2017年03月28日

structure

「実践ビジネス英語」

長く生きられるようになったら、それなりの苦労が発生するのも人生。

3/22放送分
And old-style pension plans are becoming a thing of the past.
− それに旧来の年金制度は過去のものになりつつあります。
同意表現
The two-week vacation (中略) is history as far as many professionals are concerned.
(2週間の休暇は (中略) 多くの専門職の人について言えば、過去のものです。)
(16/06/08「実践ビジネス英語」)

in the past (過去に)は、通常、完了形の文章で使われる、
と辞書に書いてありました。
I plead guilty to having done all those things in the past.
(実を言うと、私も過去にそうしたことをすべてやってきましたよ。)
(15/02/19「実践ビジネス英語」)
おー、ホントだ!
知らなかった。

The growing problem of student debt is making it harder for people to buy a home, start a family and save money for their retirement.
− 学生が抱える負債の問題が深刻化しているので、家を買ったり、
  子供をもうけたり、引退生活のために貯金をしたりするのが、
  これまでより難しくなっているのです。
start a family → 初めての子をもうける
We don’t intend to start a family right now.
(すぐに子どもをつくるつもりはありません。)
(06/12/22・23「ビジネス英会話」「あんな時、こんな時」)
未だになんとなく納得できない表現、であるからこそ
すぐに覚えられた表現でもある。

3/23放送分
学資ローンの深刻化について
And there’s no quick fix.
− しかも、手っ取り早い解決策がないのです。
形容詞
Instead they’re spending their money on “quick-fix” items such as beauty products and wine that are consumed quickly, give them immediate gratification and don’t cost a fortune.
(その代わりに、美容製品やワインのような、すぐに消費し、ただちに満足が得られ、それほど値の張らない「手っ取り早い」商品に、お金を使っています。)
(12/07/11「実践ビジネス英語」)

思っていた以上に似たような意味の表現がありました。
What we don’t want is just to rig up a system held together by band-aids.
(我々が避けたいのは、その場しのぎの解決策でつぎはぎされたシステムを
急いでつくることさ。)
(08/12/09「入門ビジネス英語」)
a makeshift team of American college kids
(アメリカの大学生でできた間に合わせのチーム)
(10/09/02「ラジオ英会話」)
We don’t need half measures, but a permanent solution.
(我々にはその場しのぎの策ではなく、恒久的な解決策が必要なんだ。)
(2011年4月号「英語5分間トレーニング」Word of the Day)

Working gives their lives a sense of purpose and structure.
− 働くことは、彼らの人生に生きがいとメリハリを与えます。
structure の部分が「メリハリ」?

やるべきことがキッチリ組まれているイメージでしょうか。
I wonder if kids benefit from having their day so structured.
(一日の予定がすごくきちんと組まれていることが、子どもたちのためになるのかどうか、疑問に感じているだけなのよ。)
(2001年「ラジオ英会話」)
structured … (予定などが)組まれている、構造がある


【キャッスル】
叱られる表現。
CASTLE call on the carpet.PNG
We got about an hour to figure out who really killed Glitch before I get called on the carpet by the chief of detectives.

「実ビジ」でも get called on the carpet でした。
Gradually I became afraid to show any initiative for fear of getting called on the carpet.
(次第に私は呼びつけられて叱責されることを恐れて、
イニシアチブを発揮するのをためらうようになったのです。)
(13/10/24「実践ビジネス英語」)

今、実際には Huluで「フレンズ」を2周目の視聴中。
もうクラシックの味わい...。
でも、セリフの聞き取りやすさはやっぱりピカイチ!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
…, I’ve been on a steep learning curve here at H&B.
(ここH&Bでは短い間に多くを学びました。)
聖四が任期を終えて、帰るビニェットでした。
posted by ラジ子 at 23:14| Comment(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする