2016年04月20日

get a running start

4/14「実践ビジネス英語」

この4月からラジオで英語学習を始めた人もいるでしょうね。
続けると、きっといいことがあります。

上田翔太の率直な意見。
I try my best to be receptive to comments about my work, but I admit to being a bit defensive and unwilling to listen at times.
− 自分の仕事についてのほかの人の意見を受け入れるように、最善の
  努力をします。でも。自分でもわかっているのですが、時たまちょっと
  身構えてしまい、耳を傾けたがらない場合がありますね。
以前のビニェットでは、ほほえむことで相手を receptive にする、
と言ってました。
That tends to relax people and make them more receptive to your ideas.
(相手はリラックスしやすくなり、こちらの考えを受け入れやすくなりますから。)
(14/01/15「実践ビジネス英語」)

defensive … 守勢の、身構えた、むきになった
ブログ初メモ!

Welcome to the human race, Shota.
それが人間というものですよ、翔太。
13/12/05「実践ビジネス英語」の
Now that’s what I call an original idea.
(いやあ、それはまさに独創的なアイディアですね。)
を応用して
That’s what I call the human race.
なんかでもいけそうですか?

We don’t like hearing that we’ve screwed up or made a bad impression.
− 自分が大失敗をしたとか、悪い印象を与えたといった話を聞くのは
  好きではありませんからね。
screw up はカジュアル表現なので、安全にいく場合は mess up
とアドバイスあり。
courage と組み合わせると「勇気を奮い起こす、元気を出す」という意味。
I just can’t screw up my courage to ask her to dance.
(勇気を奮い立たせても彼女にダンスを申し込むことがどうしてもできません。)
(13/02/15「ラジオ英会話」「More Info!」)

Mistakes can be your best teachers.
− 失敗は最良の教師たりえるのです。
ほかにも最良の教師がいた。
Experience is the best teacher.
(経験こそが最良の教師ですよ。)
(07/12/24・25「ビジネス英会話」)
本からの知識などでないことは確実。

・… we want to get you on the right track right away.
− 私達は、今すぐにあなたを正しい方向に導きたいのです。
path バージョン
But now I see that they were keeping me on the right path.
(しかし今では、正しい道を踏み外さないようにしてくれたってことがわかる。)
(07/03/23「徹底トレーニング英会話」音読徹底トレーニング)

Thank you very much for helping me get a running start.
− 私が順調なスタートを切るサポートをしていただいて、
  本当にありがとうございます。
get a running start … 順調なスタートを切る
ヘザーさんご紹介の同意表現
You’ve got to hit the ground running, man ― no rest for the wicked.
(さっそく仕事を開始してもらおう。貧乏暇なしだ。)
hit the ground running … てきぱきと精力的に活動する
(09/11/30「入門ビジネス英語」)


【モダン・ファミリー】
昔、隣に住んでいて、今やビジネスで大成功をおさめた
ケネスというちょっと変わりものの青年に、かつてフィルに
影響を受けたから今の自分があると言われ、すっかり舞い上がるフィル。
MF emulate.PNG
ケネスの成功の秘訣は何だと?僕を手本としたことだ。
The secret to his success is, whole his career, he’s tried to emulate me.
emulate … 〜見習う、まねる

ロングマンによれば admire している人の行動をまねる
という説明。
08/02/4・5「英会話上級」で習ったことはメモしてあるんですけど、
文章全体を残していなかったのが悔やまれる…。
でも、意味を覚えていた自分がすごいな〜と思います、
なんたって記憶力はすごい勢いで go downhill


去年の今頃、「ラジオ英会話
目が半分閉じている写真を見て
I can’t live with this!
(こんなの耐えられないわ!)
今は撮り終わった後に、すぐに確認できる時代だから、
その写真は即削除でしょうね...。
posted by ラジ子 at 12:53| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする