2015年12月10日

good-humoredly

12/2「実践ビジネス英語」

梅村から会話スタート。
A funny thing happened on the way to the office this morning.
− 今朝、オフィスに来る途中でおかしなことがありましたよ
おもしろエピソードを披露する時の定番らしい。

急いでいたのでエレベーターの「ドアを押さえてください」と頼んだら
・… a middle-aged man in the elevator swung his arm between the doors and let me in.
− エレベーターの中にいた中年の男性がドアとドアの間に片腕をさっと入れて
  私を中にいれてくれたのです。
swing には動きの速さを感じる。
She swung the door open.
(彼女はドアをさっと開けた)(ジーニアス)

ちょっと変わった swing
I don’t know if I can swing this interview.
(このインタビューをうまくやれるかどうか自信がなくて。)
swing … うまくやる
(10/04/05「ラジオ英会話」)

good-humoredly … 愛想よく、上機嫌で
amiably とか sociably に近いでしょうか。

セールス・ピッチの始まりですね、とライオンズに言われて
*Yes, it really took me by surprise.
− そうなのです、まったく不意をつかれました
受動態
Dan is taken by complete surprise.
(ダンは心底びっくりしている。)
(09/06/30「ラジオ英会話」Try It in a New Situation)

類似表現
That really caught me off guard!
(不意を突かれて(慌てて)しまいました!)
(14/12/09「ラジオ英会話」)
不意をついたのは「雷」。

The guy tried to pitch me a life insurance policy
− その男の人は私に生命保険を売り込もうとしたのです。
最近は sell よりこっちの方が流行っているのでしょうか?
I pitched my idea to Touchdown Pictures.
(私、タッチダウンピクチャーズにアイデアを売り込んだの。)
(15/09/30「ラジオ英会話」)

*That’s a bit in-your-face, isn’t it?
− それはちょっと強引ですよね。
They’re a lot better than taking the in-your-face approach ...
(強引な方法を取るよりも、ずっといいですよ。)
(13/03/27「実践ビジネス英語」)
forceful より意味的にはマイルドな感じがする。

*Well, you’ve got to give the guy full marks for effort.
− いえ、その男性には、努力に対して満点をあげるべきですよ。
理由は for の後ろ。
Well, I give full marks to Jim for sheer spunk.
(それはともかく、ジムの純粋な意欲に満点をあげますよ。)
(14/11/05「実践ビジネス英語」)

*・… when he had a chance to do business.
− ビジネスの機会があれば…
文字どおり、「仕事をする」機会があれば。
do との便利な組み合わせ
Why don’t we do lunch today?
(お昼、一緒にランチを食べない?)
(11/11/27「英語5分間トレーニング」)

本日の重要項目:4


【モダン・ファミリー】
予定変更表現。
「カーラとの約束は延期したよ」
Just you know, I rescheduled with Carla,
I penciled her in for the 12th


Could you pencil me in for Tuesday at nine?
(いちおう火曜日の9時に予定を入れていただけますか?)
pencil in … いちおう予定に入れておく
(09/10/27「英語5分間トレーニング」)

pencil in に関しては ↑ の後、偶然ポッドキャストで再会して
すごく驚いたので記憶に残っています。
I’m James Barron with this preview of stories the editors have penciled in for Tuesday’s front page.
(火曜日の一面記事用編集者がとりあえず書いた記事の予告編を James Barron がお送りします)
pencil something in … 後で書き直さなければならないかもしれないことをとりあえず書く
(09/10/28のエントリー)
ばっちもんがらさんも書いていたけど、
やっぱりこういうのを覚えるのって、何度も出会うことが大切。
もちろん努力も必要だけど…。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I’ll have to grin and bear it.
(笑って耐えるしかありません。)
ニュースリポートにて、
クマに夕飯用のマスを持って行かれた人のダジャレ。
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする