2018年04月15日

stand around

「英会話楽習」

遠山先生は、どんだけリスナーにチャイムを押させたいのでしょうか?
と、オープニングのあまりの不変さに思わず笑った「英会話楽習」でした

4/2放送分
上司からの叱咤。
Stop standing around and get to work!
ぼやっと立ってないで仕事にかかれ!
↑ 立ってぼやっとするか
↓ 座ってぼやっとするか。
Don’t just sit around.
(何もしないでぶらぶらしているだけじゃなくて。)
(10/05/04「英語5分間トレーニング」)

実は上司は
He’s all bark and no bite.
言葉がきついだけです。
A barking dog seldom bites.
(吠えるだけでかみつきはしない)由来の言葉。
↓ きびしそうに見えても実は優しい人
We all know that your heart’s in the right place and that underneath your crusty exterior you’re really just an old softy.
(あなたは根はいい人で、見かけは気難しそうでも、本当はとても優しい大先輩だということを、みんなわかっていますからね。)
(11/03/10「実践ビジネス英語」)

4/3放送分
ハイキング出発前のひととき。
I can’t start the day without coffee.
− 私はコーヒーなしでは一日を始められません
ちょっと似た感じのパターン
I can’t drink a drop without getting drunk.
(私、少し飲んだだけで酔っちゃうんです。)
(10/03/06「英語5分間トレーニング」)
It seems no graduation speech (中略) is complete without a ritual reference to passion.
(卒業式での(中略)スピーチは、決まり事のように、情熱に言及することなくして終わることはなさそうですから。)
(13/12/05「実践ビジネス英語」)
No week is complete without a drink at the agency watering hole.
(代理店連中の行きつけの飲み屋で一杯やらないと、一週間が終わった気がしないのよ。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

朝食を食べなくてもいいのですか?と聞かれたハイカー。
I’m good. I’m not a breakfast person.
− 大丈夫。私は朝食派ではないので。
テレビドラマ「アグリーベティ」では朝食をすすめられたダニエルが
I’m not much of a breakfast person.
(朝は食べないので)
と言ってました。

4/4放送分
nothing の最上級表現
Nothing tastes better than day-old curry.
一日たったカレーの味は最高です。
なるほど〜、一日たったカレーってこう言えばよかったんだ!

Nothing goes better (together) than snow and onsen.
− 雪と温泉は最高の取り合わせです
go together を初めて習ったのは岩村先生の講座。
That skirt and blouse go together really well.
(あのスカートとブラウスはとてもよく合う。)

NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 -
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 -
Nothing is more beautiful than a sunset over the ocean!
海に落ちる夕日って最高ね!
このパターンで覚えます。

来週も楽しみな「英会話楽習」!


【グレース&フランキー】
人目もはばからず公園でキスをする若いゲイのカップルを見て
しみじみと語るロバート。
They’re so uninhibited.
(解放的だな)
ロバートの若い頃は、ゲイであることを隠していた人が多いだけに
感慨深いのだろうな…。

この日のブログでは、人目もはばからず
子供のようにはしゃぎまわるフィルが uninhibited
言われてました。
意外と日常的に使える単語なんだな〜という感想。


「去年の今頃」は1回休み。
posted by ラジ子 at 11:06| Comment(0) | 英会話楽習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする