2017年07月26日

nice and slow

「ラジオ英会話」

trailrailroadrailing など、
rail から派生した単語が多い日。

7/17放送分
ココヘッドクレーターへ向かう2人。
I heard you can’t beat the view at the top of the trail.
− 登山道を上りきったところの眺めは最高だと聞いたよ。
You can’t beat … 〜は最高です。〜にはかないません。
But Dad, you can’t beat the visuals.
(でも、お父さん、ビジュアル化したものには勝てないよ。)
コンピューターゲームを使って勉する方がずっと面白い、
という息子。
(1998年度「ラジオ英会話」)

beat の入った英文
It sure beats room service.
( (ごちそうになった夕食は)ルームサービスと比べるまでもなく、最高でしたよ。)
beat … まさる、しのぐ
(09/12/14「入門ビジネス英語」)
I know but I’ve got this splitting headache that I can’t seem to beat.
(わかっているわ、でもこの頭痛がひどくって、どうしようもないの。)
beat … 追い払う、撃退する
(09/01/12「ラジオ英会話」)
Even as interns, they behave like worker bees, constantly on the go to beat the clock on scheduled assignments.
(まだインターンなのにまるで働きバチのような習性があって、与えられた任務を定刻どおりに片付けようと、絶えず動き回っているのですから。)
beat the clock … 時間どおりに[期限前に]仕事を終える
(07/01/12・13「ビジネス英会話」)

There are 1,048 steps, which are actually old railroad ties.
− 階段が1,048段もあるのよ、それが何と古い線路の枕木なの。
railroad をつなぐ(tie) 役割だからなのですね、へー。
画像検索結果

楽しそうというハーヴィーに
Fun? It’s described as an endurance test according to one online review.
− 楽しそう?ネットの口コミには、
  ある種の耐久テストだって書いてあったわよ。
↑ の口コミが今風とすれば ↓ は昔風。
Its popularity spread by word of mouth.
(その人気は口コミで広がったんだね。)
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 -
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 -

endurance と聞くと「持久走」を思い出す

7/18放送分
KoKo Crater Trail を上っている途中で
Let’s take a breather.
一息つきましょう。
Why don’t you sit down and take a breather?
(腰を下ろして、一息ついたらどう?)
(17/04/11「ラジオ英会話」)

trestle … トレッスル橋
画像検索結果

And there’s no railing or safety netting.
− おまけに手すりも安全ネット設備もありません。
画像検索結果

We’ll just take it nice and slow.
− とにかく慌てずゆっくりいくことだな。
nice and → [後ろに来る形容詞を強調して]たいへん、大いに、十分に
(ジーニアス)
nice andvery らしいです。
It looks nice and sturdy.
(とてもしっかりできているみたい。)
(13/08/08「ラジオ英会話」)


7/18のダイアログの fear of heights (高い所が怖いこと)
に関して「have acrophobia は高所恐怖症という強い恐怖を
持つことであり、聞いた人は驚く」(テキスト)
という説明がありました。
ですよねー…。

昔、この手の難しい単語をせっせと集めていたけど、そもそも
覚えるのも難しいし、ネイティブは「普通は使わない」と言うし、
で、ほとんど忘れていました
acrophobia(高所恐怖症) / claustrophobia(閉所恐怖症)
agoraphobia(広場恐怖症) / hippophobia(馬恐怖症)
ophidiophobia (ヘビ恐怖症) / arachnophobia (クモ恐怖症)
最初の3つだけ、聞いてわかるようにする程度でいいとして、
あとは忘れても問題なさそう。
特に「馬恐怖症」はビミョー中のビミョーって感じ( ̄▽ ̄ ;)


去年の今頃、「実践ビジネス英語
It’s important to note, by the way, that more and more of their purchases are being made online.
(ただ、注目すべきは、オンラインでの買い物がますます増えていることです。)
オンラインの買い物だと、店側のメリットとして
万引きの心配がない、というのもあるな〜。
posted by ラジ子 at 12:57| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

spatula

ちょこっと「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」から。

7/10(Mon.)
大阪で、お好み焼きを箸で食べようとしたら
・… if you don’t mind, why don’t you try eating it with the spatula?
へらで食べれば?という提案を受けていました。
お好み焼きの「へら」は spatula だそうです。

お好み焼きとご飯を注文した先輩に
・…, it’s carbs with carbs.
炭水化物に炭水化物( ̄▽ ̄ ;)

We finish eating our okonomiyaki in silence.
黙々と食べた、という感じ。
We drove back to the city in silence, …
(私たちは無言で帰りました。)
(2015年4月号 Our Magical World)
Don’t suffer in silence.
(黙って苦しまないで。)
(10/07/26「英語5分間トレーニング」)

13/06/28のエントリーに書いてあったメモ
read out loud の反意語 → read in silence

7/11(Tue.)
油屋さんで店番をしていたオウムが、突然入ってきた猫に驚いて壺を倒した
She flew around the shop from shelf to shelf and knocked over many oil jars.
手(↑では羽)で叩いて、落ちる時の knock
Everything is in jumble since you knocked all the stuff on the floor.
(君が全部床に落としちゃったから、みんなごちゃごちゃになってるよ。)
(06/07/24「徹底トレーニング英会話」)
酔っぱらった人がテーブルの飲み物を倒す場合も
knock over 〜’s drink
これ、ホントに「飲み会あるある」

怒った油屋店主が、オウムをひどく殴ったので
He hit her so hard that all the feathers on the parrot’s head came off.
毛が抜けた…。
I understand your crown came off?
(差し歯が外れたということですね?)
(15/01/13「ラジオ英会話」)
If I’m not mistaken, one of your false eyelashes has come off.
(僕が間違っていなければ、つけまつげが1つとれているよ。)
(10/02/04「ラジオ英会話」)

come off の別の意味、「〜という印象を与える」を
この日に復習。

類似表現に come across もあったな〜と思っていたところ、
復習教材に発見。
What comes across is a lack of character.
(印象として伝わってくるのは、特色がないってことですよ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

意識していたから、聞こえてきたのかも。

さーて、先週分の放送をアプリで聞くぞー


去年の今頃、「ラジオ英会話
you fit right in with those sandals.
(きみにはそこにあるサンダルがピッタリだ。)
fit right in with 〜 … 〜がピッタリ合う、〜にうまく溶け込む
似合っている、という意味。
Those sandals fit you.
だと、サイズがぴったりということか、まぎらわしい…。

2017年07月21日

get in the way

「ラジオ英会話」

なぜか今日も長め。

7/12放送分
シャーリーのフラダンスレッスンに誘われたハーヴィー。
I’d just get in the way.
− 皆さんの邪魔になるだけです。
get in the way … 邪魔になる
たぶん、↓ が反対の意味
As an incurable precrastinator, I always try to get things out of the way ASAP.
(救いがたいプリクラスティネーターとして、私はいつも、
できるだけ早く物事を片づけようとするのです。)
get things out of the way … 〜を片づける
(16/11/17「実践ビジネス英語」)

邪魔にならないから、どうぞと誘われて
Alright if you twist my arm.
− 分かりました……どうしてもということなら
定番は
If you insist.
だと思う。
7/10(月)の「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」では
お好み焼きをヘラで食べるように勧められた人が
OKIf you say so, Nakayama-san.
と返事をしていました。

Follow my lead.
− 私のリードに従って。
バリエーション
I’m sure our American cousins will see the light soon enough and follow the lead of other countries.
(きっと、私たちのいとこのようなアメリカ人はそのことをすぐに
理解して、ほかの国々にならうようになると思いますよ。)
follow the lead of … 〜の例にならう
(16/11/10「実践ビジネス英語」)

7/13放送分
観光ショーのボランティアでダンス披露したハーヴィー。
Give this gentleman a big hand!
− こちらの男性に大きな拍手を
↓ も両手でなく a hand
I also like that being an ecotourist means you can lend a helping hand to boost the local economy.
(私はまた、エコツーリストであれば地元の経済を押し上げる力になれる
という点が気に入っています。)
(15/07/08「実践ビジネス英語」)

いつからサーファーになったのかとMCに質問されて
Yesas of this morning.
− はい、今朝から
as of 〜 … 〜(という日時)から
since のような意味。
最近はこの「〜以降」でよく聞く気がする。

↓ は「〜(という日時)の時点で」
India’s literacy rate was 74 percent as of last year ...
(昨年度現在、インドの識字率は74%で、...)
  ↑ 改めて読むと、「昨年度現在」って言葉がなんかヘンな気がする
(11/09/20「ラジオ英会話」)
As of now, what’s our current status?
(現時点での我々の状況は?)
(09/09/28「入門ビジネス英語」)


初めて ↓ この表現を習ったときの「?」感が忘れられない。
She’s just as good as a male trainer, if not better.
(男性のトレーナーに全くひけを取らないし、ひょっとすると男性以上かもしれないね。)
(1999年「ラジオ英会話」)
和訳が「ひょっとすると男性以上」なのに not better って、
何か整合性がとれていない感じ…。

でも、いくつか用例に出会ったり、コメント欄で
教えていただいたりしているうちに、なんとなく入ってきました。
I imagine that will be true of most, if not all, of the other guests, too.
(想像するに、ほかの招待客も、全員ではないにしても
大半の人が初めてでしょうね。)
(16/03/03「実践ビジネス英語」)
if not 〜は、可能性の中の最大値のイメージ。

で、英語本を読んでいた時に if not のいい例があったのでメモ。

きまぐれロボット―The capricious robot 【講談社英語文庫】 -
きまぐれロボット―The capricious robot 【講談社英語文庫】 -

While he was out, there was a strong earthquake. If he had stayed in the house he would have been buried under falling rubble, and, if not killed, then seriously injured.
英語の本なので和訳は載っていないのですが
以下のような和訳になる可能性あり。

「出かけている間に大きな地震があった。
もし家にいたら瓦礫の下敷きになって」
A死ぬことはなかったとしても、重傷を負っていたかもしれない。
B:重傷を負っていたかもしれないし、ひょっとすると死んでいたかも
最初に習った時の和訳が B パターンだったのでわかりにくかったのですな。
最初に A パターンの和訳に出会っていたら、
すんなり理解できていたのかも...。

念のため、翻訳前の原文を確認したところ、
死なないまでも、大けがをしたにちがいない」
でした。


去年の今頃、7/14「実践ビジネス英語」
We use online reviews to bridge the gap between online and offline.
(オンラインオフラインとの間のギャップを埋めるために、
わが社がオンラインレビューを活用しているからです。)
bridgefill the gap の2種類使えるようにしておきたい。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする