2016年04月14日

black hole

4/13「実践ビジネス英語」

日本でも新社会人が働き出しましたね、ガンバレ〜!

Let me offer my two cents’ worth.
− 私にひと言言わせてください。
offer one's two cents' worth … ひと言(自分の考えを)申し出る
他の動詞との組み合わせの復習
Well, if I can put in my two cents, those vehicles get poor gas mileage.
(その、私の意見をちらっと言わせてもらえれば、あの手の車(SUV)は燃費がよくないですよ。)
(06/06/16・17「英会話上級」)
Hey, mind if I butt in and add my two cents’ worth to this discussion?
(あのう、私が口出しして、この話に意見を差し挟んでもいいですか。)
(12/11/07「実践ビジネス英語」)
If you want my two cents, ...
(つたない意見ですが、)
(09/10/23「ラジオ英会話」)

メールチェックの時間について。
That’s one of the biggest black holes of the workday for many Americans.
− 多くのアメリカ人にとって、それは1日の勤務時間の中で、
  最大のブラックホールの1つなのです。
black hole … ものや金が跡形もなく消えてしまうところ、何も生み出さないもの、抜け出しようのないもの
black hole にこんな意味があったのか。

Don’t let checking email sap your productivity.
−メールのチェックによって、あなたの生産性が
  損なわれることがないようにしてくださいね
Don’t let 〜 でアドバイスをする英文も多い。
Don’t let her cute face fool you.
(彼女のかわいい顔にだまされちゃだめだよ。)
(10/12/06「英語5分間トレーニング」)
Don’t let it get to you.
(気にすることないわよ。)
(15/02/03「ラジオ英会話」)

sap は、ロングマンによれば weaken が同意語。
Tough economic times can sap people’s spirits and motivation, ...
(厳しい経済情勢は人の気力やモチベーションを低下させるかもしれませんから、...)
(09/04/08「実践ビジネス英会話」)

The problem is that in today’s fast-paced, interconnected world there are so many things competing for our attention.
− 問題は、ペースが速く、つながり合っている今日の世界では、競って
  私たちの注意を引こうとしていることが非常に多い、ということです。
無生物主語が使えるようになると、バリエーションが広がるだろうな〜。

ほかの「注意を引く」
If they’re attacked, they should draw attention by screaming, kicking and running away.
(もし襲われたら、叫んだり、けったり、走って逃げ出したりすることで、注意をひくべきなのです。)
(08/09/24「実践ビジネス英語」)

同僚からの建設的な批判は
That can be pure gold.
− そのような批判は大変貴重なものとなることがありますよ。
pure gold はたしかに valuable!


【モダン・ファミリー】
ダンスに行きたくないジェイと行きたいグロリア。
頭にきて、文句を言い続けるグロリアに対する息子、マニーのひと言。
MF rub it in.PNG
Wow. Way to rub it in.

rub (it) in … 不愉快なことをわざと繰り返し言う
Don’t rub it in.
(何度も同じことを言わないで!)
で暗記していたので、肯定文でも使うんだな〜と思ったら
かつての Phrasal Verb Diversion でも肯定文で習っていた…。
He keeps rubbing in the fact that only he received a bonus.
(彼は、自分だけ賞与をもらったことを何度もわざと強調します。)

精神年齢は家族の中でマニーが一番上かもしれないな...。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I have indigestion.
(胃がもたれているの。)
言えそうで、言えない系。
posted by ラジ子 at 23:50| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする