2015年10月12日

binge on

10/7「実践ビジネス英語」

干物に納豆に味噌汁、そんな朝ご飯、しばらく食べてないなぁ...。
あ、私が作ってないからだ!

*・…, these days it’s less common for families to gather around the breakfast table at the start of the day.
− 近ごろは、1日の初めに家族が朝食のテーブルを囲むのが、
  以前ほど一般的ではありません。
家族の単位より、もっと大人数が集まる場合は
cluster around … 〜の周りに集まる、〜の周りに集める
っていうのも使えそう。
(06/10/30・31「ビジネス英会話」)
↑ の日以来、習っていないけど…。

The pace of daily life has become much faster and more frenetic.
− 日々の生活のペースは、大幅に速く、慌ただしくなりました。
frenetic … 慌ただしい、逆上した、熱狂的な
習ってました。
That can be a tall order, given the frenetic pace of modern life.
(現代の慌ただしい生活ペースを考えると、それは無理な注文かもしれませんが。)
(15/01/23「実践ビジネス英語」)

*And when I was a kid, binging on cereal while watching cartoons was a Saturday-morning ritual.
− それに私が子供のころには、アニメーション映画を見ながら
  シリアルを食べたいだけ食べるのが、土曜の朝の習慣でした。
binge on … 〜を大量に食べる[飲む]、〜を食べたいだけ食べる、〜を飲みたいだけ飲む
binge on といえば、思い出すのが1998年の「ラジオ英会話」。
Since I love to binge on snacks, I’ve recently switched to fat-free cookies.
(私はスナック菓子を大食いするのが大好きだから、
脂肪のないクッキーやチップスに最近代えたのよ。)

ritual には「日常の習慣的行為」という意味あり。
形容詞
Think of it as a ritualized exchange of pleasantries.
(こういう会話は、形式的な社交辞令のやり取りだと考えてください。)
(13/04/04「実践ビジネス英語」)

オンデマンドのせいで、土曜の朝のシリアル食べ放題習慣がなくなった。
*That’s another reason sales of boxed cereal have been heading south big time.
− それが、箱入りシリアルの売り上げがひどく落ちてきている
  もう1つの理由です。
go south のパターン
Actually, there’s more to prenups than deciding who gets the silverware or other material assets if the marriage goes south.
(実際のところ、婚前契約は、結婚生活がうまくいかなくなった場合、
どちらが銀食器などの有形の資産を引き取るのかを決めるだけのものではありません。)
(10/10/16「実践ビジネス英語」)
2009年に初めて習った時は drivesouth のパターンでした。
要はすべて下降、悪化(south)するのである。

*Plus many consumers are opting for foods like granola bars, fresh fruit and yogurt at breakfast time.
− そのうえ多くの消費者は、朝食時に、グラノーラバーや新鮮な果物、
  ヨーグルトなどの食品を選んでいます
12/04/20「実践ビジネス英語」でヘザーさんの説明を聞いて、
optoption と関連している」ことに初めて気づいた、とメモあり。

本日の重要項目:4


【キング・オブ・ザ・ヒル】
甘い物の食べ過ぎで糖尿病になったビル。
KH hands off.jpg
甘いものに目がない
これをどう英訳するか、いろんな方法があると思うんですけど、
もとのセリフはこう ↓ でした。

Bill can’t keep his hands off the sweets.
He’s just like Winnie the Pooh.


なーるほど、プーさんもいつも手にハチミツがついている。
辞書で調べたり、思いついた範囲で同意表現は
have a sweet tooth / can’t get enough of sweets
be partial to sweets / can’t live without sweets
みたいにいろいろあるけど、
be addicted to sweets だと意味が強すぎるかな?


去年の今頃、「ラジオ英会話
You know the story about the birds and the bees.
(鳥と蜂の話は知っているでしょう?)
イソップ物語に、鳥と蜂の話とかあったかな?
ってことじゃなくて、
the birds and the bees → 「性の基礎知識を意味する婉曲表現」
ですよ〜。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

testimonial

「ラジオ英会話」

昔だったら「体育の日」。

10/5放送分
乙が太郎に釣り用ブーツを買いました。
*I’m afraid I went overboard shopping.
− 私、調子に乗って買い物し過ぎたみたいなの。
go overboard ing … 調子に乗って〜をし過ぎる
go overboard のうしろに ing をつける言い方は初めてかも。

↓ は、調子に乗っているわけではないかもしれないけど、奮発した英文。
I went all out and ordered the most expensive item on the menu.
(奮発してメニューにあう一番高い料理を注文した)
この本より↓
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 [単行本] / 岩村 圭南 (著); NHK出版 (刊)

6万円使った乙に対し、太郎は寛大。
*I’ll let you off the hook this time.
− 今回は見逃してあげるね。
off the hook つながり
The phone has been ringing off the hook!
(電話が鳴りっぱなしよ!)
(09/05/14「ラジオ英会話」)

10/6放送分
自分で会社を始める人の、今後の希望。
*I hope I can keep my head above the water.
何とか経営を続けられるといいけれど。
伝説の「上級」では、制服に関するディベートで
pros のひとつとして ↓ の意見あり。
Last but not least, uniforms help parents keep their heads above water financially.
(最後に、これも重要な点ですが、制服のおかげで親が破産せずに済みます。)
(07/11/28・29「英会話上級」)

10/7放送分
ビジネスで学位を取るのかい?という質問に
*No, I’m just testing the waters.
− どんなものか様子を見ているだけです。
習った気がするけど、検索しても見つからない…。

water と様子を見る」で思い出した表現
So many items are factored into the mix for success when superstores dip their toes into different waters.
(大型店が新天地へ進出を試みるときは、成功へ導くために実に多くの構成要素が複合的に検討されます。)
(07/03/9・10「ビジネス英会話」)

10/8放送分
アンチエイジングクリームなしでも美しい、と言われた女性が
*I’m not fishing for compliments.
褒めてもらおうと思っているわけではないのよ。
fish for … (それとなく) 〜を得よう・探り出そうとする
07/10/8・9「ビジネス英会話」で学習済み。
"fish for a compliment" でコロケーションらしい。

「私の英語なんて、本当にヘタクソで恥ずかしいですよ。」
と振っておいて、
「いやいや、とっても上手!」と言わせるような流れが
fish for a compliment らしい。

positive testimonial … 好意的な感想
testimonial が「利用者の感想・証言」だそうで、
英辞郎の「お客様の声」っていう訳がいいなと思いました。

本日の重要項目:5


【キング・オブ・ザ・ヒル】
「〜も同然、〜する方がまし」の might as well
にはだいぶ慣れたので、「〜した方がいい」にも慣れたい。
ビルにむかって「糖尿病でいずれ脚を失う」と宣告した医師のセリフ。
KH might as well.jpg
You’ll end up in a wheel chair anyway.
Might as well get one now, while you still have good insurance.

end up (in) の使い方も、テキストばりにわかりやすい。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
And many good-hearted people like you want to do something to alleviate the problem of hunger.
(それに、あなたのような思いやりのある大勢の人たちが、飢えの問題の改善に貢献できることをしたいと思っています。)
alleviate … 軽減する、緩和する、多少とも解消する
同意語は mitigate だそうですよ。
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

go off

「実践ビジネス英語」

culture に「培養菌」という意味があることを頭の片隅に置いておく。

10/1放送分
納豆は
*It makes its presence known, that’s for sure.
− 確かに、存在感がありますからね。
make one’s presence known … 自分の存在を印象づける、自分の存在感を示す[知らしめる]
むこうからグイグイくる感じ。
ネット検索したら
CUBA GOODING JR. MAKES PRESENCE KNOWN AT NHL AWARDS
↑ こういうサイトがあって、
キューバ・グッディング・ジュニアが存在感を示していました。

存在感
You had great stage presence.
(舞台での存在感がとてもあったよ。)
(14/01/22「ラジオ英会話」)
Gary has an imposing presence.
(ゲーリーには威圧するような存在感があるからね。)
(11/01/05「英語5分間トレーニング」)

*Fermenting foods was born out of necessity.
− 食品を発酵させることは、必要に迫られて生まれました。
He only remained with the group out of necessity.
(必要に迫られて、彼はそのグループに残っただけ)
(ロングマン)

必要に迫られれば、
Something will come of it.
(何とかなるよ。)
(11/01/09「英語5分間トレーニング」)

10/2放送分
日本人の平均寿命の長さに関して
*You can’t argue with numbers like those.
− そうした数字のすごさに異議はありません
「異存はない、反論できない」場合の定番。

But sweet-toothed Americans have traditionally recoiled at the rather tangy taste of the real thing.
− でも、プレーンのヨーグルトはかなり酸っぱいので、
  甘い物好きのアメリカ人はこれまで、食べるのをためらってきました。
Some stick-in-the-muds recoil at the idea of renting their car or apartment to a stranger.
(頭が固い人の中には、知らない人に自分の車やアパートメントを貸すという発想にひるむ人もいます。)
(14/09/25「実践ビジネス英語」)
習った事実だけ覚えていた、いつものパターン。

tangy … 強い味[におい]のある
tanga taste or smell that is pleasantly strong or sharp
(ロングマン)
↑ の形容詞が tangy ってことで、ロングマンには
beer / lemon / orange なんかが tang の例として紹介されていた。

*・…, we’ve gone off fruit-on-the-bottom and pina colada-flavored yogurt concoctions.
− カップの底にフルーツが入ったものやピニャコラーダ風味のものなどの
  調合ヨーグルトは食べ飽きました
go off … 〜に飽きる、〜が好きでなくなる
go off の「逸れる」感じから覚えられるかもしれない。
Don’t go off on a tangent.
(話が脇道にそれないように。)
(09/09/01「英語5分間トレーニング」)

concoction … 調合物、でっち上げ
動詞
Don’t tell me you concocted this.
(まさか、あなたが作ったのではないでしょうね。)
concoct … (混ぜ合わせて)作り上げる
(08/11/11「ラジオ英会話」)
↑ のメモの残し方が雑だったので、何かを本当に作ったのか、
でっちあげたのか、まったくわかりませんでした。

strained yogurt水分を取り除いたヨーグルト
strainer で水分を濾したヨーグルトと思えば納得。

おまけ: colander の画像検索結果 

本日の重要項目:4


【NHK WORLD On Demand】
10/1のビニェットに
It extended the life of foods when refrigeration wasn’t an option.
(冷蔵という選択肢がなかったころには、そのおかげで食品が長くもつようになったのです。)
というセリフがありました。
「長くもつ」で思い出したオンデマンドの番組がこちら。
Antique Jamboree
(10/15まで視聴可能)

バレーボールの生地を使ったバッグのデザイナーのコメントが、
「長もち」に関係しています。
オンデマンドの番組中の日本語がどんな風に意訳されているのかを
確認しながら「やっぱりプロの訳は違うなぁ」と感心しています。
たとえばこんな感じ。(5:50あたりからのコメントです。)

「そんなに(長く)もつ生地なんだったら、ずっと(お客様に)長く持ってもらいたいという思いがすごく強くて、で、それで、あんまり奇抜だったりするとすぐ飽きてしまうし、で、もし高校生の時に買ったバッグだとして、で大人になったときにまた持てなくなったらいやだなと思ったので、ずーっと持てて、あのー、長く愛されるバッグにしたかったんで、えーと、極力シンプルにしました。」

The material is made to last so we wanted consumers to use our products for a long time. Flashy designs come and go. We didn’t want it to be a piece that would fall out of style.
So we kept it as simple as possible
.

日本語を勉強している外国人も大勢見ていると思うんですけど、
もつ生地」の「もつ」ってどういう意味だろう?
とか困惑する人もいるんだろうな…。
外国語習得はたいへんだ!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
We could really make a dent in the number of kids who don’t have enough to eat.
(実際に、満足に食事にありつけない子供たちの数を減らせることも。)
make a dent … 減少させる
はドラマでもときどき聞く表現。
posted by ラジ子 at 11:24| Comment(8) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする