2016年03月09日

be true of

「実践ビジネス英語」

昨日の暖かさのフェイント、すごかったですよね。
何だったんだ、アレ...。

3/3放送分
*Oh, just to be on the safe side, I should clarify
− ああ、念のためはっきり説明しておくべきだと思うのですが
わりとよく使われている表現。
Put on some sunscreen to be on the safe side.
(念のため、日焼け止めをつけて。)
(10/09/09 「英語5分間トレーニング」)
All right, let’s make it 4 then to be on the safe side.
(わかった、それなら念のため4時ってことにしよう)
(07/09/28・29「ビジネス英会話」)

↑ で梅村がはっきりさせたこととは、同性婚の式に招待されたということ。
*It’ll be the first time I’ve ever gone to one.
− 同性婚の式に行くのは今回が初めてですよ。
未来の話でも the first time の後は現在完了形。
辞書を読んでいて、the first time の後ろが現在完了、
に気づいたのは2011年のことでした。

割と最近の「初めて」
I hate to admit it, but this is the first time I’ve heard the word “gentrification.”
(認めたくないのですが、「ジェントリフィケーション」ということばを聞いたのはこれが初めてです。)
(14/08/21「実践ビジネス英語」)

*I imagine that will be true of most, if not all, of the other guests, too.
− 想像するに、ほかの招待客も、全員ではないにしても、
  大半の人が初めてでしょうね。
be true of … 〜に当てはまる、〜にも言える、〜でも同じだ

肖像画の目がこっちを見てるような気がする、という人にも使われていた。
That’s true of any portrait painting.
(どんな肖像画でもそうでしょう。)
(12/03/16「英語5分間トレーニング」)

If not all all の可能性もあるし、all じゃないとしても、
確実に大半の人が初めてだろう、というニュアンス。
個人的には if not と聞くと  の記号を思い出します。

ヘザーさんによれば perhaps という意味。
何度も書いていますが、初めて知った時の英文。
She’s just as good as a male trainer, if not better.
(男性のトレーナーに全くひけを取らないし、ひょっとすると男性以上かもしれないね。)
(1999年「ラジオ英会話」)
たしかに、perhaps って感じの和訳。

3/4放送分
*The concept of the family itself has been redefined as society evolves.
− 家族そのものの概念が、社会が進化するのに合わせて
  再定義されてきたのです。
evolve は、意外とブログに登場回数少な目の単語です。
Businesses that don’t evolve to meet new challenges head-on will go the way of the dinosaurs.
(古い殻を破って新たな難題に真正面から取り組むことのできない企業は、恐竜と同じ絶滅の運命をたどることになるでしょう。)
(09/03/20「実践ビジネス英語」)

family headed by a single mom … シングルマザーが世帯主となっている家族[家庭]、母子家庭
single-parent family という言い方もある。

両親とも初婚の「伝統的な」家庭で暮らす子供の数が、
今は半数を少し下回るという数字に対して
*That compares with a little over 70 percent in 1960.
− それに比べて、1960年の数字は70パーセント強ですよ。
contrast with とも言える。(ヘザーさん)

名詞の contrast で復習。
In contrast with the boomers, this was a generation that was strapped for cash.
(ベビーブーム世代の人たちとは対照的に、彼らはお金をあまり持っていない世代でした。)
(15/11/06「実践ビジネス英語」)
お金を持っていなかったのは X 世代。

本日の重要項目:5


【セサミ・ストリート】
セサミ・ストリートって、子ども番組であっても、時々あなどれない単語も出てきます。
SS hypothesis.PNG
OK. Then that’s your hypothesis, Elomo.
「それが君(きみ)のかせつだね」
さすがに、日本語字幕はひらがなで「かせつ」になっていましたけど、
こんな難しい単語が出てくるとは…。

あと、毎回その週ごとのキーワードがあるんですけど、
Arachnid
がキーワードの週があって、「え、何?」と思いました(汗)
やっぱりいろんな単語を、わかってもわからなくても、
小さい時からいっぱい浴びることも大切なんでしょうね…。


去年の今頃、「実践ビジネス英語」2月号 Our Magical World
Reaching my destination, I continued to be wowed by all the history and glory of all the buildings I saw.
(目的地に着いたとき、目の当たりにしたあらゆる建物の歴史と荘厳さのすべてに、
またしてもどぎもを抜かれたのです。)
イタリア旅行の時のエッセイ。
私もどぎもを抜かれたい!
posted by ラジ子 at 13:38| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする