2017年04月16日

pollen count

花粉の季節、真っ只中の今、いかがお過ごしですか?
【キャッスル】から、
I have a hay fever. 以外に花粉関係で使える表現。

娘のアレックスが大学進学に伴い、寮生活を始めます。
寮に送り届けた後、キャッスルの目に涙が...。
CASTLE pollen count.PNG
キャッスルの母:Darling, are you crying?
       (泣いてるの?)
キャッスル:No, it's allergies. The pollen count is high.
       (違うよ 花粉症のせい)

I can tell the pollen count is really high.
(花粉指数がとても高いのを感じるわ。)
↓ の本より
自由自在の英会話 遠山顕の英会話上級 (NHK CDブック) -
自由自在の英会話 遠山顕の英会話上級 (NHK CDブック) -

もうひとつ、今度は和解表現。
容疑を晴らすために仲良くなったことを主張する人。
CASTLE bury the hatchet.PNG
I met him on the beach a few months ago, and we buried the hatchet.

They need to bury the hatchet.
(彼らは和解する必要があります。)
(11/02/18「ラジオ英会話」)


改めてアプリで見てみると、NHKの語学講座って本当に充実していて、
お金がないとか、時間がないとか、そんな言い訳ができない状況。
あとは実践あるのみ!


去年の今頃、4/13「実践ビジネス英語」
Don’t let checking email sap your productivity.
(メールのチェックによって、あなたの生産性が損なわれることがないようにしてくださいね。)
Don’t let でのアドバイス表現。
posted by ラジ子 at 22:21| Comment(5) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

click around

「ラジオ英会話」

「実践ビジネス英語」を聞くのをやめた代わりと言ってはなんですが、
基礎英語3」、「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」、
ボキャブライダー」をアプリで聞き始めました。

4/5放送分
I have a mouse elbow from clicking around so much.
クリックしまくってマウス肘なんだよ。
どんだけー。
この around は、
マウスを「あっちこっちに動かしてクリックする」ニュアンスかな?

1998年度(!)の「ラジオ英会話」に
We wouldn’t want you to develop mouse elbow from too much typing.
(タイプをしすぎて「マウス肘」にならないようにね。)
というセリフがありました。
ほぼ20年前ではないの!

There’s a way around that.
− それを避ける方法があります。
Any way to get around this in the future?
(今度このようなことを避ける対策が何かあるかな。)
get around … (困難などを)避ける
(09/01/20「入門ビジネス英語」)
迂回のイメージ。

コントロールキーの使い方を教えてくれた人に
Emma, you just made my life easier!
− エマ、おかげで本当に楽になったよ。
これは、この形で使う。

4/6放送分
Every time I answer an email, they shoot back another question.
− 返事を書くたびに別の質問が飛んでくるし。

shoot は速さがポイント。
Just shooting off questions could make them uncomfortable.
(立て続けに質問を投げかけるだけでは、相手を不愉快にしかねません。)
(15/02/12「実践ビジネス英語」)

emailuncountable と言われていた時代があったけど、
もう普通に countable で使われる時代。(英語の歴史の生き証人)

It’s a losing battle.
負け戦よ。
11/09/29「ラジオ英会話」だと、もうちょっとセリフが長かった。
I feel like I’m fighting a losing battle.
(勝ち目のない戦いをしているようだわ。)


もう皆さんはとっくにダウンロードされていたかもしれませんが、
わたくし、語学アプリを今頃ダウンロード。
これ、すごいですね
ストリーミングが簡単に聞けるし、「ボキャブライダー」なんて、
テストまであって、たしかに通勤・通学にいいわ〜。
エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」はシャドーイングの教材にピッタリ!
これが無料なら使うしかないですよ。
受信料も払っていることだし


去年の今頃、「実践ビジネス英語
What I do, for example, is pour myself a cup of coffee and take 10 minutes or so to go over my ”to-do” list for the day.
(たとえば、私の日課は、自分でコーヒーを1杯入れてから10分間ほどかけて、その日の「やること」リストをじっくり点検することです。)
じっくり点検しても、1分あれば「やること」リストの点検完了しちゃうな...
posted by ラジ子 at 22:21| Comment(2) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

whistle for

「ラジオ英会話」

新年度なので、心機一転、turn over a new leaf 的に
背景を変えようと試みましたが、なぜか変わらず…。

4/3放送分
仕事の忙しさに悩むアンナが to-do list を作れば?とボブに提案された後、
さらにくわしくアドバイスされます。
Cross out the things that aren’t urgent.
− すぐやらなくてもいいものを消して
cross out … (線を引いて)消す・削除する
08/03/26・27「英会話入門」でも何かを cross out をしていたようです。
cross off も同意、
outoff も「無くなる感」ある。

Then start with the most difficult task.
− いちばん難しい仕事から始めてみればいい。

飲み会定番表現:「とりあえずビール」も
We’ll start with beer.
↓ この本より
3段階の発想で英語が伝わる! 100のツボ -
3段階の発想で英語が伝わる! 100のツボ -

そうすると午前中いっぱいかかると言うアンナに
It’ll be worth it, Anna.
やってみて損はないよ、アンナ。
やる価値があるという自信。

結果は保証しないけど、やってみれば?だと
It doesn’t hurt to ask.
(聞くだけ聞いてみたら?)
もありました。
It can’t hurt to 〜.
でもいいみたいですが、ニュアンスに違いがあるのかも。

4/4放送分
野鳥撮影のため、口笛で
Can you call an owl for me?
− フクロウを呼んでくれる?
口笛で〜を呼び寄せる → whistle for
(テキスト)

It’s a wrap!
お疲れさま
wrap up から来ているんだろうな。


【キャッスル】
娘とおもちゃの銃で戦って、1000点達成して買ったキャッスル。
↓ は負けた娘のアレクシス。
CASTLE the icing on the cake.PNG
And that is the icing on the cake that has been my day.

That was the icing on the cake!
(それがなんといっても最高でした。)
(11/10/21「ラジオ英会話」)

画像検索結果を見るのも楽しい the icing on the cake


去年の今頃、「ラジオ英会話
It was an honest mistake.
(うっかりしていたんだ!)
うっかりミス、ブログ上で私も何度もやっちゃってます。
それなのに、文句も言わずに読んでくださる方がいるって、
なんだかうれしくて、ありがたい(涙)
posted by ラジ子 at 23:13| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする