2015年12月04日

peer

「実践ビジネス英語」

11月号 Our Magical World より。

ECLIPSE ABOVE THE CLOUDS
リサさんを含め、日食を見るために飛行機に乗り込んだ人々の話。
*Cameras in hand, people were peering out the window, excited and talking with one another.
− カメラを手に、ワクワクしてお互いにおしゃべりしながら、
  窓の外を見つめていました。
peer … 凝視する、じっと見る
We’re too busy peering at our silly digital devices to make eye contact with each other.
(私たちは、つまらないデジタル機器をのぞき込むのに忙しくて、
お互いにアイコンタクトを取ることもしません。)
(13/08/29「実践ビジネス英語」)
stare に近い感じだけど、stare の方は感情を伴って「じっと見る」例文が多かった。
She stood there staring blankly into space.
(彼女はぼんやりと空(くう)を見つめてそこに立っていた。)
(2010年3月「英語5分間トレーニング」Word of the Day)

実際に飛行機の中から見えたのか?
*Ha ha―it was overhead, and not really visible from the side of the plane where the windows were located.
− ハハ―日食は頭上でした。窓のある飛行機の側面からは、
  あまり見えなかったのです。
Ma’am, your bag needs to be stowed in the overhead compartment.
(あの、バッグを頭上の荷物入れにしまっていただく必要があるのですが。)
(08/07/10「ラジオ英会話」)

単語を分解した熟語
It’s over my head.
(歯が立たないんだ。)
(15/09/08「ラジオ英会話」)

なんとかして日食を見ようとする人々の努力。
*People had their cheeks and foreheads pressed up against the windows peering up.
− みんな、ほおと額を窓にギュッと押し付けて、上の方を見ようとしていました。
「モダンファミリー」、ローカールームで着替え中に
ジェイのお尻と自分のお尻がぶつかったキャメロンのセリフ。
「お尻でゴツン」
Our butts pressed against each other.
(4/17のエントリー)

そしてあきらめ…
We were one big family laughing at our predicament.
− 私たちは、自らの困った状況を笑っている1つの大きな家族でした。
find a way out of her predicament … 苦境から逃れる方法を探す
(09/05/20「実践ビジネス英語」)
この単語も久々。

SACRED FERN
NZでハイキングをしていた時、ガイドが指したシダを見てリサさんが思ったこと。
・… something that would make my skin burn or itch if my skin were to rub against it.
− 皮膚をこすると皮膚がただれたりかゆくなったりするもの…
ここの burn は「ヒリヒリする」、という感じかな。
同意語
That smarts!
(ヒリヒリする!)
(10/04/27「ラジオ英会話」)
状況がわからないのですが、ベーコンを焦がした話だったのでやけどかも?

後半部分は大嫌いな仮定法…。
If 主語 were to do → 実現性がない、あるいは実現性が乏しいと話者が考えている仮定
And if I feel like I need to unload emotionally, I first ask myself whether they might consider it presumptuous if I were to suddenly bare my soul to them.
(そして、だれかに打ち明けないと気持ちが収まらないなら、
まずは自分の胸にこう聞いてみます。もし自分が心の内を突然シェアしたら
相手はそれをぶしつけだと思う場合があるだろうか、と。)
(14/10/17「実践ビジネス英語」)
↑ この日は
unload … 悩み[情報など]を打ち明ける
presumptuous … 無遠慮な、生意気な
bare one’s soul … 心境を打ち明ける
に注目して、仮定法はスルー。

本日の重要項目:3


文法の勉強があまり好きではない私が、たまに開く本がこれ。
使える英語構文 (CD book) -
使える英語構文 (CD book) -
だいぶ昔に買った本ですけど、まとめ方がキッチリしていて
読みやすいので、今でも必要に迫られた時に頼りにしています。
実は今回も ifwere to の確認のために開きました。
例文からひとつ。
If I were to be reborn, I would want to be a pianist.
(もし仮に生まれ変われるとしたら、私はピアニストになりたい)
上野先生によれば実現の可能性の低いもののほかにも、
ただ単に「もし仮に〜したら」と仮定する場合にも使われるそうです。
帰結説は would / should / could / might + 動詞の原形
だそうなので、仮定法過去と同じように使えるみたいですね。

あー、何年勉強していても、好きになれないなー、仮定法...。


去年の今頃、11/27「実践ビジネス英語」
It turned public opinion around in the carmaker’s favor.
(それが、世論を自動車メーカーに好意的なものに転換させたのです。)
会社の失敗を、謝罪で好転させた自動車メーカーの例でした。

*Daddyさん、ありがとうございます!
posted by ラジ子 at 11:10| Comment(0) | Our Magical World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする