2015年11月30日

tokenism

11/25「実践ビジネス英語」

「モダン・ファミリー」シーズン3、期待を裏切らない面白さ!

I think people are skeptical about claims on packages
− 私が思うに、人々はパッケージに書かれた宣伝文句を疑いの目で見ています。
パッケージラベルの claim(動詞)
When I scan the shelves at my local supermarket, I see all sorts of product labels claiming to support this or that good cause.
(地元のスーパーマーケットで棚を見渡すと、あれやこれやの
慈善活動を支援しているとするさまざまな製品ラベルが目に入ります。)
(15/11/18「実践ビジネス英語」)

*Let me play devil’s advocate for a bit with my earlier point.
− 私が先ほど指摘したことに関連して、あえて少しばかり反論させてください。
なぜか1度もメモしていなかった!
異議・反論関連表現
You can’t argue with numbers like those.
(そうした数字のすごさに異議はありません。)
(15/10/02「実践ビジネス英語」)
I can’t dispute your criticism.
(君の批判には反論できないよ。)
(11/05/08「英語5分間トレーニング」)

*All too often, campaigns like these strike the wrong note, no matter how well-intentioned they are.
− 往々にしてこのようなキャンペーンは、それがどれほど善意のもの
  あろうとも、人々の共感を得ないものです。
strike the wrong note … 見当違い[不適切]なことをする[言う]
「見当違いのことをしている」から共感を得ないってこと?
I say gamble because there was a risk that the ad could backfire if it struck the wrong note and added fuel to the fire.
(私が賭けだと言う理由は、広告に不適切なことを書いて
火に油を注いでしまったら、その広告は逆効果になる恐れがあったからです。)
(14/11/27「実践ビジネス英語」)

well-intentioned の仲間
I dislike the preachy tone of some advice, no matter how well-meant it is.
(私が嫌いなのは、たとえどれほど善意にあふれていても、
時として助言にある説教じみた口調です。)
(14/11/13「実践ビジネス英語」)
People may not see any danger in their well-intended “funny” emails, but all too often the recipients misconstrue them.
(よかれと思って書いた「おもしろい」メールは何の問題もないと
思うかもしれませんが、相手がそれを誤解することはあまりにも多いのです。)
(14/01/31「実践ビジネス英語」)

a form of tokenism建前[形式]主義の1形態
そういえば
a token Japanese-style room名ばかりの和室
token名ばかりの、ほんのわずかな;名目上の(ジーニアス)
を習ってました。
(07/09/21・22「英会話上級」)

*That kind of skepticism helps keep brands on their toes in a world
− … その種の不信感がブランド側に絶えず緊張感を持たせるのです。
on one's toes keep との組み合わせだと
「常に準備万端の状態にさせておく」という緊張感につながる。
Oh, it sounds like he wants to keep you on your toes.
(ああ、皆に気を抜かせたくないようだね。)
(11/08/15「ラジオ英会話」)

*But we should never lose sight of the fact that at the end of the day they are business deals.
− でも、それは結局のところ商取引だという事実を、
  私たちは決して見失ってはなりません。
But at the end of the day, I’m still an introvert.
(しかし、結局のところ、私はやはり内向的な人間です。)
(12/05/31「実践ビジネス英語」)
ネイティブっぽい表現。

本日の重要項目:4


【モダン・ファミリー】
母の嫌がらせにキレそうになって I’m gonna kill her.
と言いながら母に近づくクレアを止める弟のミッチェル。
「よせ パーティーをぶち壊すな」
MF big scene.PNG
The last thing I need is some big scene, Claire.

この last は応用範囲広し。
You’re the last person I thought I’d see in a place like this!
(君だけは、こんなところで会わないだろうと思っていたけど。)
(07/05/7・8「英会話上級」)

big scene は「人前で感情むき出しの大騒ぎ」
She’s going to cause a big scene!
(大騒動を引き起こすつもりだわ!)
(10/11/17「ラジオ英会話」)
big scene はクレアなら起こしかねない!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
... I think it’s part of human nature for people to take a kind of pleasure in hearing bad news that doesn’t affect them personally.
(... 自分自身には影響を及ぼさない悪いニュースを聞くことに、人が一種の喜びを感じるのは、人間性の一面だと思います。)
malevolent という単語は「他人の不幸を喜ぶ」という意味、
とブログに書いてありました。
ちなみに 反意語は benevolent (博愛の、情け深い)ですってよ〜。
posted by ラジ子 at 00:58| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

do someone a disservice

「実践ビジネス英語」

ひとりごとですが、
BUMP OF CHICKEN、紅白歌合戦出場
うれしーーーーい!

11/19放送分
コーズ・マーケティング・キャンペーンの中で、
うまくいくもの、いかないものの違いについて。
What kinds of metrics are we talking about?
− どういう種類の評価基準の話をしているのですか?
metrics … 評価[測定]基準
初めての単語。
別の表現
And by the same token, a thumbs-down from Jerry Baxter has been known to give ulcers to restaurateurs who don’t meet his high standards.
(そして同様に、ジェリー・バクスターに悪く書かれれば、彼の高い評価基準
満たせないレストラン経営者は打撃を受けるということも知られていますね。)
(09/12/16「実践ビジネス英語」)

*But when you partner with a charity, people have a better image of the brand.
− でも、慈善団体のパートナーになると、
  そのブランドに対する人々のイメージが向上します。
It’s been a pleasure to partner with you on this.
(一緒にお仕事ができてよかったです。)
(08/10/21「入門ビジネス英語」)
辞書の例文には、企業提携かテニスのパートナーが多かった。

11/20放送分
あるブランドのコーヒーを買えば、世界の飢餓を撲滅できるという印象を
会社が与えようとすれば
*・…, companies do themselves and their customers a disservice
− …、その会社は自らに対しても顧客に対しても
  かえってよくない結果を招くことになります。
do someone a disservice … (人)に害を及ぼす、(人)を傷つける
↑ って do someone good / harm と文の型がいっしょ

「逆効果」の英文
Sometimes giving advice can be counterproductive.
(時には、助言を与えることが逆効果を招く場合もあります。)
(14/11/13「実践ビジネス英語」)

cause-related marketing
社会問題に対する人々の意識を高めることによって、
*・… these campaigns make people more receptive to appeals from charities.
− 人々は慈善団体の訴えを受け入れやすくなるとも言えますから。
receptive to … 〜を受け入れて、〜に理解を示して
That tends to relax people and make them more receptive to your ideas.
(相手はリラックスしやすくなり、こちらの考えを受け入れやすくなりますから。)
(14/01/15「実践ビジネス英語」)
↑ は話し相手にほほえむことによる効果。

ウェンディさんのお仕事内容。
We help business and charities work out a total pre-agreed amount based on current sales.
− 企業と慈善団体が現行の売上高に基づいて、事前に合意しておく
  寄付総額を算出するお手伝いを、当社はしています。
work out … (費用など)を計算[産出]する

換算には work out to
毎年捨てられている、世界で生産される食品の3分の1の量、
That works out to about a billion tons of food.
(それは、食品の重さにすると、約10トンになります。)
(15/10/21「実践ビジネス英語」)
アメリカで1年間におよそ13万ドルの収入を得た1600万世帯、
That works out to one in eight households.
(つまり、8世帯に1世帯ですね。)
(15/06/10「実践ビジネス英語」)

本日の重要項目:3


【モダン・ファミリー】
仲が悪い実母が遊びに来て、機嫌が悪いクレアを気遣うフィル。
「クレアに キレそうになったら
僕の手を握れと言ったんだ」
MF lash out at.PNG
Half way through dinner, I told Clair that whenever she had the urge to lash out at her mother, she should just squeeze my hand instead.

managers who were so frazzled that they perpetually lashed out at employees
lash out at … 〜にかみつく、〜に食ってかかる、〜を厳しく非難する
(07/11/9・10「ビジネス英会話」)
怒りの矛先は at のうしろ。

ドラマでは、いかにクレアの怒りがすさまじかったかを物語る
フィルのセリフが続きます。
A doctor had to cut off my wedding ring.
「結婚指輪を切るハメに」
どんだけ、フィルの手を squeeze したんだ、って話ですけど、
クレアならあり得るんですよ〜。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
It seems like hardly a day goes by without some top executive having to eat humble pie.
(どこかのトップ管理職が自分の過失をわびることのない日は、ほとんどないようです。)
自分としては eat humble pie だけ覚える(「しか」覚えられないとも言う)。
posted by ラジ子 at 10:10| Comment(5) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

tug at someone’s heartstrings

「実践ビジネス英語」

真面目な人に受けそうな cause –related marketing の話題。

11/18放送分
ノリス・アソシエイツのウェンディさんに対する、ビルのあいさつ。
*I’ve heard nothing but good things about you and the work you do.
− あなたとあなたがなさっているお仕事について、いいお話ばかりうかがっています。
まずは、ほめる。
I’ve heard no end of good things about your firm, Marc.
(あなたの会社に関するいいお話はたくさんうかがっていますよ、マーク。)
(12/01/18「実践ビジネス英語」)

ウェンディさんによれば
*We want to explore other partnership opportunities in cause-related marketing.
− 私たちは、コーズリレイティッド・マーケティング分野で
  新しいパートナーシップの機会を模索したいと思っています。
explore … (可能性などを)探る
cause-related marketing は「慈善活動にかかわるマーケティング」(テキスト)

*When I scan the shelves at my local supermarket, I see all sorts of product labels claiming to support this or that good cause.
− 地元のスーパーマーケットで棚を見渡すと、あれやこれやの
  慈善活動を支援しているとするさまざまな製品ラベルが目に入ります。
↑ の scan は「ざっと見る」、↓ は「走り読みする」
Lutz and his friend, Bob are scanning the arts section of the newspaper, searching for a good movie.
(ルッツと友だちのボブは、おもしろそうな映画を見つけようと
新聞の芸術欄に目を通している)
(2001年「ラジオ英会話」)
「精査する」方の scan がブログに見つけられず残念。

claim (主張する) の主語が label なので、看板なんかの
It says 〜 の say と同じような使い方。

11/19放送分
*Isn’t there a risk that people will see these campaigns as cynical marketing ploys aimed at tugging at their heart and purse strings?
− こうしたキャンペーンは、人の誠実さにつけ込んだ
  マーケティング戦略で、心の琴線と財布のひもに訴えることを
  目的にしていると、人々が見なすおそれはありませんか。
別の ploy
That’s a common ploy for a swindler pretending to be a son or a grandson.
(それは、息子や孫を騙るという、詐欺師がよく使うですよ。)
(14/12/18「実践ビジネス英語」)
↑ の ploy は「おれおれ詐欺」でした。

tug at someone’s heartstrings … 心の琴線に訴える
06/09/4・5「ビジネス英会話」で習っていたようですが、
英文をメモしていなかった。
そもそも tug at 〜 で「〜を引っ張る」という意味。
Your dog tugged at my apron and wouldn’t let go.
(お宅の犬が私のエプロンを引っ張って離さないの。)
(11/03/30「ラジオ英会話」)

本日の重要項目:4


ついに、Hulu で、
「モダン・ファミリー」のシーズン3が
配信開始になったんですよー!
ほら、Lilyちゃんがこんなに大きくなってる。
MF 3rd.PNG
(見ていない人にはわかりませんが…)
すごく笑えてちょっとジーンとする「モダン・ファミリー」ワールド、楽しみ〜。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I’ve been reading up on cat behavior.
(私、このところ猫の行動について調べているの。)
猫とか犬とかインコとか、動物がいっぱい出てきていたようなので、
動物の週だったのかな?
posted by ラジ子 at 12:22| Comment(4) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする