2016年02月28日

commonsensical

2/24「実践ビジネス英語」

東京マラソンでの青山学院大学のランナーの快進撃を見て、
厳しく注意する時代から、ほめて自主性を育てる時代への変化を
改めて強く感じました。

*And when people are always worried about not screwing up, they’re not likely to get into the habit of thinking outside the box and coming up with new ideas.
− それに、失敗しないことをいつも気にしていると、
  既成概念にとらわれずに物事を考えて新しいアイデアを思いつくという
  習慣が、身につきそうもありませんね。
screw up … 失敗する
カジュアル表現。
↓ 別の意味での使い方
I just can’t screw up my courage to ask her to dance.
(勇気を奮い立たせても彼女にダンスを申し込むことがどうしてもできません。)
(13/02/15「ラジオ英会話」「More Info!」)

失敗の up
But one day I slipped up and said that at the end of a conference call with dozens of big-time execs on the line.
(ところがある日、何十人もの大物エグゼクティブを相手にした
電話会議を終える時に、うっかりそのせりふを口にしてしまったのです。)
slip up … うっかり間違える、しくじる
(12/06/07「実践ビジネス英語」)
I didn’t mean to foul things up.
(プロジェクトを台なしにするつもりはなかったんです。)
foul up … 〜を台なしにする
(08/07/22「入門ビジネス英語」)
残念ながら mess up のダイアログからのメモは見つからず。

get into the habit of ときたら、お約束の復習。
I’ll try to get out of the habit of making a beeline for my doctor’s office every time I have a sniffle.
(鼻風邪にかかるたびにかかりつけの医院に一直線に向かう習慣から抜け出すようにしますよ。)
(14/01/30「実践ビジネス英語」)

constructive criticism(建設的批判)について。
It sounds so obvious and commonsensical when you put it like that, doesn’t it?
− 建設的な批判は、そういうように表現されると、
  ごく当たり前で常識的なことのようですよね。
commonsensical … 常識のある、常識的な

put it の復習
That’s putting it mildly.
(それは控えめな言い方ね。)
(2010年3月「英語5分間トレーニング」Word of the Day)

*Well, younger workers in fields like social media don’t take too kindly to being admonished.
− たとえば、ソーシャルメディアといった分野の若手社員たちは、
  注意されるのはあまり好きではありません
not take too kindly to … 〜をあまり快く受け入れない
too 無し
Today’s young people don’t take kindly to the idea of being marketed to.
(今の若者は、商品のターゲットにされるのを嫌がります。)
(13/03/28「実践ビジネス英語」)

take to 〜 (〜を好きになる)の復習
Arabella is a big-city kind of person, so she’s taken to life in the Big Apple in a big way.
(アラベラは大都会タイプの人間ですから、ビッグアップルでの生活が
大いに気に入っています。)
(14/08/20「実践ビジネス英語」)

13/08/21「実践ビジネス英語」によれば、
admonish は「(穏やかに)諭す」というニュアンス。
I’ve seen restaurant staff admonish people for taking snapshots of their food.
(レストランのスタッフが、料理のスナップ写真を撮っている人に
注意しているところを、私も見たことがありますよ。)

本日の重要項目:2


【私はラブ・リーガル】
複雑な親子関係のせいで、紆余曲折あった父親に、
産後の子育てを手伝ってほしいという妊娠中のキム。
DDD pull one's weight.PNG
「せいぜい協力して」
I expect you to pull your weight.

語源は「ボートを自分の体重を利用してこぐ」ところから。
自分のやるべきことをしっかりやる、という意味。
You’re pulling your weight.
(あなたはやるべきことはやっているわ。)
(07/06/13・14「英会話入門」)

特に辞書にも載っていないけれど、好きなボート表現。
Am I the only one who feels like we're rowing with one oar?
(一本のオールでボートを漕いでいるみたいに感じてるのは僕だけか?)
(06/08/26「徹底トレーニング英会話」)
話し合いが堂々巡りになってしまった時です。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I’m seeing things in a different light.
(僕は物事を違った角度で見ているんだ。)
サラッと言えるとカッコいい!
posted by ラジ子 at 20:26| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする