2017年05月05日

written all over one's face

【キャッスル】

危険な男に追われているキャッスル達。
ベケットがタクシー運転手に助けを求めます。
ベケット:We need your help.
     (助けて)
運転手:You got trouble written all over you.
     (面倒はごめんだ。)
CASTLE written all over your face.PNG
14/09/03「ラジオ英会話」では、
ただならぬものが表情に出ている友人に
It’s written all over your face.
(顔にそう書いてあるよ。)
と言うセリフがあり、本来は one’s face が正しいようですが、
cab driver は移民らしかったので、broken English だったのかも。
喜び、悲しみ、怒りなど、感情が顔にでてしまっている場合の表現。

その後、1000ドル払うから乗せてと頼むキャッスルに、
今、キャッシュを見せろと言うドライバー。
CASTLE don't have on me.PNG
キャッスル:Well, I don't have it on me but I do have this lovely watch.
     (今は持っていないが腕時計がある)

「今は」持っていない時の on me
I don’t have any coins on me.
(僕はコインの持ち合わせがない。)
(16/05/09「ラジオ英会話」)

せっかくなのでブログから on me を含む表現を抜粋。
It dawned on me that he didn’t like me.
(彼が私のことを好きでないことが、やっとわかってきた)

Don’t take it out on me!
(八つ当たりしないでよ)

It's on me.
(わたしのおごりです)

Take it easy on me.
(お手柔らかに。)

Go easy on me!
(大目に見て!)


4/28放送「基礎英語3」、
「投野先生のワンポイントアドバイス」がまたまたよかったんですよ〜。

先週、単語やフレーズには、自分から使えるようにしたいものと。意味だけ知っていればいいものに分けた方がいいと言いましたよね。「産出語彙」と「受容語彙」覚えていますか?さて、中学3年生ぐらいだと「産出語彙」の目標はだいたい500語くらいなんですね。そして、「受容語彙」は1000語から1500語くらいあるといいです。これで高校入試くらいのレベルなんですよ。すごいことに、英語を母語として使うネイティブスピーカー、会話のデータ1000万語集めて頻度リストを作ると1番よく使われるトップの100の単語、100の単語だけで全体の67%もカバーするんですよ。そのくらい限られた単語の使いこなしが重要っていうことですね。みなさんも、難しい単語をたくさん覚えることよりも、知ってる単語をじょうずに使う、これを是非ね、身につけるようにしてくださいね。

この単語仕分けの概念、もっと早いうちに知りたかったー。
特に「話したい人」にとっては重要ポイント。


去年の今頃、「実践ビジネス英語」 4月号 Our Magical World
Charlie had second thoughts about his restaurant choice but what was done was done.
(… このレストランの選択は正しかったのだろうかと、
チャーリーの気持ちはぐらつきましたが、すでに選んでしまったこと。)
リサさんのお友達の話。
今、ダイジェスト的に読んでも、ドラマみたいで面白かったです。
posted by ラジ子 at 22:01| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

counterfeit

「ラジオ英会話」

今年からは真面目に
Old News Is New Again を聞くことにしました( ̄▽ ̄;)

Japan ranks 111th in world gender equality

世界経済フォーラム発表の男女平等ランキングによれば
Of 144 countries, Iceland ranked the most gender-equal in the world for an 8th straight year.
− 144か国のうち、男女平等が最も進んでいる国として、
  8年連続でアイスランドが1位になりました。
the 8th でなく an 8th なの?という感想もありつつ、復習 ↓

「2年連続で」の英文
The report says that in 2004, Japan marked the longest life expectancy for the second year in a row, ...
(報告書によると、2004年、日本は2年連続で最長平均寿命を記録、...)
(06/08/14・15「英会話上級」)
Chicago, for the second year in a row, was voted the most stressful city in America last year.
(シカゴは昨年、アメリカで最もストレスの多い都市に2年連続で選ばれたのです。)
(10/04/14「実践ビジネス英語」)
A Japanese pastry chef has been named “Best Foreign Chocolatier” at a world chocolate fair in Paris for the second year in a row.
(パリで行われた世界チョコレートフェアで、外国人部門の
最優秀ショコラティエに、日本人パティシエが2年連続で選ばれました。)
(13/03/25「ラジオ英会話」)

もしかすると、2年程度の連続では、点と点を結んで straight
するだけの長さが足りないから in a row なのかな?

おまけ
This makes five straight rainy days.
(これで5日連続で雨ね。)
(10/04/06「英語5分間トレーニング」)
This is the third day in a row that I’ve had to feed and walk the dog.
(犬に餌をやって、散歩をさせなくちゃならなかったのは、これで3日連続だよ。
(10/04/10(土) 「英語5分間トレーニング」)


Britain introduces its first plastic banknotes

イギリス導入のプラスチック紙幣は
It’s about 15 percent smaller than its predecessor.
従来のものより15パーセントほど小ぶりになっています。
predecessor って人間以外にも使うんですね。
Rita, your predecessor, had a bad habit of nattering about her household woes at staff meetings.
(リタは、あなたの前任者ですが、家庭での悩みごとをスタッフ会議でぶつぶつこぼすという悪い癖がありました。)
(07/10/8・9「ビジネス英会話」)

新紙幣導入の目的のひとつ。
The Bank of England says the note has security features that make it harder to counterfeit.
− イングランド銀行によると、この紙幣には偽造をより難しくする
  安全対策が施されているということです。
counterfeit … 偽造する
パスポートやブランド品なんかも counterfeit されている。

丈夫で長持ちなのでコスト減につながる。
The bank also says the plastic notes can survive a spin in the washing machine, and that their longer life will reduce production costs.
− 同銀行はさらに、プラスチック紙幣は洗濯機の回転でだめに
  なりにくく
、耐用年数が延びることで紙幣の製造コストが
  削減できるとしています。
survive 〜 … 〜を乗り越える、〜でだめにならない

2008年5月にポッドキャストから聞き取った英文。
The 24-year-old pitcher has survived a bout with lymphoma two years ago which temporarily derailed his baseball career.
「リンパ腫を乗り越えた」ということ。
この選手のニュースでした。

↑の聞き取りをしていた時、
a boutabout に聞こえて苦労した、と書いてありました。
たしかに難しいな。
うん、難しいけど、よくがんばった!

ごほうびにこの曲を自分に送ろう。



去年の今頃、4/28「実践ビジネス英語」
And I think we’ve only scratched the surface in terms of developing its potential as a way of raising money.
(ですが、資金調達の方法としてその可能性を高めるという観点からは、
私たちは少ししか活用していないと思います。)
上っ面をなでる」という和訳、
この表現のネガティブなニュアンスがよく出ているなー。
posted by ラジ子 at 12:52| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする