2017年08月16日

devastating

「ラジオ英会話」

ジョージと long-lost brother ヘンリーについての過去がわかる週。

8/7放送分
Al smooths things over.
− アル、事を丸く収める
この日のダイアログのタイトル。
16/02/18「ラジオ英会話」では、iron out の同意表現として
smooth over が紹介されていました。
I hope you can iron things out.
(問題を解決できるといいですね。)

娘のペニーに声を荒げた(raise his voice)ことを反省するジョージ。
I shouldn’t have lost my temper.
− 私は腹を立てるべきではなかった。
↓ は it バージョン
Something inside of me clicked and I totally lost it.
(私の内側の何かがカチッと音を立て、私はすっかり理性を失ってしまいました。)
lose it … 平静さを失う、カッとなる、笑い・涙などをこらえきれなくなる
(2014年4月号「Our Magical World」)

ペニーに謝るジョージ。
I’m sorry I blew up at you.
− お前をどなりつけて悪かった。
Constantly blowing up at your subordinates is a surefire way to create a dysfunctional organization.
(部下をしかりつけてばかりいると、確実に組織が機能不全に陥りますよね。)
(13/10/24「実践ビジネス英語」)

パワーを感じる単語 blowphrasal verbs
Thomas blew his top when he was hassled by a couple of drunks on the street.
(トーマスは道で2人の酔っ払いにしつこくからまれて、かんかんに怒った)
(09/02/12「実践ビジネス英語」)
Look, I was just blowing off some steam.
(ウサ晴らししてただけだ)(「キャッスル」)

8/8放送分
わがままなヘンリーがジョージの工具箱を取ってしまった。
I told on him.
− だから私は言いつけたんだ。
I’m going to tell on him when Mom and Dad come home.
(ママとパパが帰ったら言いつけてやるんだから。)
(13/04/09「ラジオ英会話」)

両親がヘンリーから道具箱を取り上げなかったため、
Favoritism in a family can be devastating.
− 家庭内のえこひいき大きなダメージになりえるわ。
関連表現
They’ve always favored her!
(2人はいつでも彼女がかわいいのよね!)
favor … 〜を特にかわいがる、ひいきする
(13/04/08放送分「ラジオ英会話」)
I don’t play favorites.
(えこひいきはしません。)
(08/03/21・22「ビジネス英会話」)

devastating … 大変な・壊滅的なダメージを与える
↑ 初メモだったことにビックリ。


8/8 の U R the ☆! のセリフ、
「私の姉/妹がいつもハムをこっそり食べていました。」
の「こっそり食べる」が
My sister always sneaked ham.
だそうです。
えー、そんなんでいいのー?
sneaked (into the kitchen and ate) ham
↑ のカッコを省略したと思えばよいのでしょうか?
改めて辞書を読むと SVOO もありました。
sneak John a piece of cake
(ジョンにケーキをこっそり渡す)(ジーニアス)

知っている単語の中で、
「こんな言い方できるんだ!」
がまだまだあるような気がする。


去年の今頃、8/10「実践ビジネス英語」
Social media lets people be anonymous and not take responsibility for their actions.
(人々が匿名になって自分の行動に責任を持たないことを、
ソーシャルメディアが許しているのです。)
世の常ながら social media double-edged sword であります...。
posted by ラジ子 at 22:18| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする