2016年03月08日

yet another

「実践ビジネス英語」

アメリカのドラマなんかでよく見る、結婚式のお祝いリストの習慣も
様変わりをしているのですね。

3/2放送分
カナダやアメリカの新婚カップルは
*They make a want list (中略) and file it with a retailer.
− 欲しいもののリストを作成し(中略)それをお店に提出するのです。
file A with B … AをBに提出する
これは初メモのようです。
前置詞多めの英文
She filed a suit for divorce against him with the family court.
(彼女は彼に対して離婚訴訟を家庭裁判所に提出した)
(ジーニアス)

*Forgive me, Paul, for contradicting you, but that’s not the kind of thing most couples are registering for these days.
− 失礼ながら、ポール、反論させていただきますが、たいていの
  カップルがリストに載せているのは、近ごろはそういう種類の
  ものではありません。
反論系表現
Berger countered such claims by saying that ...
(バーガーはそのような主張に対し(that以下)と言うことで反論した。)
(07/05/11・12「ビジネス英会話」Listening Challenge)
I can’t dispute your criticism.
(君の批判には反論できないよ。)
(11/05/08「英語5分間トレーニング」)

3/3放送分
*Trust the Millennials to make yet another break with tradition.
− 2000年世代の人たちなら、またもや習慣を破ると言うのもわかりますね。
trust someone to … (人)が間違いなく〜する、(人)が〜しかねない、〜するのはいかにも(人)らしい
基本は ↓ こういう使い方と思われる。
You can trust her to keep her word.
(彼女は必ず約束は守ってくれるよ)
(ジーニアス)

「〜しかねない」で思い出した表現
These guys are so strange, I wouldn’t put anything past them.
(とっても変な人たちだから、どんなことでもやりかねないわ。)
I wouldn’t put it past (人) (to do) … (人)なら〜をやりかねないと思う
(07/08/27「徹底トレーニング英会話」)

yet another … さらにもう1つの、また新たな
yet は一種の強調
↓ の英文は、コーヒーがぬるくなったから温め直す、という案に対して
Better yet, I’ll brew a fresh pot.
(それよりも、新しいのをいれましょう。)
(11/03/14「英語5分間トレーニング」)
温めるよりも、新しくいれる方がもっと better という流れでした。

place setting … 食卓で1人分として並べる食器類のセット

*Five or six years ago, I thought asking for money or a gift card was in poor taste, but I guess that’s the norm now.
− 5,6年前には、現金やギフトカードをお願いするのは品がない
  思っていましたが、今ではそれが普通なのでしょう。
ヘザーさんが放送中に使っていた同意語は crass
I will refrain from any crass puns involving birds.
(鳥にまつわる下品なダジャレは、やめておきますよ。)
(14/04/03「実践ビジネス英語」)

本日の重要項目:4


【E.T.】
16/01/21「実践ビジネス英語」に、ことわざ以外で初めて聞いた discretion
を含む英文がありました。
Tipping used to be left to the customer’s discretion, but these days it’s more or less obligatory.
(チップは、かつては顧客の裁量に委ねられていましたが、近ごろは事実上義務です。)
discretion … 自由裁量、思慮分別)

この単語を、名作「E.T.」で発見。
理科の解剖の時間に先生が言っていたセリフ。
「いいね、メスはよく切れる 手を切らぬように注意すること」
The scalpel is very sharp, use discretion when you are cutting.
小学生にも使う単語なのだなぁ。

恥ずかしながら私、E.T. を初めて見たんですけど、
1982年の映画だから…、もう34年前!!!


去年の今頃、2/26「実践ビジネス英語」
Being constantly connected tops the list for most corporate road warriors.
(出張の多い企業戦士の大半にとっては、常にネットにつながっていることが最も重要です。)
important を使わない「重要」表現であります。
posted by ラジ子 at 00:27| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする