2015年10月29日

ripple through

10/22「実践ビジネス英語」

free upfree app は似てるな〜。

世界食料デーとは、
*It’s a global event with the aim of heightening awareness of hunger and malnutrition.
− その日には、飢餓と栄養不足に対する意識向上を目的とした
  世界的なイベントが行われます。
heighten 以外の動詞
We want to spread the word about importance of having quiet products, and to raise awareness of and find ways of reducing noise pollution.
(私たちは、静かな製品を持つことの重要性を広く伝えて、騒音公害削減についての認識を高め、その方法を見いだしたいと思っています。)
(15/04/15「実践ビジネス英語」)

A laudable goal.
立派な目的ですね。
10/21のビニェットでは、英国でドギーバッグを推進するキャンペーンが
I think that’s very commendable.
(それはとてもすばらしいことですね。)
と褒められていました。

Food waste is a complex issue that has all sorts of international ramifications.
− 食料廃棄物は、あらゆる種類の国際的な影響を及ぼす複雑な問題です。
一度だけメモ。
It’s also a contract with social and economic ramifications.
( (結婚は)社会的・経済的な問題も絡んでくる契約でもあるのです。)
ramification … (派生的に起こる)結果、問題
(10/10/14「実践ビジネス英語」)

一人一人が食品廃棄物を減らすために行動を起こせば
*・…, a positive effect would ripple through the system.
− よい効果が社会問題全体に広がっていくでしょう。
ripple through … 〜に波及する、〜に波紋のように広がる
連鎖反応( ripple effect )的な広がり。
連鎖反応の復習
domino effect / knock-on effect / chain reaction

*It would decrease the burden on the environment and free up resources that could be used in more productive ways.
− それによって環境への負荷を減らすことができ、
  資源を有効活用して、もっと生産的な方法で利用できるでしょうね。
free up … 〜を解放する、〜を有効活用する
ロングマンによれば make something available という意味。
It’ll free up a lot of space.
(それ(片付け)でたくさんスペースが使えるようになるわね。)
(11/08/05「英語5分間トレーニング」)
Believe it or not, that frees up $60 a month.
(信じられないかもしれないけど、それで月60ドルが自由に使えるようになるんだ。)
(07/12/18「徹底トレーニング英会話」)

*Well, as my mom used to say, be careful that your eyes aren’t bigger than your stomach.
− まず、母がよく言っていたように、
  目が胃袋より大きくならないように気をつけることです。
Your eyes are bigger than your stomach.
(食べると思って欲ばって取ってしまったのですね。)
入門ビジネス英語巻末「Business Vocabuilding」で初めて習った表現。

*And keep food waste out of the trash.
− それから、食品廃棄物をごみにしないことです。
食品廃棄物をごみに近づけないようにする。
熟語本なんかだと、部屋に入れない、みたいな例文が多いですよね。

本日の重要項目:5


【モダンファミリー】
不動産仲介業(a realtor)をやっているフィルが、
お客様に物件をすすめようと説明を始めます。
フィル:「では、3つのお約束を…」
Um, let me run through my three-pronged approach to selling

ドラマで使われているということは、わりと普通の単語なんですね。
Time was when people had a three-pronged retirement strategy: a pension, Social Security and personal savings.
(以前、人々には、3本の柱から成る退職後戦略がありました。つまり、年金、社会保障、そして個人の貯蓄です。)
(15/03/26「実践ビジネス英語」)

フィルの説明をさえぎるお客様の答え。
客:「家を売ってくれればいい」
I only need one prong. Sell the house.
-pronged」の本数は普通 twothree という常識から考えると、
このお客様のセリフはウィットに富んでいるってことになるのかも?


去年の今頃、10/22「実践ビジネス英語」
It showed in a very amusing way how much information about ourselves we share online without giving it a moment’s thought.
(私たちが何も考えずに、いかに多くの個人情報をオンライン上で
公開しているのかを、とても面白い方法で見せてくれました。)
何も考えずに、なのか、何かを考えて、なのか
さっそく自分のマイナンバーをネットに公開した人がいた、と聞いて、
やっぱり出たか…、と思いました。
posted by ラジ子 at 01:42| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする