2017年11月18日

We best be going.

「ラジオ英会話」

遠山先生の講座で時々出てくるチリ、豆が苦手だとキビシイ。

11/8放送分
Mary, your chili is out of this world!
− メアリー、きみのチリは絶品だよ!
なかなか使うチャンスもないのですが、
まずは美味しいものをほめるところから。
And its bouillabaisse was simply out of this world.
(しかも、そこのブイヤベースはまさに天下一品でした。)
(15/06/17「実践ビジネス英語」)

You’re always putting me down!
− あなたはしょっちゅう私のことをけなす
14/02/13「ラジオ英会話」では、サラとテッドがケンカ。
That’s because you’re always putting me down.
(それは君が僕をいつもこき下ろすからさ。)

11/9放送分
Glenn is always late, which infuriates his boss.
− グレンはいつも遅刻、それでボスはカンカンなの。
infuriate … 〜をカンカンにする:激怒させる
これって、あんまり口語的な印象がない… ので、ブログ検索したところ
こんなのありました。
It infuriates me how he just lets her walk all over him.
(彼が彼女にこき使われることに、私はすごく腹が立つのです。)
(2010年4月号 Phrasal Verb Diversion)

Now look what you’ve done!
ああ、何てことをしたの、あなた
自分が何か失敗をした時に
Now look what I’ve done!
とつぶやいてみたいと思う…。

No big deal.
気にしないで
big deal つながりの話。
「ビッグバン・セオリー」を見ていて、
make a big deal out of
(〜について大騒ぎをする)
が頻繁に使われているな、と思いました。
例えば、コミュニティカレッジで歴史を勉強することにしたペニーが
レナードに言ったセリフ。
I don’t want you to make a big deal out of it.
(大げさにするでしょ)← 字幕
大げさに騒いでほしくない、というセリフ。
日常的に使える表現なんだな〜とドラマから学習。

16/04/20「実践ビジネス英語」では「〜を重大視する、重要視する」という訳。
Why do some companies make a big deal out of having what they call a culture of kindness, while many other don’t?
(いわゆる優しさの文化を持つことを重要視する会社がある一方で、多くのほかの会社がそうしないのはなぜでしょうか。)

頭が痛いから帰るというサンドラ。
Well, we best be going.
− あのう、私たち、帰らなくっちゃ
テキストによると
「〜しなくては」を意味する表現は
had betterhad bestbetterbest
の順に砕けた響きが増す、そうです。

へー。


【ボキャブライダー】
思わずうなずかされてしまった英文。
meaningless.jpg
Memorizing words is meaningless if you can't use them in a sentence.
もし単語を文の中で使えないのなら、単語を覚えるのは意味がない
わかるー、わかりますー


去年の今頃、11/10「実践ビジネス英語」
I’m sure our American cousins will see the light soon enough and follow the lead of other countries.
(きっと、私たちのいとこのようなアメリカ人はそのことをすぐに理解して、ほかの国々にならうようになると思いますよ。)
前回復習した follow suit よりこっちの方が普通っぽい気がする。
posted by ラジ子 at 12:54| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする