2016年09月15日

defeat the point

「実践ビジネス英語」

よい行いは、あくまでも「さりげなく、自発的に」行いましょう。

9/8放送分
But when we do things like that, we reinforce the cycle of generosity and giving.
− でも、その行いをしている時に、
  人は寛大さと奉仕の輪を広げているのです。
何かを、より確かにするイメージ。
Your facts and figures reinforced my presentation.
(あなたの正確な情報は私のプレゼンに説得力を与えてくれた。)
(11/07/08 「英語5分間トレーニング」)
It’s a good way to reinforce family togetherness.
(家族の絆を深めるいいやり方です。)
↑ は、感謝祭にネットを使って、遠くにいる家族とやりとりをする、
みたいな話でした。
(13/11/22「実践ビジネス英語」)

It kind of defeats the point if you make a big deal out of being generous.
− これ見よがしに親切にするならば、
  親切にする意味がないと言ってもいいでしょうから。
defeat the point … (そもそもの)目的[趣旨]に反する
ヘザーさん説明の同意表現 defeat the purpose なら
Real英会話で学習済み。
  ↑ でのダイアログは「ジムで運動して、その後高カロリーな食事をとる」人に
向かって That defeats the purpose. と言っていました。

Spontaneous kindness can be so startling, can’t it?
さりげない親切な行為にとても驚くことがありますよね。
spontaneous → 「自発的な」が「さりげない」ニュアンスになるのですね。

その他の「さりげない」
That would send a subtle signal and make him far less likely to chat with you.
(さりげない意思表示になりますし、
彼があなたに話しかけてくる回数はずっと少なくなるでしょう。)
↑ ヘッドホンをすることによる意思表示
(13/02/13「実践ビジネス英語」)

目立たないことのさりげなさ ↓
I’d say that’s all right, as long as there’s no explicit ban on taking pictures during the ceremony and if you do so unobtrusively.
(式の最中に撮影してはいけないという明白な規則がない限り、
そして目立たないように撮るならば、構わないと思います。)
(15/09/04「実践ビジネス英語」)

9/9放送分
unprompted generosity自発的な善意の話
unprompted spontaneous は、同意。(プログレッシブ)

We encourage employees to perform unsolicited acts of kindness for strangers
− 私たちが従業員に奨励しているのは、見知らぬ人(中略)に対して、
  自発的に親切な行為をすることです。
unsolicited act of kindness頼まれてもいない親切な行為
↑ の意味はポジティブだけど、ネガティブな使われ方もある。
”Take all those miracle herbal weight-loss products (中略) with a grain of salt,” I offered my two-cents worth of unsolicited advice, “I’ve been there and I know.”
(「奇跡のハーブダイエット商品をうのみにしないこと」と、頼まれてもいない、
おせっかいな
アドバイスをしてあげたのです。「私も同じことをやったから、わかるのよ」と。)
(2014年3月号 Our Magical World)


【モダン・ファミリー】
単語との相性ってあると思いません?
MF adamant.PNG
↓ はマニーのセリフ。
Griffin invited us all over to his house for a barbecue tonight.
And he said bring your swimsuits. He was pretty adamant about it.

「グリフィンにプールパーティーに招待された
“水着着用”だって」
この adamant という単語、セリフに反映はなかったのですが、
数少ない「1回聞いただけで覚えられた単語」のひとつなんです。
Why are you so adamant about continuing your career?
(君は仕事を続けることについて、なんでそんなに頑(かたくな)なんだ?)
adamant … 頑な、頑固な
(11/16・17「英会話上級」)
↑ の日に
diamond と関係があるようで、固いのも納得。
と書いたことが印象に残って、
いかにも元素記号に載っていそう♪と思ったのが功を奏した気がする。

もちろん、
何度聞いても覚えられない単語の方が圧倒的に多い…(汗)


去年の今頃、9/9「実践ビジネス英語」
Many etiquette books stress that point too.
(エチケットに関する多くの本も、その点を強調しています。)
お礼状は手書きで、という強調。
posted by ラジ子 at 22:45| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする