2016年02月11日

on autopilot

「実践ビジネス英語」

08/12/11「実践ビジネス英語」にて、杉田先生の
verge on ライバル →「ほぼ名誉毀損
の説明を rival と間違えてから、約8年後、
また libel rival と思ってしまった自分...。

2/4放送分
*Just the handful of reporters who write on autopilot, changing a few details to churn out the same basic articles they’ve written a thousand times.
− 心配すべきなのは、自動操縦状態で書くほんの一握りの記者です。
  彼らはいくつか細かいところを変えるだけで、それまで幾度となく
  書いてきたのと同じ定番記事を量産しているのです。
handful のもうひとつの意味
Pookie, you’re such a handful!
(プーキー、お前は本当に手が焼けるわね!)
handful … 手が焼ける人・動物、手に余る人・動物
(12/12/12「ラジオ英会話」)

on autopilot … 自動操縦状態で
脳を意識的に使う必要がないという点では automatically といっしょ。
In everything―learning a foreign language or driving a car―it is necessary to practice until you can do it automatically.
(外国語を勉強するとか車を運転するとかいったあらゆることにおいて、
無意識のうちにできるようになるまで練習することが必要である)
↑ 大学受験問題集で見つけた英文。

churn out … 量産する
攪拌機のイメージ
胃の中が churn すると
When I think about it my stomach starts churning.
(考えただけで胃がかきむしられる感じ。)
(06/08/4・5「英会話上級」)
 ↓の本にも載っています
自由自在の英会話 遠山顕の英会話上級 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)

People who write like that offer little in the way of original insight.
− そのように記事を書いている人が、独自の視点による内容を
  打ち出すことはほとんどありませんね。
in the way of … 〜については、〜の点では

in the way ofで「〜の邪魔になる」という意味もある。
Work shouldn’t stand in the way of your parental duties.
(仕事のせいで親としての務めがおろそかになるといけないわ)
(1998年度「ラジオ英会話」)

2/5放送分
*So what you’ re saying is that sometime in the not-too-distant future a robot is going to win a Pulitzer Prize.
− では、あなたのお話では、いつかそう遠くない将来に
  ロボットがピュリツァー賞に輝くだろう、ということですね。
なんか聞いたことあると思ったら、習ってた。
I think my wife and I might well be up for a voluntrtourism trip sometime in the not-too-distant future.
(妻と私はおそらく、そう遠くない将来
ボランツーリズムの旅をしたくなるだろうと思いますよ。)
(12/03/22「実践ビジネス英語」)
in the near future の方がカンタン。
in the not-too-distant past という表現もある。(ヘザーさん)

Android lawyers might actually be an improvement on the flesh-and-blood variety.
− 人型のロボット弁護士は、むしろ生身の人間の改良版かもしれません。
「肉親」という意味もある。
She’s our own flesh and blood after all.
(何がどうあれ、彼女は僕たちの肉親だからね。)
(13/04/08「ラジオ英会話」)

・… drones and other machines are increasingly deployed in reconnaissance and combat missions.
− ドローンやほかの機械は、
  偵察任務や戦闘任務での配備が進んでいるからです。
deployed in … 〜に配備[配置]される
過去の deploy
Maximum effort is deployed to find those youngsters, ...
(そうした子供たちの捜索に懸命の努力がなされていますが、...)
be deployed … 展開される
(08/09/17「実践ビジネス英語」)
戦争関連の用語のようです。

reconnaissance … 偵察
お初、いかにもフランス語出身という感じ。

本日の重要項目:2


【モダン・ファミリー】
ただ日本語にするだけでは味わえない英語のセリフの一例。
ゲイであるミッチェルおじさんへの、悪意のないルークのひと言。
MF live in the closet.PNG
Grandpa said you used to live in the closet.
come out of the closet … 同性愛者であることを公言する
のバリエーションではありますが、
字幕にするとなると、時間の関係で長々説明もできず、
このクスッと笑えるセリフも普通の日本語の文章になってしまうな…。


去年の今頃、1月号 Our Magical World
... animals can have a pretty good idea of where something is coming from without having to adjust their heads, ...
(動物たちは頭を動かさなくても、何かがどの方向から来るのかを大体察することができる...)
have a pretty good idea of … 〜についての大体の見当[察し]はつく
これを聞いてピンとくるようになるまでの必要遭遇回数、
最低、5回は欲しい。
posted by ラジ子 at 09:48| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする