2015年10月20日

shaky ground

「実践ビジネス英語」

rib-eye steak ってコレ。
た、たまらーん。(断然肉派!)

10/14放送分
アメリカで食事後にドギーバッグを頼む習慣に戸惑う
聖四へのパット・マクミランのセリフ。
It’s unknown territory for yours truly as well.
知らない領域です。

その他の知らない領域
We thought it would be a good idea to put together those guidelines because social media is still very much virgin territory for many of us at H&B.
(H&Bの多くの人にとって、ソーシャルメディアはまだまだ未知の領域ですから、
このガイドラインをまとめるのはいいことだろうと、私たちは考えました。)
(12/10/24「実践ビジネス英語」)
But sometimes I wonder what the future has in store as we go forward into new and uncharted territory.
(とはいえ、私たちが新たな未知の領域に進んでいくと、その先に何が
待ち受けているのだろうかと思うこともありますね。)
(12/04/06「実践ビジネス英語」)

yours truly → 私(自身) の使いどころがよくわかりません。
Wow, this new policy is going to be a bitter pill for many people to swallow, including yours truly.
(うわー、この新しい方針は、にとってもそうでしょうが、
多くの人にとって耐えなければならない嫌なことでしょうね。)
(11/12/28「実践ビジネス英語」)

*・… your host draws attention to the fact that you’ve left a lot of food on your plate
− 招いた側が、あなたのお皿に料理をたくさん残していることに注意を向けて、…
draw attention to … 〜に注目する
↑ は自分が何かに注意を向ける場合で、↓ は他から注意を引く場合
If they’re attacked, they should draw attention by screaming, kicking and running away.
(もし襲われたら、叫んだり、けったり、走って逃げ出したりすることで、注意をひくべきなのです。)
(08/09/24「実践ビジネス英語」)

*I hate seeing food go to waste.
− 食べ物が無駄になるのは見たくはありません
ほかに見たくないもの
I hate seeing people bored so I put on my thinking cap and hit upon an idea.
(私はつまらなそうにしている人を見るのが嫌なので、じっくり考えてみました。そして名案が浮かんだのです。)
(2015年 7月号 Our Magical World)

*But etiquette sometimes trumps common sense, I suppose.
− でも、エチケットは時に常識に勝る、ということでしょうね。
シソーラスによれば、outdo surpass と同意。
Rexworthy says that one strong reason for becoming healthy trumps a dozen excuses.
(レックスワージーによれば、健康的になろうという強い理由が1つあれば、
多くの言い訳を封じられるということです。)
(12/07/25「実践ビジネス英語」)

10/15放送分
フォーマルな夕食会でドギーバッグを頼んだ男性の話。
I think he was on shaky ground etiquette-wise.
− その人はエチケット的にはまずかったと思いますよ。
on shaky ground … 根拠があやふやで
かつての shaky は「ヒザのがくがく」。
I just ran up the stairs and my knees are shaky.
(階段を駆け上がっただけなのに、膝ががくがくしている。)
(09/07/05「英語5分間トレーニング」)

本日の重要項目:4


【モダン・ファミリー】
学校に行くマニーを車で送っていく時のジェイのセリフ。
「マニー 行くぞ
Let’s go kid. Back to the salt mine.

かつて習った時は複数形でした。
Back to the salt mines.
(仕事に戻りましょうか。)
(07/03/5・6「英会話入門」)
ジェイが(おそらく)70才は超えた男性だと思うので、
シニアが好む表現ではないか、という疑問あり。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I have to make a beeline for the restroom.
(私、トイレに直行しなくては。)
ユーモラスな表現なので、外国でトイレに行く前に言うとウケルかも。
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(2) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする