2016年11月09日

discreetly

「実践ビジネス英語」

現在、再放送中の「ラジオ英会話」1週目のブログはこちら。

11/3放送分
翔太がステイしたホテルのサービスのひとつ。
Well, it gives guests what it calls a curated map that outlines a CO2-emissions-free way to explore London.
− まず、いわゆるキュレーション地図を宿泊客に渡していて、それには
  CO2を排出しないでロンドンを探索する方法が説明されています。
curated map … キュレーション地図(特定の情報を収集・選択してまとめた地図)
curator なら「学芸員」
Sounds to me like some curator has a baseball fetish.
(学芸員の中に野球崇拝の人がいるらしいわね。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
↑ NYのメトロポリタン美術館には、お菓子のおまけだった
  ベースボール・カードが3万点所蔵されていると聞いた女性のセリフ。

green day out … 環境に優しい日帰り旅行[小旅行、おでかけ]
night out (夜のお出かけ)があるなら、day out もあるわけですね。

Another cool thing they do is to discreetly place cards in the guest rooms
− もう1つ、そのホテルが行っている最先端なことは、(中略)
  カードを、客室にさりげなく置いていることです。
discreetly … 控えめに、目立たないように
同意語
I’d say that’s all right, as long as there’s no explicit ban on taking pictures during the ceremony and if you do so unobtrusively.
(式の最中に撮影してはいけないという明白な規則がない限り、
そして目立たないように撮るならば、構わないと思います。)
(15/09/04「実践ビジネス英語」)

11/4放送分
シーツとタオルを毎日は取り替えないことが標準になりつつある
ホテル業界であっても
・… they usually don’t dictate to guests how to conserve energy.
− ホテルは普通、宿泊客に省エネのしかたを指示しないものです。
dictate … 指示する
↓ は社員への指示
I think companies that dictate what their employees can and can’t wear may be skating on thin ice in terms of human rights.
(社員が身につけていいものといけないものとを定めている会社は、
人権という点で、面倒な状況にあるのかもしれないと思うのですが。)
(11/07/01「実践ビジネス英語」)

That would be in your face
− それでは押し付けがましくて、…
That’s a bit in-your-face, isn’t it?
(それはちょっと強引なやり方ですよね。)
(15/02/04「実践ビジネス英語」)
↑ 日本人観光客に、チップを置いていくよう注意喚起の
 張り紙をしたお寿司屋さんの話。

one-man green campaign 個人レベルの環境保護運動
日本語の「ワンマン」の意味はありませんとのこと。(テキスト)


【SATC】
話が進むにつれて、キャリーがどんどん洗練されて、
美しくなっていくのが不思議だなぁ…と思いつつ、いっき見しています。
下ネタ以外にも勉強になる表現がけっこうあるんですよ

友人のミランダがニューヨークからブルックリンに引っ越し、
ボロボロだった家に手を加えて、だんだんイイ感じになってきました。
ミランダの夫、スティーブがキャリーに
You see the new walls? Nice progress, huh? I'll say.
と質問した時の、キャリーの答え。
SATC come together.JPG
「家らしくなってきた」
It's really coming together.

実は、スティーブのセリフを聞いた時に、
come together が来る予感がしました。

2000年度「ラジオ英会話」にて、ハロウィーンパレードの準備中、
めちゃくちゃだったのが、だんだんまとまって、形になってきた時
This place is really coming together.
(この場所は実にいい感じに仕上がってきているよ。)
というセリフがあり、なんとなく状況が似ているという
記憶があったからだと思います。(タブン,ネ...)
経緯があって、セリフがあるわけなので、会話重視型で学習している人には
やっぱりダイアログ形式の学習がいいな、と思いました。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
In contrast with the boomers, this was a generation that was strapped for cash.
(ベビーブーム世代の人たちとは対照的に、彼らはお金をあまり持っていない世代でした。)
お金がないのはX世代。
自分が育った時代の景気は、その世代の若者の思考にも影響を与えるのですよね。
posted by ラジ子 at 11:02| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする