2017年04月30日

up to

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」、
毎週月曜日は「私の街」というストーリー。
今月と来月は京都が舞台になっています。

聞きながらシャドーイングとかやってまして、
その際に、こんなに簡単な言い方で表せるんだな〜と思うことがよくあります。

たとえば、「京都では建物の高さは31メートルまで(と決められている)」
と言う場合、
In Kyoto, buildings can only be up to 31 meters high.

restrict とか使いたくなるけど、
こういういい方でも言えるんだな〜。

「ここまで」の up to
I’m up to my ears in work.
(はい、仕事が山ほどありますから。)
(09/11/30「ラジオ英会話」)

「たくらむ」場合も up to
Guess what they’re up to?
(彼らが何をもくろんでいるかわかりますか?)
(06/09/18・19「ビジネス英会話」)


下賀茂神社 みたらしだんご」で検索するとでてくる、
だんごが5つで、1個目と2個目の間にすきまがある、
独特のだんごを表現するとき。

There are five dangos on one stick.
There’s a space between the one on top and the others.

on one stick で刺してあることが表現できて、
だんご1個分の間が空いているので a space
すきま between 一番上の1個 and その他
たしかに!


【モダン・ファミリー】
お願いもしていないのに、計画なしに、行動を起こす人のこと。
MF spontaneous.PNG
Jay's very spontaneous. He's always surprising me with little presents, fun getaways.
(ジェイは私を甘やかしてくれるの プレゼントや旅行でね)

Spontaneous kindness can be so startling, can’t it?
(さりげない親切な行為にとても驚くことがありますよね。)
(16/09/08「実践ビジネス英語」)

ふっと思い立って、行動を起こす感じですかね〜。
そろそろ「受容語彙」から「産出語彙」にレベルアップできそう。


去年の今頃、4/27「実践ビジネス英語」
No man really becomes a fool until he stops asking questions, as they say.
(よく言われるように、人は、質問するのをやめないかぎり、本当に愚かになることはないのです。)
ことわざの世界でも、今後 man からthey に変わっていくのかでしょうか?