2017年02月12日

the heart is in the right place

「実践ビジネス英会話」 1月号 Our Magical World より。

FRIENDLY DRIVING
日本語で「外国の方が運転しています。」
外国語で「Friendly Driving」と書いてあった
車に貼るマグネットステッカー。

The stickers were issued to rental car agencies by the Hokkaido Prefectural Government to help mitigate potential problems between local and non-Japanese.
− そのステッカーは、日本人と外国人の間で起こるかもしれない問題を
  減らすのに役立つよう、レンタカー会社に北海道庁が配布したものでした。
mitigate … 緩和する、和らげる、減らす
2008年にポッドキャストニュースからメモして以来。

同意語
And many good-hearted people like you want to do something to alleviate the problem of hunger.
(それに、あなたのような思いやりのある大勢の人たちが、飢えの問題の改善に貢献できることをしたいと思っています。)
alleviate … 軽減する、緩和する、多少とも解消する
(14/10/02「実践ビジネス英語」)

I’m not so sure that such a government-sponsored program would fly in other countries, as it would seem like racial profiling.
− 行政が行うそのような企画がほかの国では許されるのか、
  私はそれほど確信できません。
  なぜなら、それは人種による区別のように見えるので。
fly … (案などが)受け入れられる、許される(テキスト)
飛んでいって受け入れられる、というイメージなんですかね...。

racial profiling でこういう意味になるのか、ふむふむ。

I have to say, though, that the heart is in the right place.
− でも、私が思うには、思いやりから生まれたことなのです。
一見、問題がありそうでも、「悪気はない」というニュアンスがあるらしい。
We all know that your heart’s in the right place and that underneath your crusty exterior you’re really just an old softy.
(あなたは根はいい人で、見かけは気難しそうでも、
本当はとても優しい大先輩だということを、みんなわかっていますからね。)
someone’s heart is in the right place … (実際には)優しい人である、根はいい人である
(11/03/10「実践ビジネス英語」)

最後は「これらのステッカーが誤解されないことを、私は祈っています。」
と締めています。

本来は誰に対しても Friendly Driving するべきですからね...。


EASY PEASY SOURCE OF INCOME
貸倉庫というビジネスに感心したというエッセイ。

Do you keep stuff for a rainy day one that hardly ever comes?
− ほとんど起こらない「まさかの時」に備えて、物を蓄えていますか?
個人的には “NO” と声を大にして言いたい。
I’m always badgering him to set aside money whenever he can as insurance for a rainy day.
(まさかの時の保険として、貯金できるお金がある時は必ず貯金するようにと、
彼にはいつも口をすっぱくして言っています。)
(11/08/11「実践ビジネス英語」)


【キャッスル】
SATC に続き、ここでも使われていた「死んでも〜したくない」
CASTLE wouldn't be caught dead.PNG
He was brought up here, but he's got some strange aversion to coming back.
He tried to torpedo the whole thing, said he wouldn't be caught dead in that house
.
「NY育ちのクセにこの街を嫌がってた
あの家には死んでも入らないと」
ドラマでは「死んでも入らない」と言い張っていた人が
実際は殺されてしまったという皮肉…。

torpedo (魚雷)には「粉砕する、台なしにする」という動詞がある。
(13/01/09「実践ビジネス英語」)

爆発系だと ↓ は自爆ですかね…。
The concert tonight was a bomb.
(今夜のコンサートは大失敗だった。)
(2019年4月号「英語5分間トレーニング」「今日の単語」)


去年の今頃、「実践ビジネス英語」、「実践ビジネス英語
I was surprised to learn that Japan has developed prototypes that can read emotions.
(感情を読み取ることができる試作ロボットを日本が開発したと知って、
驚きましたよ。)
何のためのロボットなんだろう?
悲しそうにしていると「ドウシタノ?」とか話しかけてくるのかな?
posted by ラジ子 at 14:30| Comment(0) | Our Magical World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする