2016年07月17日

take in the view

「ラジオ英会話」

いつもダラダラ長いだけのブログだけど、
今日は concise です。

7/12放送分
テレグラフヒルの急な階段を上って
Let’s catch our breath and take in the view.
− 一息入れて景色を楽しもう。
take in の「取り入れる」イメージから。(テキスト)
「だます」という意味もある。
Don’t be taken in by a smooth talker.
(口のうまいやつにだまされるなよ)(ジーニアス)

takein stride っていうのも復習。
Nowadays, with the racing divorce rate, people take divorce in stride.
(近頃では、離婚率の急上昇に伴い、離婚と聞いても皆、冷静に受け止めるようになっています。)
take something in stride … 〜に動じない、〜を受け流す、〜を難なく切り抜ける
(06/09/25・26「ビジネス英会話」)

7/14放送分
And I love the trinkets in the gift shop.
− それとギフトショップの小さなアクセサリーがとても気に入ったわ。
07/09/7・8「英会話上級」では
chintzy trinkets … 安っぽいがらくた
ギフトショップだと、あまり高級なものは置いていないかも。


【モダン・ファミリー】
ざっくりの理解で、
前回のブログで復習した for every が「〜につき…」という割合、
every は「〜ごとに」で合ってますか?

4年に1度の「うるう日(2/29の leap day)には、特別なことを
することにしているというダンフィー夫妻。
MF every.PNG
I can be spontaneous every four years.
4年ごとに大胆になると言っております。
↑ を言ったのはクレア。
ちなみにこの日は「空中ブランコ」教室に参加するというプラン。
spontaneous は「自発的な、自然に起きる」という意味のほか、
「本能的な」という意味もあるそうです。
副詞
Its proponents say urban living has reduced our ability to move effortlessly and spontaneously like we used to in natural settings.
(これを提唱した人たちに言わせると、自然環境の中で
かつてやっていたように、難なく自然に体を動かす私たちの能力は、
都会生活によって低下してしまったのです。)
spontaneously … 無意識のうち[自然]に
(14/04/10「実践ビジネス英語」)

名詞
We could all use a little more spontaneity.
(私たちみんなが、もう少しのびのびしててもいいのよ。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

for everyevery の違いがまだハッキリ理解できていなかった自分...。


去年の今頃、7/9「実践ビジネス英語」
Well, there’s the possibility of malpractice by unqualified people passing themselves off as accredited doctors or dentists.
(たとえば、免許をもった医師や歯科医になりすました無免許の物による、
医療過誤の可能性です。)
なりすましとは違うけど、実年齢と違う容姿の人は pass for
Do you think I could pass for a fourth grader?
(3年だけど4年生には見える?)
↑ は「フルハウス」のセリフでした。
posted by ラジ子 at 12:28| Comment(2) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする