2016年08月23日

復習帳の復習

軽くリオ・オリンピックロスを感じていますが、
また4年後を楽しみに、ということで。

再放送週は、自分のブログの読み直しなんかしてました。

読み直してみると、自分が必要とするレベルを超える単語のメモが多くて
「昔の自分のやる気、すごー!」という感じ。
自分の能力で使いこなせる語彙レベルがよくわからず、
とにかく、何でもかんでも覚えようと必死だった頃を思い出しました。
がんばってたな〜、エライぞ、自分。

そんな過去のメモから。(これは使える!と思ったものから抜粋)

Whenever we go out with Jack, he seems to bring good weather.
(ジャックと一緒に出かけるといつもいい天気だよね。)
「晴れ男」を説明するときに使える。

Elephants aren’t capable of seeing long distances, but their big ears can make up for it.
(象はそう遠くまでは見えないのですが、大きな耳がその部分を補います。)
「いつか埋め合わせするよ」以外で make up for it を使っている英文。

What we should go for is a combination of reading plus listening comprehension.
(わたし達が目指すべきものは、読む力に聞いて理解する力を組み合わせたものなのです。)
私は reading より speaking 重視派。

If you can get your message across, your English doesn’t have to be perfect.
(言いたいことを伝えさえできれば、英語は完璧でなくてもいいんだよ。)
私の場合、まさにコレですよ、コレ。

大人になってから「ネイティブばりの英語力」を獲得することの難しさを
受け入れることで、昔とは違う学習の方向性が見えてきたな〜と思う今日この頃です。
posted by ラジ子 at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする