2017年11月15日

bickering

「ラジオ英会話」

今月は、友人の結婚の危機を救うドウ夫妻の話。

11/6放送分
イベント当日に、ゲストが来ることを聞かされたメアリー。
Why didn’t you tell me sooner?
− どうしてもっと前に言ってくれなかったの?
招待することが決まったらすぐに、の soon
「今日より前に」だったら earlier でもよかったのか?
使い分けが未だに難しい( ̄∇ ̄;)

I can’t deal with their bickering!
− 私、あの人たちのネチネチした口げんかは耐えられないわ!

ほかに耐えられないもの
Ohh, I can’t deal with this heat!
(あーあ、この暑さ、どうしようもないわ!)
(10/08/03「ラジオ英会話」)

bickering … (ささいな事での)ネチネチした口げんか・言い争い
動詞
Ever since they got hitched, they've bickered over this and that.
(叔父と叔母は結婚以来ずっと、あれやこれやで言い争いを続けてきました。)
(06/07/18・17「ビジネス英会話」)
↑ この日の Vocabulary Building というコーナーで、
「誰が犬にえさをやるかで言い争う」という例文も紹介されていたらしい。

I put up with your friends!
− 僕は君の友だちのことを我慢しているだろう!
同意語
they would tolerate it by saying it was a childhood rite of passage.
(子供時代の通過儀礼だと言って、黙認したものでした。)
(15/09/06「実践ビジネス英語」)
tolerate / put up with / endure → 「しょうがないとあきらめる」
(09/02/05「実践ビジネス英会話」)

11/7放送分
この日のタイトル → Off to a Rough Start (荒れたスタートに)
off to a start はだいぶ定着してきた、かも。

着いてさっそく bickering を始めるグレンとサンドラ。
Listening is not Glenn’s strong suit.
− グレンは人の言うことを聞くのがあまり得意ではないのよ。
suit はカードのマークを指し、spades が最強です。(テキスト)
But cooking just isn't my strong suit.
(でも、私、料理は得意じゃないから。)
(2006年6月「徹底トレーニング英会話」「Let's Fill in the Blanks!」)

別の suit 表現
Charlie, being the kind of man he is, followed suit and drank from his finger bowl as well.
(チャーリーの性格のなせる業なのですが、その男性にならって、彼もフィンガーボウルから水を飲みました。)
follow suit … 前例にならう
(2016年「実践ビジネス英語」 4月号 Our Magical World)

Here’s some garlic bread from Stefano’s Deli.
− これ、ステファノズ・デリガーリックブレッドよ。
〜で買う、注文する、という場合の from
Did you get it from the corner deli?
(角のデリ買ったの?)
(2000年度「ラジオ英会話」)
You can order it from textbooksinthemorning.com.
(textbooksinthemorning.com 注文できますよ。)
(16/08/09「ラジオ英会話」)


【ビッグバン・セオリー】
インド料理のせいでおなかをこわしたラージが一言。
Indian food doesn’t agree with me.
(インド料理は合わない)

The food doesn’t agree with me.
(この料理、私に合わないの。)
(10/09/02「ラジオ英会話」)

↑ のセリフを言ったラージがインド人、
というところにおかしさがありまして…。
主要キャストにインド人がいるというのも、珍しいのでは?
インド英語の練習にもなるかもしれませんね〜。


去年の今頃、11/9「実践ビジネス英語」
I read about a hotel here in the States whose management has a bee in their bonnet about bees.
(どこかで読んだのですが、ここアメリカのとあるホテルの経営陣は、ミツバチのことが頭から離れないそうです。)
ミツバチの話だからこそ使われたイディオムなんだろうな〜。
posted by ラジ子 at 22:37| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする