2016年08月08日

stepping stone

「ラジオ英会話」

オリンピックと英語学習の両立、がんばらないとな(汗)

新しく通うことになった大学キャンパスでの出来事。
8/1放送分
オリエンテーションの場所を探していた人が
I got turned around.
迷ってしまって
これで「迷う」という意味になるのですね。

何かが好転する場合に使われることが多いと思う turn around
There have been problems, but things are turning around now.
(問題はあれこれあったけれど、事態は好転しつつあるの。)
(10/03/02「ラジオ英会話」)

8/2放送分
transfer student … 編入生
「転校生」も ↑

編入する前に在籍していた大学について。
It was a good stepping stone.
− 良い足がかりになったわ。
stepping stone … (進歩へとつながる)足がかり・出来事・経験

↓ は自分が足がかりとして利用された英文?
He got the jump on me.
(彼に出し抜かれた。)
(11/05/29「英語5分間トレーニング」)

「石」系表現
how you can honor him at one of the most important milestones in his life.
(人生の大きな節目のひとつを迎えた彼をどう讃えるか)
milestone … 大きな節目
(06/08/2・3「英会話上級」)
↑ での節目は結婚式

8/4放送分
大学でとる予定の授業の時間割を既に組んでみという友人に。
You’re ahead of the game.
− きみは先を行ってるね!
「実ビジ」にも既出の表現。
Any company that wants to stay ahead of the game should go all-out to hire top female talent.
(常に時代の先を行っていたい会社はどこも、全社を挙げてトップクラスの優秀な女性を雇用すべきです。)
(14/06/19「実践ビジネス英語」)


本屋さんでたまたま見つけて、3冊まとめて買ってしまった「サザエさん」。
ベスト・オブ対訳サザエさん 赤版 ベビーブームの時代 The Best of Sazae-san (KODANSHA ENGLISH LIBRARY) -
ベスト・オブ対訳サザエさん 赤版 ベビーブームの時代 The Best of Sazae-san (KODANSHA ENGLISH LIBRARY) -
ベスト・オブ対訳サザエさん 青版 オリンピックの時代 The Best of Sazae-san (KODANSHA ENGLISH LIBRARY) -
ベスト・オブ対訳サザエさん 青版 オリンピックの時代 The Best of Sazae-san (KODANSHA ENGLISH LIBRARY) -
ベスト・オブ対訳サザエさん 白版 オーモーレツの時代 The Best of Sazae-san (KODANSHA ENGLISH LIBRARY) -
ベスト・オブ対訳サザエさん 白版 オーモーレツの時代 The Best of Sazae-san (KODANSHA ENGLISH LIBRARY) -

日英でセリフが確認できるのがいいね!
昭和の時代、庶民の生活を記録したマンガという視点から読めば、
夏休みの宿題として読書感想文も書けそう!
(ダメだよね…)


去年の今頃、7/30「実践ビジネス英語」
And many people are concerned about how genetically modified foods have been stealthily making their way onto restaurant menus and into supermarket produce departments.
(また、多くの人たちは、レストランのメニューやスーパーマーケットの
農産物コーナーに、知らないうちに遺伝子組み換え食品がどの程度
入り込んでいるのだろうかと心配しています。)
make one’s way は、ドラマでも本当によく聞く表現。
ちょっと遅れ気味での更新。
来週はお盆休みの再放送週なので、そこで遅れを挽回せねば。
posted by ラジ子 at 11:25| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

deem

「ラジオ英会話」 7月号 Our Magical World より。

SERIOUSLY?
アメリカの多くの学校でドッジボールと椅子取りゲームが禁止になった理由。
Evidently, many school officials deem it too violent because it encourages aggression and exclusion.
− 多数の学校の当局者は、椅子取りゲームは攻撃し排除することを
  助長するので、暴力的すぎると考えているらしいのです。

evidently … 見たところ〜らしい、明らかに
「〜らしい」と「明らか」、どっちなの?
と思ってしまうけれど、今までの経験では、たいがい「〜らしい」方。
Just the other day, I held the elevator door open for a well-dressed middle-aged woman, but the lady in question didn’t appreciate that at all, evidently.
(つい先日のこと、きちんとした格好をした中年の女性のために、
エレベーターのドアを押さえて開けておいたのですが、
当のご婦人はそれをまったくありがたく思っていないようでした。)
(15/09/02「実践ビジネス英語」)

deem … 〜だと考える(consider)
ブログ検索すると redeem ばかりヒット。

ドッジボールと椅子取りゲームの件は、2001年度の
「ラジオ英会話」ですでにダイアログに取り上げられていました。
Even playing musical chairs may bruise a child’s ego.
(いす取りゲームをすることさえ、子どもの自尊心を傷つけるかもしれないね。)
Some schools have banned dodgeball outright because it’s too aggressive.
(攻撃的すぎるという理由で、ドッジボールを完全に禁止した学校もあるんだ。)
15年後に同じテーマのエッセイを読むことになるとは!


THE WEB OF LIFE
リサさんがラジオ番組のオーディションに受かった理由。
I heard that I had passed it because there was one person who went out on a limb and insisted that I was the one.
− それに受かったのは、1人の人がリスクを承知で、私が適役だと
  主張したからだそうです。
go out on a limb … 危険を冒す、危ない橋を渡る
Sometimes you have to go out on a limb and act on faith.
(時にはリスクを覚悟のうえで、信念に基づいて行動することも必要です。)
(11/03/10「実践ビジネス英語」)
limb の語感が強くて、印象に残っていた表現。
go out on a limb のうえで何かをする、という使い方になるのでしょうか。

そのラジオ番組のオーディションの話を教えてくれた男性との
出会いを思い出そうとするリサさん。
・… not really being in my element . . . somewhere. My memory fizzles at this point.
− 私があまり得意としない分野の仕事で……その何かの機会で。
  記憶はそこで薄れて消えてしまいました
be in one’s element … 本領を発揮できる
Seriously, though, I’m sure your father will be in his element.
(でも、真面目な話、きっとあなたのお父さんは、水を得た魚のようになることでしょう。)
(14/04/03「実践ビジネス英語」)

fizzle (out) … あっけなく終わる、しりすぼみに終わる
(06/09/25・26「ビジネス英会話」)

a fleeting encounterほんの一瞬の出会い
fleetingbrief と同意。(ロングマン)
Happiness is fleeting.
(幸せははかないものだ)(ジーニアス)

Life unfolds in unimaginable ways, and with every passing moment, I am humbled and awed.
人生は想像を超えた形で展開し、私は過ぎゆく一瞬ごとに
  謙虚な気持ちになって、畏敬の念に打たれます
Life sure unfolds in unimaginable ways!
(本当に人生というのは想像を絶する展開になるものですよね。)
(2015年「実践ビジネス英語」 7月号 Our Magical World)
リサさんはこの表現が好きなのかもしれません。

awed … 畏敬の念に打たれて
awesome とかの awe の形容詞的用法でした。
全然ピンとこなかった(汗)


【セサミ・ストリート】
アメリカにも「もじもじ君」が存在していた!
SS もじもじ君.PNG
セサミ・ストリートには、毎回とりあげる「数」、「アルファベット」
のほかに、最近では以下のような特定の単語も取り上げて説明してくれるので、
視聴者は基本的な概念や使い方を楽しく学べます。
brainstorm / paleontologist / splatter / amplify / reinforce / innovation / inflate

やっぱり多読と同じで、多視聴(?)も
子供向けのものから始めるのがベターなんでしょうね。


去年の今頃、7/29「実践ビジネス英語」
The Healdsburg food tour is great value for the money.
(ヒールズバーグでの食巡りは、かなりお値打ちものですよ。)
お値打ち、大好き!
posted by ラジ子 at 11:44| Comment(0) | Our Magical World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

rank as

7/28「実践ビジネス英語」

少し前にネットで話題になった(気がする)
死ぬ前に後悔しがちなことトップ5」だそうです。

Material possessions always have an expiration date.
− 物質的な所有物には必ず有効期限があります。
↓ は、ビタミンのサプリメントを捨てる理由
They’re years past their expiration date.
(使用期限が何年も過ぎてるから。)
(11/12/02「英語5分間トレーニング」)

期限つながり
It passed its use-by date yesterday.
(賞味期限は昨日で切れてるんだけど。)
(10/02/15「英語5分間トレーニング」)
↑ の日に、別の言い方として best-before date を習っていた(らしい)。

sell-by date … 販売期限 (テキスト)

If you spend money on experiences, (中略), you’re going to have much more joy and contentment in your life.
− 経験にお金を使えば、はるかに多くの喜びと満足感
  人生で得ることになるのですよね。
sense of well-being and contentment … 幸福感と満足感
(08/09/10「実践ビジネス英語」)

形容詞
..., and we were content just to stroll around the historic squares.
(ただ歴史のある広場をいろいろ散策するだけで十分だったんです。)
(06/07/14・15「英会話上級」)
ほどほどのところで満足するというニュアンス。
完全な満足は satisfied (ジーニアス)

This discussion ranks as a valuable experience itself, in my humble opinion.
私のつたない意見では、この議論は貴重な経験そのものに相当しますよ。
つたない意見と言えば 2セント。
この日にいろいろ書いてありました。

rank as 〜 … 〜の部類に入る、〜としての位置を占める
This recession ranks as one of the worst in recent times.
(この景気後退は近年では最悪のひとつに数えられる)
(ジーニアス)


【モダン・ファミリー】
時間きっちりに帰ってこなくてもいい、と言いたい時。
MF breathing room.PNG
「6時きっかりに戻らなくていいよ」
Don’t worry about being back at 6:00 on the dot. There’s a little breathing room.

breathing room
(一息つく暇) は「英語5分間トレーニング」で学習。
Give me a little breathing room.
(ちょっと一息つかせてくれよ。)

同意表現
I don’t have any breathing space.
(一息つく暇もない。)
(10/09/05「英語5分間トレーニング」)
↓ の本に収録されています。
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) -
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) -
多少ゆとりがある、と言いたい時にも使えるという発見でした。


去年の今頃、「ラジオ英会話
He took me under his wing.
(彼には大変お世話になりました。)
親鳥に守られているヒナのイメージ。
何かをいろいろ教えてもらった場合にも使えるそうです。
posted by ラジ子 at 10:40| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする