2016年03月12日

musty

「ラジオ英会話」

シニアの記憶力減退に関するダイアログがありましたが、inevitable なことなので、
外国語学習で少しでも進行を遅くするべく、ガンバっている日々。

3/7放送分
40年前にハネムーンで泊まった部屋に再び戻った夫婦。
*Let’s air out the room.
− 部屋の空気を入れ替えましょうよ。
air out は目的語をとる。
↓ の日は、料理を焦がして空気の入れ替えが必要になった。
I’ll open the windows and air out the house.
(私は窓を開けて家に風を通すわ。)
(12/12/17「ラジオ英会話」)

It’s a little musty.
− ちょっとカビ臭いわ。
2010年11月号の「英語5分間トレーニング」
Let’s Build Up Your Vocabulary! でも習った単語。
must に「発酵前[中]のブドウ汁」という意味がある(!)とのことなので、
そこからかな?

臭いし、ゴキブリは出るしで
*This place has gone to the dogs!
− ここは荒れ果ててしまったなあ!
go to the dogs … 荒れ果てる、朽ち果てる
↓ は、もうちょっと大きな視点でのセリフ。
Sometimes I think the world is going to the dogs.
(世の中がだんだん悪い方向に向かっていると思うことがありますね。)
(09/12/02「実践ビジネス英語」)

3/8放送分
部屋の壁をラベンダー色に塗ったはずがグレーになった…。
*The color didn’t turn out right.
− 色がうまく出なかったの。
結果の turn out (to 付き)
I’m worried that negotiations may turn out to be in our disfavor.
(交渉が我々にとって不利になるのではと心配している)
(08/12/11「実践ビジネス英語」)

壁の色について意見をたずねられた友人。
It’s a little drab.
− ほんの少し単調だね。
drab … 単調な、おもしろみのない
10/04/22「実践ビジネス英語」では、不況時に男性が
drab (くすんだ)色のネクタイをしていた、とビニェットに書かれていたようです。
Drab color でググってみるとこんな感じ

*All that work for nothing!
− あんなに働いたのが全てむだになったわ
I drove two hours to take her class − all for nothing!
(彼女のクラスを受けるために2時間ドライブしたのが、すべて無駄になったわ!)
(14/04/08「ラジオ英会話」)
↑ の日に、「むだになる」表現の復習がしてあります。

3/9放送分
サービスの悪いレストランにて。
*The service here has gone downhill.
− この店のサービスは質が落ちたね。
go downhill … 質が落ちる、悪化する
人間にも使える。
Bonnie, I’m going downhill fast.
(ボニー、僕はまるで焼きが回ったよ。)
go downhill … 焼きが回る、落ち目になる
(14/03/19「ラジオ英会話」)
自転車レースで若者に勝てない父の嘆きでした。

*I remember this place had great service in its heyday.
ここの最盛期にはサービスがすばらしかったことを覚えているわ。
in 〜’s heyday … 〜の最盛期には

「昔はよかった」表現
That player has seen better days.
(あの選手にも全盛期があったんだよ。)
(10/07/18「英語5分間トレーニング」)

3/10放送分
昔のことを思い出せないシニアのセリフ。
*My memory isn’t what it used to be.
− 僕の記憶力は昔とは違うから。
同意表現
my memory is failing.
(記憶力が減退している。)
(06/08/11・12「英会話上級」)

本日の重点項目:7


【モダン・ファミリー】
自ら、何かを引き起こすという invite の例。
この映画は本当にコワイから子供に見せない方がいいという
よその家庭の父親に向かってのキャメロンのアドバイス。
MF invite.PNG
「子供が見たら悪夢にうなされる」
I really think you might be inviting some pretty serious nightmares here.
語感的にはわかりやすい。
I realized that I was inviting drama into my life.
(人生をわざと難しくしてた自分に気付いたんだ。)
(15/02/16「ラジオ英会話」)

結局、上映館を間違っていたのはキャメロンとミッチェルだったという
いかにものオチでした。


去年の今頃、「ラジオ英会話」
ロックスターを夢見る男性への質問。
What’s holding you back from living your dream?
(なぜ自分の夢を実現させることをためらっているの?)
hesitate でもいいかもしれないけど、hold back の方が
ドラマなんかでよくきく気がします。
posted by ラジ子 at 14:18| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする