2016年05月06日

nonchalantly

「実践ビジネス英語」 4月号 Our Magical World より。

I SAW WHAT YOU DID

リサさんのお友達(チャーリー)が商談のため接待。
He was wining and dining a potential client and if things went well, he might very well land a big contract, …
顧客になってくれそうな人を飲食接待することになっていて、
  うまくいけば、大きな契約を確実にものにできるかもしれないのです。
wine and dine は他動詞的に「〜を接待する」という意味でも使える。
Carl wined and dined me.
(カールが接待してくれたんだ。)
(14/06/18「ラジオ英会話」)

別の「接待する」
My mother's entertaining a client and ...
(母がお客さんを接待するって言うから...)
(1999年「ラジオ英会話」)

動詞の land といえば、講座では job との組み合わせが最多だと思うけど、
contract もありました。
I managed to hold my tongue, since I was very keen to land the contract with his company.
(彼の会社との契約を何が何でもものにしたかったので、どうにか口をつぐんでいられました。)
(10/02/24「実践ビジネス英語」)

クライアントがあまり洗練されているように見えなかったので
・… Charlie had second thoughts about his restaurant choice but what was done was done.
− … このレストランの選択は正しかったのだろうかと、
  チャーリーの気持ちはぐらつきましたが、すでに選んでしまったこと
a second thought / second thoughts give との組み合わせもある。
Don’t give it a second thought.
(気にしないでください。)
(10/12/07「ラジオ英会話」)

「起きたことは仕方ない」の復習
What’s done is done.
(済んでしまったことよ。) ↑ の現在形
(10/10/07「ラジオ英会話」)
I guess it’s no use crying over spilt milk.
(覆水盆に返らず、ということでしょう。)
(12/11/07「ラジオ英会話」)
As far as I'm concerned, it's water under the bridge.
(僕個人としては、仕方のないことだよ。)
(2005年「英会話中級」)

料理を注文し、仕事の話を始めたところ、なんと、
クライアントがフィンガーボウルの水を飲んでしまった!が、しかし
His client nonchalantly kept talking, oblivious to what he had done.
− 彼のクライアントは自分が何をしたかも気にもとめずに
  平然と話し続けました。
nonchalantly … 無頓着に、平然と、無関心に
ブログ初メモらしい。
indifferently が同意語なのですが、indifferent(ly) がブログ検索しても
引っかからないな…、あれ〜?

oblivious … 気にとめない(07/07/20・21「ビジネス英会話」)
A and B are oblivious to the approaching thunder.
(A と B は近づく雷鳴に無頓着である)
(08/11/05「ラジオ英会話」TRY IT IN A NEW SITUATION!)
同意語
She’s completely unconcerned about what people think of her.
(彼女は他人がどう思おうがまったく気にしない。)
unconcerned … 気にしない、無関心で
(「英語5分間トレーニング」Word of the Day 2010年2月号)

Charlie, being the kind of man he is, followed suit and drank from his finger bowl as well.
− チャーリーの性格のなせる業なのですが、その男性にならって
  彼もフィンガーボウルから水を飲みました。
being the kind of man はテキストによれば
「そういうタイプの人なので」(直訳)
つまり、「機転のきく人」ってことかな?

follow suit … 前例にならう
久々に聞きました。
suit が洋服のスーツでなく、
「トランプの柄」を意味することを知ったのが2009年のこと…。

Out of the corner of his eye, he noticed the server shaking his head in disbelief.
信じられないとばかりに給仕係が頭を横に振っているのが、
  視野の片隅に見えました。
look at it out of the corner of one’s eye だと「横目でそれを見る」
(ジーニアス)
corner of the eye が目尻なので。

in disbelief … 信じられずに
本文と似ている例文 ↓
They all shook their heads in disbelief.
(彼らは皆信じられないと言う様子で首を振った)
(ジーニアス)

ですが、結局クライアントは Charlie の人柄を試していたらしく、
うまく契約の運びとなった、というドラマみたいな話。


【モダン・ファミリー】
息子のミッチェルのクライアントが自分の大好きなDJと知り、
話し合いの場に押しかけてしまったジェイ。
MF hands down.jpg
You are hands down my favorite radio personality of all time.
「あなたは私の一番好きなラジオDJだ」

断然」という強調表現で、本当によく使われているなー。
「フレンズ」からもメモしたことがありました。
一度どこかで使おう、どうせなら、やっぱり「断然好き♡」がいいな。


去年の今頃、「ラジオ英会話」
リオがスノウィに引っ掻かれたので
It could get infected. I’ll get the antiseptic.
(ばい菌が入らないとも限らない。消毒薬を取ってくるよ。)
早めに disinfect した方がいいでしょう。
posted by ラジ子 at 20:39| Comment(4) | Our Magical World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

scratch the surface

4/28「実践ビジネス英語」

録画して見た「プロフェッショナル 仕事の流儀」の
「スーパー高校生スペシャル」、すごくよかった!

という感動が冷めないうちに、ブログ更新。

Crowdfunding has a lot of cachet these days.
− 最近は、クラウドファンディングが多くの信頼を得ていますね。
cachet … お墨付き、名声、高い評価
↑ とは逆の意味の英文 ↓
Name brands have lost their cachet.
(有名ブランド製品が優れているとは思われなくなりました。)
lose one’s cachet … 高い評価[威信]を失う、特別なものでなくなる
(11/11/03「実践ビジネス英語」)

And I think we’ve only scratched the surface in terms of developing its potential as a way of raising money.
− ですが、資金調達の方法としてその可能性を高めるという観点からは、
  私たちは少ししか活用していないと思います。
scratch the surface … 上っ面をなでる、ほんの少しかじる
ロングマンの例文が途中までよく似ていました。
I think we’ve only scratched the surface of this problem.

It’s worth noting that individuals lead the way in charitable giving.
− 注目に値するのは、個人が慈善活動への寄付を主導しているということです。
lead the way in … 〜を先導[主導]する、〜の先頭に立つ
だから先頭に立つ人は leader なんだな〜。

たぶん類似表現
We‘ve taken note of how you like to take the lead and drive the performance of your coworkers when you’re tasked with a project.
(あなたがプロジェクトを任された際に、自分から進んで周りをリードして
同僚の仕事を引っ張っていく様子に、私たちは注目してきました。)
take the lead … 先頭に立つ、模範を示す
(11/06/15「実践ビジネス英語」」

・… we want people to know that we’re committed to the communities in which our employees live and work and where we do business.
− 社員が生活し働いている地域社会とわが社がビジネスをしている
  地域社会のために、わが社が尽力しているということを、
  人々に知ってもらいたいのです。
be committed to … 〜のために全力を尽くす、〜に熱心に取り組む
And Antigua has a solid and well-deserved reputation for being deeply committed to the cause of conservation.
(そしてアンティガは、環境保護という大義に深く関わっているという、
確固としたふさわしい評価を得ています。)
(15/11/26「実践ビジネス英語」)
アンティガはアウトドア用品の会社、という設定でした。

We’ve identifies some strategic areas where we concentrate our charitable activities.
− 私たちは、集中的に慈善活動をする戦略的分野をいくつか見極めました。
concentrate … 一点に集める
concentrate を他動詞で使ったことないなー。

赤ワインの分子の有効成分を薬に集中・凝縮させる薬にしたら
長生きできるかも、というニュースより ↓
So what if you could extract the molecules in wine that are beneficial and then concentrate them in a single pill?
(08/08/03のエントリー)


【モダン・ファミリー】
ラジオ講座で何度も聞いている two cents (つたない意見)を発見。
MF 2 cents.PNG
Can I put in my 2 cents on fake Christmas?
和訳は「偽クリスマスのことだが…」

ただ、これを言ったのがジェイだったのが気になっています。
若い人にとって「聞けば意味はわかるけど、自分は使わない」
カテゴリーなんじゃないのかな?という疑問が払拭できない…。

でも、自分も若いグループに含まれる年齢じゃないからいっか ( ̄▽ ̄;)


去年の今頃、「実践ビジネス英語」4月号 Our Magical World
Randomly picked or consecutively numbered tickets?”
(「バラ連番どちらにしますか?」)
宝くじ売り場での質問。
私はたまーにロト6を買ったりするんですけど、まー当たりませんわ(汗)
posted by ラジ子 at 13:09| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

vehicle

4/27「実践ビジネス英語」

データのクラウド化、とか言いますよね。
あのクラウドが cloud なので、てっきり私は
cloudfunding (×)だと思っていたのですが
crowdfunding だったのですね…。

donor-advised fund の意味。
They’re vehicles that have been set up to manage charitable donations on behalf of corporate entities, families or individuals.
− それは、企業体や家庭、個人の代理として、
  慈善寄付金を管理するために設立された媒体ですよ。
vehicle … 媒体、手段、乗り物
この意味を知らないと「乗り物?」となって、意味があやふやになってしまう...、。
目的(地)に到達するための手段、という感じ。

ちなみに drive には
「活力、精力、推進力」の力強い意味の名詞があることを知らないと
↓ の英文は障害物コースの運転かと思ってしまいそう。
His drive overcame all obstacles.
(彼の実行力はすべての障害を克服した)
(プログレッシブ)

・… there’s increased awareness among consumers of the impact that businesses have on their lives, their families and their communities.
− … 自分の生活や自分の家庭、それに自分の地域社会企業が及ぼす
  影響への、消費者の意識が高まっている…
impactinfluencehaveon の形。
You’d think that would have an influence on their writing style.
(それが彼らの文体に影響を与えるのだろうと、皆さんは思うでしょう。)
(15/01/29「実践ビジネス英語」)

No man really becomes a fool until he stops asking questions, as they say.
− よく言われるように、人は、質問するのをやめないかぎり、
  本当に愚かになることはない
のです。
ことわざ好きなので、メモいたしました。


【小ネタ】
iPod touch をポケットに入れて、画面を見ずに音だけで
NHK WORLD を家事の合間に聞くことも多い今日このごろ。
この間は「Kawaii INTERNATIONAL」が聞こえてきて、
Genderless kawaii の話題でした。
若者の間で人気のカワイイ男の子、「ユースケ・デボ」君が紹介されていたんですが、
デボってどんな漢字なんだろう?と
ポケットから iPod touch を取り出して画面を見たら
実はこういうことでした。
デボ.JPG
デボ → Devil

ガーン...

結局、普通の苗字でなく芸名的なものであったにせよ、
devil という単語がチラッとも脳裏をかすめなかったのは残念…。


去年の今頃、4/23「実践ビジネス英語」
And I’m sure they do so unobtrusivelyand quietly.
(それならきっと、角が立たないように、彼らが収めてくれるでしょう、しかも静かにね。)
unobtrusively … 遠慮がちに、控えめに、角が立たないように
使えたらなんとなくカッコいい系単語。
posted by ラジ子 at 15:53| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする