2016年08月30日

have a logic

「実践ビジネス英語」

仕事と私生活のバランスの話題。

8/24放送分
Events have a logic all their own.
− 人生で起こることにはそれぞれの必然性があるわけです。
ただただ、カッコいいと思った英文。
logic … 必然性、不可抗力
the logic of events … 出来事の必然性(ジーニアス)

all one’s own … 独特の、独自の

It’s unrealistic to look at work and personal activities in the same light.
− 仕事と私的な生活を同次元で見るのは、現実的ではありませんね。
ほかの light
I’m seeing things in a different light.
(僕は物事を違った角度で見ているんだ。)
(15/02/16「ラジオ英会話」)
It’s made me look at food in a whole new light.
(食べ物の見方ががらりと変わったんだ。)
(10/01/07「英語5分間トレーニング」)

The way I see it, if people like what they do, there’s no reason to make a strict demarcation between the two.
− 私が思うに、自分の仕事が好きならば、
  その2つを厳密に分ける理由はありません。
demarcation between … 〜の(間の)区別 [境界]
demarcationboundary と同意。

8/25放送分
・… creativity isn’t necessarily confined to the arts.
− 創造性は必ずしも芸術だけのものではありません
confined to … 〜に限定される
I don’t think the labor crisis is confined to Japan, looking at the big picture.
(大局的に見て、労働問題は日本に限ったことではないと思います。)
(06/11/1・2「ビジネス英会話」)

辞書で be confined to を調べると
be confined to bed (寝たきりの生活を余儀なくされる)
be confined to a wheelchair (車いす生活を余儀なくされる)
という表現も目につきました。


【モダン・ファミリー】
英語のダジャレを日本語にする例。
MF yolk.PNG
I think I cracked my eggs.
We’re out of eggs? Are you yolking?

これは yolk と「黄身」がうまくハマった!

MF cereal.PNG
And I haven’t eaten in five days!
Five days! Are you cereal?

突然の「シリアル」にあわてることなく「たまご」で対応とは、お見事!


去年の今頃、8/26「実践ビジネス英語」
That sense of confidence doesn’t come naturally to me, unfortunately.
(残念なことに私の場合、そのような自信は自然に持てるものではありません。)
I suppose the art of listening comes naturally to people like me who tend to be a bit shy.
(思うに、聞くという技術は、私のように少し引っ込み思案になりがちな人には自然なものです。)
(15/06/22「実践ビジネス英語」)
いかにも英語らしくて個人的に好きな表現。

*pilitto さん、ありがとうございます。
posted by ラジ子 at 11:44| Comment(2) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする