2017年08月31日

be taken off guard

「ラジオ英会話」

話のおさめ方がちょっとした短編小説のあじわい。

8/23放送分
ペニーが電話をした時のジョージの反応。
Well, I will say he was completely taken off guard.
− ええと、はっきり言っておじさんは完全に不意を突かれて驚いていたわ。
I will say … はっきり言って〜です・でした
I would だと断定を避けて意見の強さをやわらげるそうで、
I’d say の英文はブログ検索するとそこそこヒット。
I’d say dress sharply, for one thing.
(一つは、洗練された服装をすることでしょうね。)
(15/02/11「実践ビジネス英語」)
I’d say new technologies are transforming our way of living on a par with the industrial renovation...
(新しいテクノロジーは、産業革命(中略)と同じくらい、私たちの生活様式を変貌させつつあると思います。)
(08/03/17・18「ビジネス英会話」)

be taken off guard … 不意をつかれて驚く
同意表現
Yes, it really took me by surprise.
(そうなのです、まったく不意をつかれました。)
(15/12/02「実践ビジネス英語」)
That really caught me off guard!
(不意を突かれて(慌てて)しまいました!)
(14/12/09「ラジオ英会話」)
ニュアンスとしては、これも近いらしい。
At first I was a bit taken aback by her suggestion, but she convinced me that these days it’s not so unusual.
(その提案に最初はちょっとびっくりしましたが、近頃ではそれほど
珍しいことではないと彼女に言われて、納得しました。)
(09/12/18「実践ビジネス英語」)

ヘンリーとしては
He thought you disowned him.
− パパが縁を切ったと思っていたんですって。
He said his mom would disown him if she found out.
(母親が知ったら、自分との縁を切るだろう、と言いました。)
(14/12/18「実践ビジネス英語」)
↑ は「おれおれ詐欺」の犯人が電話口で言ったセリフ。

ペニーのアイディア。
I invited Henry and his wife out for dinner tomorrow night.
− ヘンリー夫妻を明日の夜、外でのディナーに招待したわよ。
out でなくて over なら家への招待、という説明あり。

8/7の「基礎英語3」、GET IT RIGHT (練習問題)
「今晩、うちに晩ごはん食べに来ない?」
Do you want to come over for dinner tonight?
を聞いた時にも「『うちに』は over」と再確認。

8/24放送分
ヘンリーの仮定法のセリフ。
If it were not for your dad, I would have never left home and met my beautiful wife, Beth.
− 君のパパがいなかったら、僕は家を出ることも
  美しい僕の妻べスに出会うこともなかったろう。
「現在には存在しているが」ということで、if 節は仮定法過去。
If not for mistaken phone number, you wouldn’t be here?
(間違い電話がなかったら、あなたはここにいないですって?)
(07/06/05「徹底トレーニング英会話」)
 ↑ この日、if not forif it were not for かと考えたのですが
実際には間違い電話が(過去に)あったのだから
If it had not been for でしたね...。

もう仮定法はイヤだー


【メンタリスト】
事件がらみのドラマなので、頻出なのかもしれませんが、
disown を別々のエピソードで発見。
His dad found out. Almost disowned him.
(父親に知られホリスは勘当されかけた)
He disowned Eileen …,
(アイリーンを勘当した…)
講座で聞いて、潜在意識領域(?)にしっかり存在している単語は
入ってきやすいんだろうな…。


去年の今頃、8/26「実践ビジネス英語」
They’re in control of their lives, and aren’t subject to the angst that makes so many people’s lives miserable and unfulfilling.
(彼らは自分の人生を自らコントロールしているので、非常に多くの人の人生を
不幸なもの、満たされないものにしている不安にさらされることはありません。)
幸福な人についての英文。
去年のこのあたりから
「実ビジ」を聞くのをやめようと思い始めていた気がする。
そして、その決断は、私にとっては正解であった...。
posted by ラジ子 at 11:21| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする