
(泥棒や詐欺師に用心しなければなりません。)
↑ 海外旅行の際の注意点。
国内だって安心できないけどね。
posted by ラジ子 at 12:14| Comment(12) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする