2016年07月02日

strictures

「実践ビジネス英語」

父の日って、母の日の翌月だからかすんでしまうのでは?
11月ぐらいにやればいいのに。

6/23放送分
hand down moral strictures道徳的に厳しいことを言い聞かせる
strictures で調べると、「非難、拘束」などと書いてありました。

It’s parent’s job to guide a child when they’re growing up ― to do their best to set their boy or girl on the right path.
− 成長期の子供を導くこと、すなわち、息子や娘を
  正しい道に進ませるように全力を尽くすことは、親の仕事なのです。
個人的には get track の組み合わせが好み。
we want to get you on the right track right away.
(私達は、今すぐにあなたを正しい方向に導きたいのです。)
(16/04/14「実践ビジネス英語」)

6/24放送分
And without wanting to sound too pretentious or touchy-feely, …
− それと、あまりもったいぶったように、あるいは
  感傷的だ思われたくはありませんが、…
なぜか途中からリーダー像の話になり、
優れたリーダーと父親は似ている、という内容が続く。

前置きとして、sound (〜のように聞こえる)を含む英文
Without wanting to sound negative, what happens if it turns out that I’m not management material after all?
(消極的だと思われたくはないのですが、結局、
私が管理職向きではないことがわかった場合、どうなりますか。)
(11/06/23「実践ビジネス英語」)
This may sound like a silly question, but what’s your definition of “quiet”?
(ばかげた質問に聞こえるかもしれませんが、「静かな」のあなたの定義はなんでしょうか。)
(15/04/17「実践ビジネス英語」)
At the risk of sounding like a nitpicker, let’s make it a habit to run checks to root out typos and lapses in grammar.
(うるさく思われるのは承知で言うのですが、タイプミスや文法の細かい間違いをなくすために、読み直しをする習慣をつけましょう。)
(06/12/4・5「ビジネス英会話」)

touchy-feely … 感傷的な、情緒的な
Sorry to sound all mushy and touchy-feely.
(すっかり感傷的で甘ったるい話になってしまって、ごめんなさいね。)
(11/01/21「実践ビジネス英語」)
↑ の英文にも sound が!
mushytouchy-feely は同意のようですね。

stakeholder … 利害関係者
ビニェットでは「株主」ではなく、従業員を意味していました。

At Alex & Alex, our employees always come ahead of our customers.
− アレックス&アレックスでは、従業員は常に顧客より優先されるのです。
個人的に気になる順番の言い方
…, I had a vigorous session of sweatworking today, followed by a shower.
(きょうは精力的にスェットワーキングをこなしてから、シャワーを浴びてきました。)
(15/12/16「実践ビジネス英語」)
A followed by B → まず A があって、次が B

But I’m sure regardless of your feelings for the Alex & Alex workforce, your family takes first place in your affections.
− でも、アレックス&アレックスの全従業員に対するあなたの気持ちが
  どうであろうと、あなたの愛情に関しては、ご家族が最上位にいるのは
  確かだと思います。
最上位のほかの言い方
The weather probably tops the list.
(天気が、おそらくその代表でしょう。)
「天気」は雑談界の最上位。
(13/04/10「実践ビジネス英語」)


【モダン・ファミリー】
クレアがヨガに行くというのでいっしょに行きたいと言ったのに
断られたグロリア。
MF cold shoulder.PNG
Do you see how she gives me the cold shoulder?
(クレアはいつも私を避けるの)

Now Charlie is giving me the cold shoulder.
(チャーリーったら、今とても冷たいのよ。)
givethe cold shoulder … 〜に冷たい態度をとる、〜を無視する
(11/02/10「ラジオ英会話」)
何度もブログに書いているんですけど、
cold shoulder が「牛の冷たい肩肉」を指すことを知った時の、
驚きが忘れられないな…。


去年の今頃、6/25「実践ビジネス英語」
Unfortunately, however, they fell victim to the M&A war.
(ところが、最終的にその会社は M&A 戦争の犠牲になってしまったのです。)
ビジネスは dog-eat-dog world である。

*pilitto さん、ありがとうございます!
posted by ラジ子 at 11:33| Comment(3) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする