2015年12月28日

pumped-up

12/23「実践ビジネス英語」

テキスト59ページに bowel movement のことが書かれているのに気付いて、
ちょっとビックリした年末。

singles barシングルズバー(独身男女がデートの相手を求めて集まるバー)
要は「独身者向けの」ということ。
似ている単語
... he thought of hanging out a shingle as an accountant.
(会計事務所を開こうと思い立った)
hang out a shingle … 開業する、看板を掲げる
(09/11/09「実践ビジネス英語」)

watering hole … 酒場、飲み屋
初めて知ったのが2000年度の「ラジオ英会話」。
No week is complete without a drink at the agency watering hole.
(代理店連中の行きつけの飲み屋で一杯やらないと、一週間が終わった気がしないのよ。)

・… people who like to be active but don’t like the pumped-up atmosphere of a gym.
− 体を動かすのは好きだけれど、やる気満々のジムの雰囲気が嫌いな人たち…
pumped-up … アドレナリンによる高揚感に満ちた、気合いが入った
バラして使うのもあり。
And the whole team is pumped up for it.
(そして、チーム全体が試合に向け気合が入っているんだ。)
be pumped up … 気合が入って、やる気になって
(10/03/09「英語5分間トレーニング」)
Ready to get pumped up?
(筋肉を鍛え上げる準備はいい?)
pump up … (ボディービルで)筋肉を盛り上げる
(1999年度「ラジオ英会話」)

And it’s much more conducive to both calm reflection and brainstorming.
− それに、ウォーキングのほうがはるかに、静かに考えることも
  ブレインストーミングもしやすくなるのです。
conducive to … 〜につながる、〜を促す
I wanted to talk with her but the situation was not conducive to turning around and doing so, …
(私は彼女と話したかったけれど、その状況では、後ろを向いてそんなことをするのは困難でした。)
(「実践ビジネス英語」 6月号 Our Magical World )
個人的に、覚えにくい系単語。
Keeping early hours is conducive to good health.
(早寝早起きは健康への近道)(プログレッシブ)

*Walking with someone helps you get past formalities and break through inhibitions.
− だれかとウォーキングしていると、堅苦しさから脱しやすくなり、
  開放的な気持ちを持ちやすくなります。
get past … 〜を切り抜ける、〜を乗り越える、〜を逃れる
And very often, the motivation for getting past your excuses is right in front of your nose, ...
(そして、言い訳をかわす動機は、往々にして自分のすぐ目の前にあるのです。)
(12/07/25「実践ビジネス英語」)
12/17の放送分に
break through formalities(よそよそしい態度を取り払って)
というセリフがあったことを考えると
break throughget past はニュアンスが近そう。

inhibition … 抑制、抑圧
という意味なので、un がついた形容詞は抑圧無しの状態。
Well, just think of them as artistically uninhibited!
(ねぇ、マンガは芸術的な制約を受けないものとして考えてごらんよ!)
uninhibited … 制約のない、自由な
(08/03/10・11「英会話上級」)

本日の重要項目:1


【モダン・ファミリー】
結局、指導をしたミュージカルが失敗に終わり、
しょげるキャメロンがミッチェルに気持ちを吐露する場面。
MF make a fool.PNG
It must have been really hard for you to be supportive while I made a fool out of myself.

↓ は、部長宅で失敗したくないというセリフ。
I don’t want to make a fool out of myself.
(ばかなことはしたくないわ。)
make a fool out of oneself … ばかなことをする、恥をかく
(12/06/19「ラジオ英会話」)

基本的に、「モダン・ファミリー」では、それぞれが失敗したり、
恥をかいたりの連続だけど、それをみんなで乗り越えていくところに、
家族のよさがある、というのが人気の秘密なんだろうと思います。


去年の今頃、12/18「実践ビジネス英語」
Your granny is obviously on the ball.
(あなたのおばあちゃんは間違いなく機敏に対応できる方ですね。)
おれおれ詐欺を未然に防いだおばあちゃん、ご立派!
posted by ラジ子 at 11:22| Comment(6) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする