2018年04月12日

travel section

「ラジオ英会話」

この番組を聞いて今週一番の驚きは
4/3にクリスさんが arrive という単語が boring と言ったこと。
英単語にそんな感情を持ったことないわー。

4/2放送分 GRAMMAR ACTION
「あそこの木に止まっているきれいな鳥が見えるかな。」
Can you see that bird in the tree over there?
in the treeon the branch の説明が英語で聞けて面白かった。
  ↑ は画像検索画面にとびます

4/4放送分 GRAMMAR ACTION
自動詞と思いがちだけど他動詞にもなる英文
I sat the student down and had a good talk with her.
− 学生を座らせて、彼女とよく話し合った。
↓ パソコンの前に座らせる sit
..., I sat her down in front of the computer and showed her my typical routine on a social platform.
(彼女をパソコンの前に座らせて、私がふだんソーシャルプラットフォームでやっている作業を、彼女に見せました。)
(12/10/24「実践ビジネス英語」)
If that’s all our job is about, we might as well sit the students in front of a computer and leave the room!
(もし、僕たちの仕事がそれだけのものだとしたら、
生徒をコンピュータの前に座らせておいて退散したほうがましだね。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

My kids love flying model airplanes.
− 僕の子供は模型飛行機を飛ばすのは大好きです。
What do you fly?
(何を操縦するんですか?)
(06/10/03「徹底トレーニング英会話」)
The way you fly a kite is nothing more than a leisurely pastime.
(君たちの凧上げのやり方は、単なるのんびりした遊びにすぎないんだよ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)
fly a national flag で「国旗を揚げる」(ジーニアス)

4/5放送分
Let me take you to the travel section.
旅行書のコーナーにお連れしましょう。
日本語の「コーナー」って意外と訳しにくい。
We won’t be able to use vertical space as effectively as in the adult section, due to the smaller stature of our younger readers.
(子供たちの身長を考えれば、大人向けコーナーのような縦の空間は使えません。)
(07/11/28・29「英会話上級」)
... TV news segment about a London café where diners paid only what they could afford.
(食事客は自分が支払える額だけを支払うという、ロンドンのカフェを取り上げたテレビニュースのコーナー…)
(14/05/29「実践ビジネス英語」)

You can look through it.
目を通していただいてかまいません。
But recently I’ve been making an effort to look through documents for what’s important and skipping sections that may not be so relevant.
(でも、最近は、書類にざっと目を通して、重要なところを探すようにし、あまり関係のなさそうな部分は飛ばしています。)
(13/06/13「実践ビジネス英語」)
そもそも look だから read に至っていない。

今後も気になったところだけ記録に残していこうと思います。


【グレイス&フランキー】
自動販売機のガラスに映ったフランキーと自分の顔を見た
グレース(over 70歳)のひとこと。
We don’t look a day over 350.
(やだ 私たち350歳に見える)

かつて学習した時は「〜歳から1日たったようには見えない」
という、年齢のわりに若いというほめ言葉で使われていました。
You don’t look a day over 50.
(とても50歳を越えているようには見えないわ。)
(10/09/20「英語5分間トレーニング」)
Honey, you don’t look a day over 25.
(君はね、どう見ても25歳にしか見えないよ。)
(13/09/09「ラジオ英会話」)

この場合、基準年齢が350歳!のため、年を取っていることを
ユーモラスに言ってみた、といったところでしょうか。
同年代の女性どうしでしか言えない self-deprecating joke ( ̄▽ ̄;)


去年の今頃、「ラジオ英会話
There’s a way around that.
(それを避ける方法があります。)
around の「ぐるっとまわって避ける」感じがいいですね。
posted by ラジ子 at 12:38| Comment(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする