2015年09月09日

off-color story

「実践ビジネス英語」

日本語の「フェミニスト」の「女性に甘い男性」の意味は英語にはない
ということを知ったのは2008年、platform の意味を調べていた時でした。。

9/3放送分
Nowadays, no woman would expect a man to rush to offer her a light.
− 近ごろは、たばこの火をつけに男性が駆け寄るのを期待する女性は皆無ですよ。
offer は応用範囲が広い。
Crisis consultants in Japan say you should bow at 35 degrees when offering a formal public apology.
(日本の危機管理コンサルタントが言うには、正式に公に向けた謝罪をする時は、35度のおじぎをしなければなりません。)
(14/11/21「実践ビジネス英語」)

Time was if a man used foul language when addressing a group that included women, he would apologize to the women.
昔は、女性を含む人たちに話をしている時に、
  男性が汚いことばを使ったら、その男性は女性に謝ったものです。
半年前に学習 (この時は when まで含む)
Time was when people had a three-pronged retirement strategy: a pension, Social Security and personal savings.
(以前、人々には、3本の柱から成る退職後戦略がありました。つまり、年金、社会保障、そして個人の貯蓄です。)
(15/03/26「実践ビジネス英語」)

*Or if a man started to tell an off-color story, someone would be sure to admonish him that there were ladies present.
− あるいは、男性がいかがわしい話をし始めたら、
  女性が同席しているからと、だれかが必ずその男性をたしなめたものです。
off-color story … わい談、きわどい[いかがわしい]話
そのテの話だと blue でもよさそうなのにな〜。
「ピンク映画」→「blue film
(2005年「シニアのためのものしり英語塾」)
今、「ピンク映画」って言葉は死語か…。

admonish … 戒める、諭す、忠告する
I’ve seen restaurant staff admonish people for taking snapshots of their food.
(レストランのスタッフが、料理のスナップ写真を撮っている人に注意しているところを、私も見たことがありますよ。)
admonish … (穏やかに)諭す、注意[忠告]する
(13/08/21「実践ビジネス英語」)
↑ この日に、同意語は reprove とヘザーさんのが説明あり、
  今回も reprove scold が同意と紹介していました。

*・…, I’d be inclined to reply that I don’t care what words he uses ― as long as he doesn’t condescend to women by apologizing to us.
− 謝ることで私たち女性を見下しているのでないかぎり、どんな言葉を
  使っても気にしませんよ、と答えてあげたいですね。
condescend to … 〜を見下す(ような態度を取る)
「上から目線」ワードとして、しっかり定着。

9/4放送分
ソーシャルメディアでの不適切な情報流出で
*・…, there can be a lot of tension among family members as a result.
− 家族の関係がかなりぎくしゃくする場合があるそうです。
人間関係の「ぎくしゃく」だと strained もアリ。
Relationship between the two of them seems to have become strained.
(二人の関係はこのところぎくしゃくしてきたらしい)(プログレッシブ)
品詞は違っても、どちらも「ピンと張っている状態」。

動きの「ぎくしゃく」
... speakers’ movements didn’t correspond to the audio and were jerky because of delays in transmission.
(送信に遅れがあるために、(略)、しゃべっている人の動きが音声と合っていなかったし、
ぎくしゃくしていたのです。)
(08/08/21「実践ビジネス英語」)

友人の結婚式の場で写真をスマホで撮ることについて
*I’d say that’s all right, as long as there’s no explicit ban on taking pictures during the ceremony and if you do so unobtrusively.
− 式の最中に撮影してはいけないという明白な規則がない限り、
  そして目立たないように撮るならば、構わないと思います。
unobtrusively not easily noticed (ロングマン)
黒子のイメージかな。
And I’m sure they do so unobtrusivelyand quietly.
(それならきっと、角が立たないように、彼らが収めてくれるでしょう、しかも静かにね。)
(15/04/23「実践ビジネス英語」)

本日の重点事項:4


我ながら、久々にすごい「ラジこり体験」がありました。
「ぎくしゃく」表現の復習をしていて、
In workaholic marriages, couples suffer estrangement.
(仕事中毒人間の結婚生活は、夫婦の間がぎくしゃくしがちです。)
estrangement … 疎遠、仲たがい
(08/07/17「実践ビジネス英語」)
という、あんまり耳にしない単語を見つけました。
形容詞は estranged というメモも残してありましたが、
使用頻度も低そうなので、ブログ上は復習対象外に決定。

で、その後、ある本をオーディオブック(CD)で聞いていて、
出会ったんですよ、estranged に!
正確な文章は忘れてしまったんですけど、
別れた夫と、子供たちが疎遠になってしまった、みたいな内容で、
My ex-husband became estranged from his son and daughter.
のような英文でした。
復習しておいたおかげで、estranged の意味にとまどうことなく、
聞くことができて、シアワセ〜!

ちなみに、聞いていたのはこの本のCDです。
A Good Yarn (The Knitting Series) -
A Good Yarn (The Knitting Series) -
「そんなのありえなーい!」のオンパレードですが、
実は、そんなベタが大好きな私...。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
In fact, email surpassed telephone use back in 2007, ...
(現に、(中略)、メールが電話の使用を上回ったのは2007年のことでした。)
私ももっぱらメール派。
posted by ラジ子 at 11:41| Comment(4) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする