2015年12月23日

pretense

「実践ビジネス英語」

「スウェットワーキング」っていう新しいことばが出てきましたね。

12/16放送分
*・…, I had a vigorous session of sweatworking today, followed by a shower.
− きょうは精力的にスェットワーキングをこなしてから
  シャワーを浴びてきました。
なかなか、順番をこうは言えません。
The Japanese were followed by the Germans and Britons who were tied for the second place, followed by the Canadians and the Swiss.
(2008年6月30日のエントリーの過去のニュースより)
日本人の次が同点でドイツ人とイギリス人、その次がカナダ人、スイス人でした。
この順位はホテルで働く人がつけた、各国の観光客のランキング。

The new normal is to make contacts over a post-workout smoothie instead of schmoozing during a three-martini lunch.
− この新しい常識は、マティーニ3杯付きのぜいたくなランチを
  とりながらおしゃべりする代わりに、トレーニングのあとで
  スムージーを飲みながらコネクション作りをすることですね。
smoothieschmooze は、ただのダジャレにしたかったとか?
schmooze … おしゃべりをする
Schmoozing isn’t in my DNA.
(もともとおしゃべりな性格ではありません。)
(12/05/25「実践ビジネス英語」)
schmuck と同じ Yiddish の言葉。

*・…, wining and dining clients has given way to quality face time on the treadmill or the racquetball court.
− クライアントを飲食接待することが、トレッドミルの上で、
  あるいはラケットボールのコートで人と会って話をする充実した
  時間に取って代わられたのです。
replace とは主語と目的語の位置が逆。
I’d like to welcome Sue Kim who has replaced Fiona Finch as our new admin assistant.
(こちらがフィオナ・フィンチの後任の新しいアシスタント、スー・キムです。)
replace … 〜の後任となる、〜に取って代わる
(08/11/19「実践ビジネス英語」)
take the place of というのもありました。

Mad Avenue … 広告業界
Mad Madison の略(テキスト)

広告業界の人たちは
*They like to take credit for setting new trends.
− 彼らは、新しい流行を作り出すのは自分たちだと思っていたいのですね。
take credit for … 〜を自分の手柄にする
日本人的には ↓ のようなセリフが好まれる。
I can’t take all the credit.
(手柄を独り占めすることはできません。)
(14/12/16「ラジオ英会話」)← 今回の「去年の今頃」とおんなじ日。

12/17放送分
スウェットワーキングは
*And it’s a great way to break through formalities and get to know a person much better.
− それに、よそよそしい態度を取り払って
  相手をもっとよく知る方法として、うってつけですよ。
break through … (内気・遠慮・憎しみなど)をなくす(ジーニアス)
It was difficult to break through Mary’s reserve.
(メリーが遠慮しているのを打ち解けさせるのは難しかった)
(ジーニアス)
If you let stress get to you, you’re far less likely to break through the kind of mental logjams that impair creativity and come up with innovative ideas.
(ストレスに悩まされるままでいては、創造力を損なう精神的な行き詰まりを打破して
斬新な考えを思いつくことなど、到底無理でしょう。)
(12/03/07「実践ビジネス英語」)

formality つながり
Let’s skip formalities. 
(形式的なことは飛ばして、中味に入りましょう。)
(08/03/26・27「ビジネス英会話」)

There’s not a lot of room for pretense when you’re wearing your gym clothes and sweating after a good long workout.
− トレーニングウェアを着て、かなり長い時間トレーニングをしたあとで
  汗をかいている時には、気取っている余裕はあまりありませんからね。
pretense … 見えを張ること、見せびらかし
形容詞
Although some people find this trend pretentious.
(中には、この風潮をもったいぶったものと考える人もいます。)
pretentious … もったいぶった、見えを張る
(14/03/12「実践ビジネス英語」)

本日の重要項目:4


イディッシュの接頭語 schm を普通の英単語につけて
面白おかしく使う用法をヘザーさんが12/16に教えてくれました。
高額のサラリーの仕事を断った人に向けて、
Noble schmoble. Give me the money!
「Noble が何さ、そのお金を私にちょうだいよ!」
と言う、みたいな例文でしたが、
その法則に則った英単語を習っていたことに気づきました。

It’s nothing fancy-schmancy.
(すごく凝ったものとかそういうものではまるでないんで。)
fancy-schmancy … すごく凝った、飾り立てた
(13/08/08「ラジオ英会話」)

映画やドラマで「なんちゃら schmなんちゃら」って聞こえてきたら
このバリエーションの可能性大!
しかし、気づけるだろうか…?


去年の今頃、「ラジオ英会話
That could dampen the Christmas spirit.
(それがちょっぴりクリスマス気分を削ぐかも。)
↑ の「それ」は買い物のため、レジの前に並ぶ長い列のこと。
dampen の代わりに throw a wet blanket on/over でもいいかも。
posted by ラジ子 at 13:37| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする