2017年05月17日

garden-fresh

「ラジオ英会話」

眞子様、ご婚約おめでとうございます。(時事ネタ)

5/8放送分
裏庭に菜園を作る計画を立てるジョン。
I’ve been reading up on organic gardening.
− 僕はこのところ有機農法について調べているんだよ。

過去の read up on
I’m reading up on some classes that are offered here.
(ここで受けられるコースについて、すこし読んで調べているの。)
(09/09/15「ラジオ英会話」)
I’ve been reading up on cat behavior.
(私、このところ猫の行動について調べているの。)
(14/11/18「ラジオ英会話」)

「有機農法」を直訳すると organic farming だと思うのですが、
この場合は farming だと規模が大きくなりすぎるんでしょうね。

garden-fresh lettuce取れたてのレタス
1998年度「ラジオ英会話」で
Well, you must be eating jet-lagged vegetables in the city.
(あなたがたはきっと都会で時差ボケの野菜を食べているんでしょうね。)
jet-lagged … 時差ボケの(空輸されて鮮度の落ちた)
という単語をゲットしたけど、野菜といっしょに今でも使うんだろうか?
(なにしろ約20年前のダイアローグ...)

準備を進めている様子を知ったメアリー。
You’ve put some thought into this.
− もう考えていたのね。

動詞と thought の組み合わせ
I’m having second thoughts about this.
(私、これをすることに二の足を踏んでいるんです。)
(16/05/17放送分「ラジオ英会話」)
I hadn’t given it that much thought.
(そこまで考えていなかったわ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

5/9放送分
縦横30フィートの菜園を計画中のジョンにメアリーが
I hope you’re not biting off more than you can chew.
欲張り過ぎて無理をしていないといいけれど。
自分自身にも使える。
I guess I bit off more than I could chew.
(すこし無理をしすぎたようだ。)
(10/05/20「ラジオ英会話」)
↑ もジョン・ドウのセリフ、過去形なので bit か、ふむふむ。

やる気満々のジョン。
I figure it’ll be worth the effort.
努力に見合う価値があると思うんだ。
This was worth all the effort!
(これはがんばったかいがありました。)
(12/07/05「ラジオ英会話」)
ハワイに行って何かをがんばったときのセリフ。

worth 関連のおまけ
For what it’s worth, it’s easier to train a dog on a leash.
(役に立つかどうかわかりませんが、犬はひもをつけると訓練が楽ですよ。)
(09/10/21「ラジオ英会話」)


仕分けの結果、ほとんど削除したポッドキャストでしたが、
今、1つだけ登録しているポッドキャストで聞いた話。
アメリカ人がよく使う rain を含むイディオムとして
When it rains, it pours.
Can I take a rain check?
rain or shine
get rained out (rain out)
rainy day
などが紹介されていましたが
It’s raining cats and dogs.
は普段言わないとのことでした。
使うとしたらユーモラスに、とのこと。

そんな気がしてたー


去年の今頃、「実践ビジネス英語
This may be over-generalizing but they tend to have very solid, traditional values.
(こう言うと一般化しすぎているのかもしれませんが、彼らは、非常に強固で伝統的な価値観を持っている傾向があります。)
世代の違いのビニェット。
ベビーブーマーのことかな?
posted by ラジ子 at 10:21| Comment(3) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする