2016年07月06日

take at face value

6/30「実践ビジネス英語」

今の子育て世代はスマホやSNSの問題が増えた分、
私が子育てをしていた頃よりもたいへんなことが多いでしょうね。

リディア・グレースの父の教え。
He trained me never to take anything at face value ― to question everything.
− 何事も決して額面どおりに受け取らないように、つまり、
  あらゆることに疑問を持つように、と父は私に教え込みました。
face value が「額面価格」(テキスト)
takeaccept との組み合わせ。
Why did you take the rumor at face value?
(あなたはなぜそのうわさを額面通りに受け取ったのですか)
(ジーニアス)
以前コメント欄で、莉杏さんに教えてもらったことがあります、ありがとうございます!

類似(と思った)表現
You shouldn’t swallow what he said.
(彼の言ったことをうのみにしないほうがいいよ。)
(11/12/12「英語5分間トレーニング」One-Pointers)

question の動詞はラジオ講座ではあまり聞かない気がする。

Many fathers lack the ability to empathize with their children.
− 多くの父親は、自分の子供の気持ちを理解することが
  できていません。
同意表現
Food! Now there’s a down-to-earth hobby I can identify with.
(食べ物か!それは僕にもわかる現実的な趣味だね。)
(06/10/23「徹底トレーニング英会話」)
I can relate to that.
(それ共感できるな。)
(06/07/31・08/1「英会話上級」)

共感下手な父として努力したポール・ピアソン。
So I tried to get better at seeing things from his point of view, …
− そこで私は、もっと彼の立場に立った見方をするよう(中略)努めました。
よく似ている英文
But at work, I'm a lot better at seeing the other person's point of view.
(でも、職場で相手の立場を分かってあげることの方がずっと得意なのよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
↑ 家庭より職場での方が、
相手の立場がわかると言っていた working mother のセリフ。

We so-called grown-ups sometimes get caught up with various silly problems in everyday life.
− 私たち、いわゆる大人は、日々の暮らしの中で、
  時折さまざまなつまらない問題に巻き込まれます
get caught up with … 〜に巻き込まれる
個人的に、「巻き込まれる」→ get involved in ですが、
ブログにいい感じの例文が見つからない...。
ので、ロングマンより。
He got involved in a credit card scam.
(彼はクレジットカードの詐欺に巻き込まれた)

ヘザーさんによれば get caught up in でもよいとのこと。
この日の「モダン・ファミリー」では「夢中になる」という意味で使われていました。
I got caught up in couponing.


ばっちもんがらさんのブログで紹介されていた「はじまりのうた」、
はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray] -
はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray] -
とっても面白そうだし、国内のレビューサイトの評価も高い!
「そうだ、海外での評価も見てみよう」と思って
Rotten Tomatoes で調べてみたら、やっぱり高評価でした。

ほかにはどんな映画が評判いいのかな?と思って
16/07/06現在、93%の Our Little Sister を見てみたら、
これって「海街ダイアリー」ではありませんか!
海街diary Blu-rayスタンダード・エディション -
海街diary Blu-rayスタンダード・エディション -
私はテレビで見たんですが、心あたたまる、静かないい映画でした。
(個人的には綾瀬はるかちゃんが好き)
トレーラーを見て、日本語のセリフを英語字幕で見るのって、
すごく勉強になる気がしました。全編英語字幕で見てみたい!

ちなみに、長澤まさみと広瀬すずは私と同じ静岡県出身。
と言ってはみたものの、ほかには「女性」という共通点しかありません…。


去年の今頃、「ラジオ英会話」
入国審査の長蛇の列を見て
It’s going to take forever.
(延々とかかるぞ。)
「並ぶ」とか「待つ」とかイヤだなー。
posted by ラジ子 at 10:59| Comment(2) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする