2015年12月14日

It takes me back to

「ラジオ英会話」

クリスマスツリー選びの週。

12/7放送分
How do I go about choosing a Christmas tree?
− クリスマスツリーを選ぶにはどうすればいいですか
go about ing … 〜をする
覚えられる気がしない表現...。
How do we go about finding the mushrooms?
(そのキノコを見つけるにはどうすればいいの?)
(12/11/15「ラジオ英会話」)

最初は make for も覚えられないと思ったけど、
今は覚えたから不可能ではないはず。
Sure (this lovely spring weather) makes for a pleasant change, doesn’t it?
(まずは心地よい変化となりそうですね。)
(13/04/03「実践ビジネス英語」)

12/8放送分
バルサムモミ(balsam fir)の木は
It has strong branches that can support lots of ornaments.
− 枝が強く、飾りものをたくさんつるしても大丈夫なの。
自分だったら support は思いつかなかったなぁ。
It has strong branches that you can hang lots of ornaments on.
のように、hang を使いたくなる。

*It takes me back to my childhood!
なつかしい子供時代を思い出します
過去を思い出す表現だと、私はこれ ↓ ばっかり…。
The smell of the bakery brought back all the sweet memories of my childhood.
(パンやのにおいが子供の頃の楽しい記憶を呼び起こした)
(09/04/23「実践ビジネス英語」)

12/9放送分
What’s the going price for a Christmas tree today?
− クリスマスツリーは今、時価でどのくらいですか?
↓ は七面鳥の値段について
That’s the going price these days.
(それが最近の相場よ。)
(13/11/05「ラジオ英会話」)

Our trees run around ten dollars a foot.
− うちのツリーは1フィートで10ドルほどよ。
run → ある数量に達する(テキスト)
runaround が合体すると、電話などの「たらい回し」。
I’ve been getting the runaround all day.
(一日中ずっとたらい回しにされてるんですから。)
(12/01/07「英語5分間トレーニング」)

12/10放送分
サンタがエディー・サトウを手伝うと申し出てくれたので、
But you’re going beyond the call of duty.
− しかしここまでなさらなくてもいいのではありませんか。
今まで3回のメモは、すべて above 付き。
I always made a point of being willing and able to take on work above and beyond the call of duty.
(私はいつも、職務の範囲を超えた仕事を嫌がらずに引き受けられるようにしていました。)
(13/07/11「実践ビジネス英語」)

本日の重要項目:1


【モダン・ファミリー】
男と女の認識の違いをよく表した会話。
スパで大勢の女性に、妻クレアとの問題を相談するフィル。
MF symathetic ear.PNG
フィルOkay, I’m confused.
You’re saying that if she tells me she has a problem, I’m not supposed to help her?

(わからないな、妻が困ってても助言するなと?)
(中略)
女性1She doesn’t want you to solve her problems.
She just wants you to give her support so that she can solve her problems herself.

(奥さんは解決法ではなくてサポートを求めてるの)

女性2Sometimes she just wants a sympathetic ear.
(そう、ただ話を聞いてほしいだけなのよ)

We lend them a sympathetic ear, as it were.
(私たちは言ってみれば親身になって彼らの話を聞くわけです。)
(15/04/16「実践ビジネス英語」)

アメリカでも日本でも、男性の皆さんは、女性のグチに対して
すぐに「ああしろ、こうしろ、そうすれば解決する」と言いがちのようです。
が、大事なことは、まず話を聞いてあげて
「君もいろいろたいへんだな」と共感すること。
「どうしたらいいと思う?」と聞かれないかぎり、
具体的な解決方法の提示は不要なんですよ。
男性脳、女性脳は万国共通のようです。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
He’s making the best of what he calls his late autumn years.
(父の言う人生の晩秋を、精いっぱい生きていますよ。)
「精いっぱい」って言葉、いいな〜。
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする