2016年05月22日

the water is fine

「ラジオ英会話」

ブログとは関係ないのですが、
この白玉クリームあんみつ、すんごく美味しいので、
写真でおすそ分け〜。
FullSizeRender (1).jpg

5/16放送分
There’s a pod of spinner dolphins coming this way.
− ハシナガイルカの群れがこっちへ来るよ!
pod … (小さな)群れ [イルカ、アザラシ、クジラなどの]
群れシリーズ
牛や馬 herd / 猟犬・オオカミ pack / 昆虫 swarm
サル・アリ troop / 魚 school / 鳥 flock(ジーニアス)

・…, the water is fine.
水が気持ちいいですよ!
テキストの説明によれば
good → 質
fine → 快さ
とのことでした。
Good water is essential to good sake.
(よい日本酒にはよい水が不可欠だ)
(ジーニアス)

5/17放送分
パラセーリングについて
I’m having second thoughts about this.
− 私、これをすることに二の足を踏んでいるんです。
最近、なぜか「2度考える表現」が続いている。
Having a healthy work-life balance is crucial, and they don’t think twice about switching jobs if they get a better offer.
(仕事と私生活の健全なバランスを取ることは、彼らにとって極めて重要で、
よりよい条件を提示されれば、ちゅうちょせずに転職しますね。)
(16/05/13「実践ビジネス英語」)

Let me hook you to the chute ….
− パラシュートにつなぎます……。

人と人をつなぐ場合
Well, if you like, I can hook you up with the travel agency
(では、お望みなら、(中略)旅行代理店をご紹介しましょう。)
(15/07/02「実践ビジネス英語」)

開放する場合
I can get you off the hook.
(そこを救ってあげてもいいけど。)
↓ の「英会話中級」より
思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)
I’ll let you off the hook this time.
(今回は見逃してあげるね。)
(15/10/05「ラジオ英会話」)
get / letoff the hook … 面倒なことから〜を解放してやる

5/18放送分
難破船(shipwreck)から
I salvaged this bronze statue.
− この青銅の像を引き揚げたわ。
もう少し日常的な salvage
チーズトーストを焦がしたけれど
I hope some of it can be salvaged.
(少しは食べられるところがあればいいんだけど。)
焦げていないところを食べるつもり。
(10/05/19「英語5分間トレーニング」)

What do you make of it?
− どう判断します?
そういえば、こういう表現ありましたね。
Jack, what do you make of this e-mail from Tony ...?
(ジャック、... という、トニーからのこのメールをどう思いますか。)
(11/03/30「実践ビジネス英語」)

It has Greek letters inscribed on it.
− 表面にギリシア文字が彫ってあるぞ。
↓ はペンダントに何か文字が彫ってあったシチュエーション。
What's inscribed on it?
(何て彫ってあるの?)
(09/07/13「ラジオ英会話」)


【モダン・ファミリー】
卵が割れない容器開発の宿題を、ルークの代わりに
クレアがやるのでは?と考えたジェイが、
早めに手を打ってクレアが手伝うのを阻止しようとしています。
IMG_1775.PNG
Tell you what, I'm gonna nip this in the bud.
「私が釘を刺しておく」

They’ll go to great lengths to nip that kind of thing in the bud.
(そうしたことを未然に防ぐためなら、彼らはどんなことでもするでしょう。)
(09/02/11「実践ビジネス英語」)

クレアと父のジェイは本当に負けず嫌いで、
そこからトラブルが発生することもたびたび。
でも、最後には必ず笑えて
ちょっと感動するエンディングになるのがすごいんですよ、このドラマ!


去年の今頃、5/14「実践ビジネス英語」
How does it feel to be working with a bunch of Millennials?
(2000年世代の人たちと仕事をしていて、どんなふうに感じますか?)
〜ってどんな感じ?という場合の英文。
posted by ラジ子 at 21:40| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする