2015年12月16日

segue into

12/9「実践ビジネス英語」

飛行機の中で世間話からビジネスを獲得していた達人の話の続き。

But instead of letting the small talk devolve into a discussion about sports or the weather, he used his elevator pitch to segue into a conversation that eventually led to business.
− ただし、その世間話をスポーツやお天気の話に移す代わりに、
  彼流のエレベータ・ーピッチを用いてスムーズに話題を変え
  ついにはビジネスの話に持っていったのです。
devolve … 移る、移転する、レベルを下げる
ヘザーさんによれば、degenerate とか deteriorate と同意。
de の下降感ゲットしておく。
descend / debase / dethrone / deduct

segue into … 〜に途切れずに移行する
segue の発音が「セグウェイ」だったのにビックリ。
The conversation segued into banter about the Cup Final.
(会話はワールドカップの決勝に関する冗談に途切れずに変わった)
(ロングマン)
seamlessly / smoothly な移行。

*mantra … 決まり文句、モットー
Today's mantra is "scrimp and save" or "scrape up some cash."
(このところ「節約してお金をためよう」とか「お金をひねり出そう」が合言葉になっています。)
(09/04/03「実践ビジネス英語」)

When you make this kind of prepackaged pitch, …
− この種のパッケージ化された売り込みをする際は、…
出来上がった、すぐに使える、という用意周到感。
ちょっと似ている「お決まりの」だとこんなの ↓ がありました。
I had my regulation smoothie and bowl of granola bright and early too.
(私も朝早くに、お決まりのスムージーとボウル1杯のグラノーラですませましたよ。)
(15/09/30「実践ビジネス英語」)
cut-and-dried … お決まりの、型にはまった
(2011年7月「英語5分間トレーニング」Word of the Day)

ライオンズの元上司の話。
*He was also good at differentiating his company from other firms when he was making his pitch.
− 彼はまた、売り込みをしている際に、
  自分の会社他社と差別化することにも長けていました。
他の差別化表現
... now’s the time to take a calculated risk and offer unusual, upscale products to set themselves apart from the rest of the herd.
(ひしめく同業他社との差別化を図るため、今こそ、リスクを承知で賭けに出て、独自の高級品を提供すべきだ)
(11/02/10「実践ビジネス英語」)

unique selling proposition … 独自の売り(の提案)、差別特性
ビジネス用語とのこと。

本日の重要項目:2


【モダン・ファミリー】
ジェイがマニーに、初対面の印象を質問しています。
ジェイ:「私の第一印象は?」
I thought you liked me when I first showed up.
だいぶ意訳されていますね。

マニー:「名前を覚える気もなかった
Please. For the first month, I didn't even bother to learn your name.

今まで 「わざわざ〜したくない」だと can’t be bothered to が多かった。
We can’t be bothered to write proper English.
(私たちはわざわざ適正な英語を書く気になれないのです。)
(15/04/30「実践ビジネス英語」)
ニュアンスに違いがあるのかもしれないけど、
don’t bother to でもいいなら、こっちの方がラクチン。


去年の今頃、「ラジオ英会話
That really caught me off guard!
((雷に)不意を突かれて(慌てて)しまいました!)
この間学習した、別の「不意をつかれて」は
Yes, it really took me by surprise.
(そうなのです、まったく不意をつかれました。)
(12/2「実践ビジネス英語」)
posted by ラジ子 at 11:50| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする