2018年03月17日

That makes two of us.

「基礎英語3」

来年度の「ラジオ英会話」のテキストをザーッと見た印象としては、
すごいことになりそうな予感…。

3/5放送分
勉に対して誤解をしているサラ。
・… good luck with
お幸せに
↑ では、途中で終わったけど、
本来は with の後ろに相手が来る。
Good luck with her.
(彼女とお幸せに)
と言うつもりだったと思われます。

勉に告白された後のサラのセリフ。
Whywhy didn’t you tell me sooner?
− なぜ … なぜもっと早く私に言わなかったの?
すぐに言ってほしかった。
Why didn’t you tell me sooner?
(どうしてもっと前に言ってくれなかったの?)
↑ イベント当日にゲストが来ることを教えられた人の苦情。
(17/11/06「ラジオ英会話」)

勉を避けていた自分を
Oh, I’m so stupid!
− ああ、わたしはなんてばかなのかしら!
と言うサラに勉からのセリフ。
That makes two of us.
お互いさまだね
Me too. 的な表現。
ロマンチックな場面以外でも使われる。
Well, I don’t want to be the one to tell him.
(でも、彼に話す役にはなりたくない)
That makes two of us.
(私だって)
(ジーニアス)

two つながりで、なんとなく思い出した表現
It takes two to tango.
(タンゴを踊るには2人必要だ、責任は両者にある)
(プログレッシブ)

Do you think you can have seven songs ready by the end of this month?
− 今月末までに7曲を準備できると思いますか?
SVOC パターン。
3/8「ラジオ英会話」の
We have things under control.
(すべてしっかりやっているから。)
も同じ型。

3/7放送分
モンゾンの過去話。
When I had my first girlfriend, I felt like she was the most important thing in my life.
− ぼくに初めてガールフレンドができたとき、彼女が自分の人生で
  いちばん重要だって感じていたよ。
未だに「人」を thing で表すことに慣れない自分。
いろんな大事なことのなかで1番、ということなんでしょうね。
Justin is the greatest thing that’s ever happened to me.
(ジャスティンは私にとって何よりの宝物よ)
(「アグリー・ベティ」)

3/8放送分
モンゾンがスカウトの前でプレーをするので、パーが応援。
Now go get’em.
− さあ、がんばって
3/1は、アイスホッケーのコーチがサラに
Go get’em!
(がんばってこい)
と声をかけていました。
スポーツの時の「がんばれ」のひとつがコレらしい。
テニスみたいに、対戦相手が1人の場合でもいいのだろうか。

LET’S APPLY IT
昨日食べ過ぎておなかが痛いと言う人に
You should’ve known better.
もうちょっとわきまえるべきだったのに

know better than → 〜したらだめ
know better than to do something → 〜するほどばかではない

You should know better than that.
(そんなことしたらだめだろう。)
(10/09/24「英語5分間トレーニング」)
Good corporate leaders know better than to think of technology as a cost center somewhere in a back office.
(優れた企業トップは、テクノロジーを事務管理部門のどこかにあるコストセンターと考えるほど愚かではありません。)
(14/03/19「実践ビジネス英語」)


【ビッグバン・セオリー】
dry の意外な使い方。
とある葬儀で、ペニーは泣こうとするのですが泣けず、
ハワードに先に泣くように頼みます。
No. I’m dry. You’re a big crybaby. You start, I’ll join in.
(ダメだわ あなたが先導して)

dry なので、泣けない。
なるほど!


去年の今頃、「実践ビジネス英会話
It’s like not telling children about the birds and the bees.
(それは、性の基礎知識を伝えないのと同じようなものですよ。)
お金について教えないのと似たようなものだ、というセリフ。
どちらもデリケートな問題…。
posted by ラジ子 at 12:47| Comment(6) | 基礎英語3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする