2015年11月04日

wick away

「実践ビジネス英語」

10月号 Our Magical World より。

EARWAX
↑ はテキストでは「耳かす」と訳されていました。
*・… a bamboo ear pick with a scooper on one end and a soft down puff on the other, …
− 一方にすくう部分、もう一方の先に
  柔らかいふわふわの羽毛がついた、竹の耳かき
ear pick のカーブのついた部分が scooper

動詞の scoop
Scoop out the meat, and that's what you get.
(肉をかき出すと、それが出てくるの。)
(06/05/17 「徹底トレーニング英会話」)
↑の英文はウニついての説明。

別の意味の scoop
A weekly magazine scooped all the news papers with this story.
(週刊誌がこの記事ですべての新聞を出し抜いた。)
(「英語5分間トレーニング」2011年2月号Word of the Day)

似ている単語
Scoot over, Pookie!
((席を)詰めて、プーキー!)
(11/06/28「ラジオ英会話」)

耳の中の掃除に耳かきを使うと聞いたリサさん。
*I cupped my precious ears as if to protect them and shrieked, “Why wouldn’t you use cotton swabs?...
− 私は大切な耳を守るかのように両耳を手で覆って、キャッと叫びました。
  「なんで綿棒を使わないの?…」
cup → 〈手など〉を杯状にする、〜を杯状の物の中に入れる
手を丸くすることがポイント。
The guide is cupping his hands around his mouth so everyone can hear him.
(ガイドは全員に聞こえるように両手を丸めて口に当てている)
(13/10/07「ラジオ英会話」Try It in a New Situation!)
cup water from a brook だと「小川の水を手ですくう」(ジーニアス)
なるほど。

cotton swab はアメリカ英語らしい。

When I stick a cotton swab in my ear, I can hear the wax being wicked away.
− 私が綿棒を自分の耳に入れると、耳かすが吸いとられるのが聞こえます。
wick で辞書を引くと「(ろうそく・ランプなどの)芯」と書いてあって、
動詞が見当たらないのですが、プログレッシブに
「ガーゼ芯:傷口に入れ浸出液を排出させる
と書いてあったので、ここからの派生と思われます。
wick away moisture → 水分を吸い取る、水分を逃がす(テキスト)
選択肢の trap sweat は「汗を閉じ込める」なので、ある意味反意語。

本日の重要項目:2


【モダンファミリー】
パートナーのミッチェルが、学生時代に女の子にモテたと自慢するので、
負けじとキャメロンも応戦。

「僕も鶏舎に女の子を連れ込んだ」
I, too, took my fair share of ladies to the hen house.

one’s fair share で「公正な分け前」という意味と、
「(予想外に)多くの〜」というニュアンスもあるそうです。(プログレッシブ)
We do our fair share of roadwork too.
(私たちもそれなりに出張をしますからね。)
(07/07/16・17「ビジネス英会話」)

自分もそれなりの人数の女の子と付き合った、
というキャメロンの自負が感じられるセリフではありますが、
実はウソでした…。

あと、modern family」公式ウェブサイトを見ると、子役の成長が著しいですね〜。
ルークなんか丸顔だったのになぁ…。(最新画像では、ウエンツ瑛士似)
その反面、マニーがほとんど変わってないのは、さすが若年寄!


去年の今頃、「実践ビジネス英語」Our Magical World
I repeated under my breath, “slender and fragile.” Oh, that was music to my ears!
(私は心の中で繰り返しました。「かぼそくて、壊れそうな」
うわっ、なんて心地よく響く言葉なんでしょう。)
たしか、レンタカーを借りる時に、slender and fragile なリサさんに
似合う車を用意する、とか言われて喜んだ、話だったような…。(おぼろげ)
posted by ラジ子 at 11:35| Comment(3) | Our Magical World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする