2017年06月28日

ruckus

「ラジオ英会話」

動物関係の仕事をしている人の会話。

6/19放送分
屋根裏部屋で騒がしくしているアライグマの捕獲。
Something was making a big ruckus.
− 何かが騒がしい音を立てて
make a big ruckus … 大騒ぎをする
久々に聞いた単語。
↓ は、日本の市場でサクランボの取引を見た外国人のセリフ
What’s the big ruckus?
(何の騒ぎ?)
(07/05/23・24「英会話上級」)

I need to make sure it’s not rabid first.
− まず狂犬病にかかっていないか確かめる必要があります。
rabid … 狂犬病、恐水病にかかっている
アライグマも「狂犬病」にかかるのね。

ダイアログを初めて聞いた時、rabbit かと思った…

名詞
What if he has rabies?
(もし狂犬病だったらどうするの?)
(09/06/05「英語5分間トレーニング」)

After I catch it, I’ll release it to the wild.
− 捕らえたら、野生に返します。
動物のいるべき場所、それが the wild
↓ は、リオが野うさぎ(jackrabbit)を飼いたいと言った時、
父のジョンが諭したセリフ。
He belongs in the wild.
(あれは野生であるべきなんだ。)
(17/05/23「ラジオ英会話」)

6/20放送分
ペットトリマーは英語だと pet groomer
My aunt grooms show dogs, and she took me under her wing.
− 叔母が品評会用の犬のトリマーをやっていて
  私に目を掛けてくれたの。
groom … (ペットや馬などの)トリミング・グルーミングをする

groom の英文
He’s grooming himself in the closet.
(クローゼットで毛づくろいをしています。)
groom oneself … (動物が)毛づくろいをする
(09/10/15「ラジオ英会話」) ↑ はネコ
We’re constantly looking to groom people for future management positions, ...
(私たちは常に、(中略)将来の管理職の育成を目指しています。)
groom … 仕込む、教育する
(11/06/17「実践ビジネス英語」)

I’d love to get some experience working with animals under my belt.
− 動物の世話をする仕事の経験を積みたいんだ。
under one’s belt が「獲得して、習得されて」という意味。
↑ 意味としては under my belt が無くてもいけそう。
workers with two or more languages under their belt are better-placed to land top-paying jobs.
(2か国語以上身につけている労働者は、高収入の職に就くのが有利になるということですね。)
(09/03/20「実践ビジネス英語」)


「ドラマを字幕なしで理解できる率の向上」のため
せっせとドラマを見ています

最近はまた「モダン・ファミリー」に try していまして、
なるべく字幕を見ないようにしていたら、
字幕ありで見ていた時には気づかなかった単語が聞こえてきました。
a bar of soap (1個の石鹸)
これ、6/8「ラジオ英会話」で習った時に、「初めて知った」
と思ったけど、実はひとつのエピソードの中で
4回も出てきていたんですよ!
トホ…

まだまだ先は長いな〜。


去年の今頃、6/16「実践ビジネス英語」
「ラジオ英会話」
Nevertheless, the hare wants to challenge you to another race.
(ですが、野ウサギさんはあなたに別のレースを申し入れたいとのことです。)
↑ 「ウサギとカメ」の登場人物へのインタビューでした。
posted by ラジ子 at 23:20| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする