2016年02月16日

elbow out

2/10「実践ビジネス英語」

snake-shaped robot(ヘビ型ロボット)を聞いて思い出すのは、
日本人ならやはり cat-shaped robot ですよね。

*Getting robots to handle mundane tasks could give us humans more quality time.
ありふれた仕事をロボットにやらせれば、私たち人間は
  有効に使える時間を増やせるかもしれません。
久々の mundane
そういえば、1週間のうちで一番平凡でありふれているのは Monday()
みたいなダジャレを考えたことがあったっけな。
(07/11/5・6「ビジネス英会話」)

ロボットに頼り過ぎた人間の将来。
・… we might get fat and lazy if we start to rely too much on our mechanical helpmates.
− 機械仕掛けの助っ人に頼りすぎるようになると、私たちは
  太って怠け者になってしまうかもしれません。
その通り!
helpmate … 助っ人、協力者、仲間
時代劇で使われるような古い言葉。(ヘザーさん)
ゆえに、あまり使わない方がよさそう。

*Robots’ steady advance will have enormous repercussions in the workplace too.
− ロボットの着実な進化は、
  職場にも計り知れない影響をもたらすでしょう。
repercussion は「悪い」影響に使われる。(ヘザーさん)
↓ は、捨てゼリフを残して会社を辞めたりする場合の影響。
It’s certainly cathartic, but there can be long-term repercussions.
(確かにそれで気は晴れますが、あとあとまで悪影響を及ぼすことにもなりまねません。)
(13/06/20「実践ビジネス英語」)

*・… close to half of the workers in the U.S. are at the risk of being replaced by robots or computers.
− … 米国の半数近い就労者がロボットやコンピュータに取って代わられるおそれがある
at the risk of と聞くと
at the risk of sounding (like) 〜 → 〜と思われるのは承知で言うのですが
がパッと浮かびますが、それ以外の英文もありました。
But at the risk of over-generalizing, I think that in most cases the pluses of pet ownership for kids outweigh the negatives.
(しかし、一般論にすぎるかもしれませんが、たいていの場合、子供のために
ペットを飼うことのプラス面は、マイナス面より多いと思います。)
(13/08/03「実践ビジネス英語」)

いつかロボットに取って代わられる職業の研究によれば
It says robots will probably elbow out paralegals, administrative workers, telemarketers and a whole host of other white-collar folks.
− それによると、恐らくロボットは、弁護士補佐、管理部門の職員、
  テレマーケターなどたくさんの事務系職員を追い出すだろうとのことですよ。
elbow out … 〜を放逐する、〜を追い出す、〜を押しのける
ジーニアスには
elbowaside / out of the way で載っていました。

a whole host of … 多数の、たくさんの

本日の重点項目:3


【モダン・ファミリー】
ジェイの愛犬が自分の靴ばかりを噛むので、腹が立って
ジェイの靴を自分が噛んでしまったグロリアの言い訳。
MF reduce.PNG
You have reduced me to a person who eats a shoe.

ちょっと使役的な圧力を感じる単語、reduce が使われていました。
(He) actually reduced her to tears.
(実際、彼女を泣かせてしまいました。)
(09/06/19「実践ビジネス英語」)

グロリアに「落ち着いて話し合おう」と提案するジェイ。
I’m not talking to you like you’re a dog.
と言った後で
MF get to the bottom of.PNG
I'm just asking you to sit so we can get to the bottom of this.
和訳は「犬扱いなどしていない 座って話そう」になっていました。

get to the bottom of this は2/7のエントリーにでてきた
I’m going to get to the bottom of this!
(僕はこの真相を突き止めるぞ!)
のロミオのセリフにも使われていました。
ジェイとグロリア間の犬問題の原因を
とことん突き詰めよう、というニュアンスでしょうか。
ドラマのセリフを丸暗記というのも、いい学習になりそう。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Americans do tend to overdo it in the verbiage department.
(アメリカ人は多弁という分野では度を越す傾向は確かにありますから。)
無口なアメリカ人が日本に来たら「落ち着く〜」って
思ったりするのかもしれません。
posted by ラジ子 at 00:11| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする