2017年05月25日

mark off

「ラジオ英会話」

いよいよ種まき。

5/17放送分
Push this stake in the ground here.
− この支柱をここに突き立てるんだ。
stake のイメージはこういう棒

stake の場所取り表現
Every single father here seems to have ... staked out a spot.
(ここにいる父親は一人残らず場所を確保してるみたいだもの。)
(06/09/13「英会話徹底トレーニング」)
↑ 子供の運動会の場所とり。

We’re going to mark off the first row.
− 1列目の目印を作るよ。
mark off … 目印を作る
mark off this area for athletic practice → この区画をスポーツ練習場として区切る
(ジーニアス)
区切りの目印をつけるという感じ?

「線を引いて消す」という意味もあって、その場合は
Cross out the things that aren’t urgent.
(すぐやらなくてもいいものを(to-do list から)消して。)
cross out … (線を引いて)消す・削除する
と同意。
(17/04/03「ラジオ英会話」)

Now tie this piece of string to each stake to make sure the row is straight.
− では支柱をこのひもで結んで。列がまっすぐになるようにするんだ。
to の後ろにつなぐ場所。

「実ビジ」だと、単純な場所にはつながない。
And to make matters worse, when we do manage to escape and go on vacation, we’re still tied to the workplace by our cell phone or computer.
(そして、さらに悪いことに、どうにかこうにか脱出して休暇に出かけた時にも、私たちは携帯電話やコンピュータによって職場とつながっています。)
(16/06/09「実践ビジネス英語」)

5/18放送分
Make sure you plant the seeds six inches apart.
− 必ず6インチ間隔に種を植えるように。
言えそうで言えない系。
間隔について質問することもあまりないと思うのですが
How far apart are the pillars?
(柱と柱の間隔はどのくらいありますか?)
(プログレッシブ)
なんていう英文もありました。
辞書によれば far が無いと成立しないとのこと。

プーキーとスノウィが邪魔ばかりするので
I’ve just about had it!
− もういい加減たくさんだ!
just about →「だいたい、ほぼ、もうちょっとのところで」
(ジーニアス)
↓ の時は英文が長すぎて、気にも留めなかった…。
That’s because just about everything a company does is out in the open.
(なぜなら、会社のやっていることは、ほぼすべてが公開されている状態だからです。)
(14/05/22「実践ビジネス英語」)


5/17「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」は落語、
「粗忽の使者(The Forgetful Samurai)」のお話でした。

物忘れの激しい侍がこんなふうに馬に乗ってしまったので使用人にESE backward.jpg
You are on the horse backward!
と言われたりします。

6月12日、Eテレ「超入門!落語 THE MOVIE」で、
「粗忽の使者」の放送があるそうですよ〜。
興味のある方はこちらもおすすめ!です。
(私は総合テレビで視聴済み)


去年の今頃、5/18「実践ビジネス英語」
Hence more older workers have found themselves being hired and managed by people much younger than they are.
(ですから、年長の従業員たちは気がつけば、自分たちよりはるかに若い人たちによって雇用され、管理されるようになっているのです。)
ふと「気づく」英文。
ところで、Hence って、日常会話で使うのでしょうか?
職場での会話ならアリ?
posted by ラジ子 at 10:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする